TOEIC Part 3,4はリーディング力も問われている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スキマ時間を使った TOEIC 対策

porpor(ぽるぽる)こと渡邉淳です。前回のコラム(TOEICを英会話力アップに活かすPart2の復習法はこれだ)に引き続き、今回は Part 3,4 の復習方法についてです。

多くの方から「長くて途中でやる気がなくなる」という声を聞く Part です。まとまった英語を聞き取って設問に答える Part ですから、そう思われるのも当然のことです。英語に対して抵抗があまりなかった自分でさえも、「この Part はキツイなー」と思った記憶がありますからね……。焦らずにじっくりいきましょう。

「ちゃんと読めてる?」が問われている Part

大前提として、Part 3,4 はリスニング力を測るだけの試験ではないことを意識していただきたいと思います。Part 1,2 とは異なり、問題冊子には「設問」「選択肢」が英語で書かれていますね。Part 3(会話)と Part 4(トーク)の音声をどれだけ理解できていたとしても、「設問」「選択肢」を読めなくては正解を得ることができない、というわけです。つまり、Part 3,4 ではリーディング力も問われていることがわかりますね。

その1:設問と選択肢の理解度を確認する

ぼくが Part 3,4 で伸び悩んだ原因のひとつがここにあります。設問も選択肢も短いため、なぜか甘く見てしまい、さほど注意を払わなかったのでしょう…。リーディング力が問われているのは明らかですから、そこを放置しておくわけにはいきません。

しかし、あるときに次のことに気づいたのです。(大事なことですので、繰り返し述べますが、)「設問」「選択肢」を読み間違えてしまった場合、いくら会話やトークを理解できていても、正解にたどりつくことができない、ということです。

そのため、問題に取り組む際や復習をする際には、自分が「設問と選択肢が正確に理解できているか」注意するとよいと思います。間違えた原因が「設問」「選択肢」の読み間違えという可能性がありますから。そんなミスはしないよーと思われた方こそ注意です。ぼくもそのうちの一人でしたからねw

その2:音声を聞かずに、設問と選択肢のみをひたすら読む

そこで、ぼくがどのような取り組みや意識付けをしたか。

  • 設問と選択肢は慎重に読む
  • 複数の設問と選択肢をひたすら読む

前者は注意力を高める意識をした、ということです。どのような解き方をするのであれ、設問も選択肢も素早く読み取らなくてはなりませんから、慎重さとスピードとのバランスを自分の中で調整していきました。

後者は設問と選択肢のリーディングに特化した練習です。音声を流して問題を解きながら、この訓練をしてもよいのですが、確保する時間が異なってきます。音声なしで、設問と選択肢を読むだけであれば、練習の時間はだいぶ少なく済みますね。設問や選択肢を読んで、「パッと理解できるか」を指標にして、何度も取り組んでみるとよいです。

ここで言う理解とは、1つに限りません。日本語だろうが、英語だろうが、イメージ(映像)だろうが、どれでも構いません。自分に合ったものを探してみることが大切です。

その3:時間のプレッシャーをかけて読む

設問と選択肢を読むリズムが出てきたら、ストップウォッチなどを用いて時間を測りながら、設問と選択肢を読むこともオススメです。時間というプレッシャーがかかった状態で読んでいくのです。

先に申し上げましたように、慎重さ(=正確さ)とスピードとのバランスが、問題解答時には重要な要素となりますから、その環境を自分で作り出して、練習をしてみてください。

以上、Part 3,4 をリーディング力という観点から見ていきました。これで、次は Part 5 以降に…というわけにはいきませんよね。肝心のリスニング力を高める話をしたいと思います。お楽しみに!

最後に、もしこの記事で、さらに Part 3 のことを知りたくなったら、次の動画もよろしければどうぞ。「TOEICのリスニングスコアを満点にするまでに具体的に行った4つのこと」でご紹介した月1回の番組で、Part 3 を特集した回となっております。

Eハングアウト990 Vol.2
TOEICパート3特集/リスニングの秘訣と対策テクニック

 

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する