短いけれど侮れない! TOEIC Part 1の復習における3つのツボ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

porpor(ぽるぽる)こと渡邉淳です。前回のコラムでは「TOEICのリスニング対策」を具体的に話しました。今回の記事から数回を通じてTOEIC Part 1~7までのPartに則した復習法をご紹介します。
では、まずはPart 1からスタート!

その1: まずは、正解の描写文が正しい描写であることを理解する

Part 1は1枚の写真に対して、4つの選択肢が読み上げられます。その中で写真を最も適切に描写しているものを選ぶという問題です。写真の中で目立つ人や物を描写することもあれば、中心からズレたところを描写することもあります。また、不自然な描写の仕方がなされることもあります。例えば、次の写真と英文を見てください。

レアジョブ英会話オリジナル教材
「会話教材 初級」レッスン78より

A dish is being placed on the table.
(お皿がテーブルの上に置かれているところだ)

日本語で考えても、普段、「皿」を中心に描写することはあまりないですよね・・・。今回の例のような、少し変わった描写も含めて「TOEICのPart 1ではこのような描写をするのか」と理解することが大事な一歩です。

その2: 写真と音(英語)がつながるように聞き込む

よく「日本語を介さずに英語を理解しろ」と言われますが、その力を高めるのにPart 1はうってつけの素材です。写真を見ながら、音を聞いてパッと理解しなくてはならないため、日本語に訳している暇はありませんよね。

ということで、Part 1を素材にして、写真というイメージと音という英語をつなげるべく、何度も聞いてみましょう。最初は、流れている英文のスクリプト(文字)を見ながらで構いません。初めから文字を見ずに聞いて、何を言っているのか聞き取れない状態でストレスをためるよりも「こうやって言っているんだ」「少しずつ聞き取れてきた!」と進歩を感じられるようにするほうがいいですよ。いきなりハードルを上げてもいいことはありませんからね。

徐々にスクリプトから目を離していき、音だけで写真を正しく描写しているかわかるところを目指しましょう。「何度も聞いていたら、覚えてしまうのでは」と思われる方もいらっしゃるでしょうけれど、それくらいがちょうどいいです。同じようなポイントが出題されることは十分ありえますので、嫌になるくらい(嫌になって Part 1が生理的に受け付けない状態になったらマズいけれど)聞き込んでくださいね。

その3: 正解以外の選択肢も同様に聞き込む

ここまでは「正解の選択肢」を聞き込むことに力点を置いてきましたが、「不正解の選択肢」も復習の素材として扱ってください。ここを疎かにしてしまう方が非常に多いです。

なぜ「不正解の選択肢」まで素材として利用するのか。

別の問題で正解に関連する語句や描写の仕方が含まれているからです。そのため、正解の選択肢で行ったように聞き込んでください。

ただ、当然のことながら、不正解の選択肢には写真がありません。ですから、英文の内容を理解する際に、自分なりの想像でいいので、その英文に合う写真を思い浮かべてください。それができ次第、最終的に「音を聞いて写真がイメージできる」ことを目標として、何度も聞いてみましょう。

以上が Part 1の復習のツボでした。これくらいなら楽勝と思われたかもしれませんが、実際に取り組んでみると結構ハードです……。ぜひ4つの選択肢をフル活用して、Part 1の正答数を上げていきましょう。

最後に、注意点を一つだけ挙げておきます。上記のようにしっかりと復習をすることができていれば、さほど気にする必要はないのですが、Part 1には身近な物や動作だけれど、なかなか英語で言えない語句が出てくることがあります。こういった語句を知らないと、「今、何と言われていたのだろう」と脳がフリーズしてしまうため、語彙力はあるに越したことはないです。ということで、今回のコラムは、「次の単語は何だろな」クイズ(←つまらなそうなクイズ)で終わりにします。単語を見て、どのようなイメージが湧きますか?

〈問題〉

①platform

②workstation

③cupboard

〈答え〉

①ステージ、足場
 解説:駅のプラットフォームだけではない!

②仕事場
 解説:「station=駅」にひっぱられない!

③食器棚
 解説:「cup=コップ、board=板…何これ?」とならないように!

クイズはいかがでしたか? もしイメージがわかなければ、画像検索をして写真とセットで記憶に残しておいてくださいね。

次回のコラムは、復習法のTOEIC Part 2編です。Part 7 にたどり着くのはいつのことやら・・・。

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する