インプットにもアウトプットにも使える! スキマ時間のTwitter活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在4歳と0歳の娘たちの育児に追われている私ですが(本当に不定期・細切れでしか自分の時間が持てません…)、そんな私でもTwitterのおかげでほぼ毎日英語に触れることができています。

忙しいときや疲れているときはもちろん、10~20分といった短い単位の細切れ時間にわざわざ洋書や英字新聞を開いて読むのは億劫なもの。ノートや辞書を開いて英語日記を書く気にもなれませんよね。

そんなときはTwitterの1ツイート140文字という制限が絶妙なのです。スマホやタブレットから気軽にアクセスできるのも続けやすい要因の一つ。本記事では、日常のちょっとしたスキマ時間に負担なくインプット&アウトプットができる、Twitter活用法のアイディアをご紹介したいと思います。(Twitterのアカウント作成や基本的な操作法については割愛させていただきます)

1. アウトプット:Twitterで2~3行英語日記をつけてみよう

1日1ツイートで構わないので、たとえば「今日の予定+気持ち」、「出来事+感想」、「今自分がしていること+気持ち」など、2~3行の英文で気軽に投稿してみましょう。たとえ毎日1文ずつでも、自分の日常生活にまつわる語彙やフレーズが蓄積されていくため、英会話力アップにつながります。日々「これは英語でなんて言うんだろう?」と考えること、調べて英作文することを習慣化しましょう。

英作文には、アルクの英辞郎(http://www.alc.co.jp/)とGoogle.comがおすすめです。英辞郎を和英辞典のように使い、Google検索で実際の使用例に当たります。くわしくは前回の記事「ちょっとした悩みは英語で解決しよう!Google活用法」や、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

★1日30分でできる【英辞郎+Google.com+twitterを使って語彙を増やし、アウトプット力(英会話力)を上げる方法】

#twinglishや#EngPlsなどのハッシュタグをつけてつぶやくと、英語ツイートをしている人やネイティブの先生とつながることもできます。

20141114_1
私の英語ツイート画面

2. インプット:英文記事のヘッドラインを読んでみよう

1の「英語日記ツイート」を毎日続けるのは難しいという方も、インプットだけは続けましょう! 英字新聞を購読したり、海外ニュースサイトへアクセスしたりといった手間をかけなくても、Twitterで主要な海外メディアをフォローすれば、各紙のヘッドラインを一度に見ることができます。ヘッドラインを眺めているだけでも、旬のキーワードがくり返し目に入ってきて効果的。自分が好きなこと・興味のある内容であれば、ぜひリンクをクリックして記事本文も読んでみましょう。

20141114_2
私は「ニュース」というリストを作って管理しています。

3. インプット:日常英会話で即使えるフレーズをストックしよう

Twitterには、大人気アプリ「Real英会話」のテリー先生(@real_eikaiwa)をはじめ、すぐに使いたくなるようなフレーズや単語、英文法知識などをツイートしているアカウントが無数にあります。

日本人の英語学習者向けのアカウントだけでなく、英語の名言やジョークを紹介しているアカウント、自分が好きなアーティストや俳優、ドラマや映画のアカウントも「ナマの英語」の宝庫です。「これは自分でも使ってみたい!」と思うフレーズに出合ったら、自分流にカスタマイズしてできるだけすぐに使ってみましょう。インプットを即アウトプットにつなげることで、フレーズが定着しやすくなります。

20141114_3
Twitterには使えるフレーズが満載!

4. 思わぬ交流が生まれるのもTwitterの醍醐味

自分しか見ない日記と違い、Twitterは世界に向けて発信しているため、思わぬリプライをもらえることがあります。

私が今までで一番印象に残っているリプライをご紹介しますね。

Windows XPからWindows 8に切り替えた際、インターフェースの分かりにくさや、お気に入りのソフトが使えなくなってしまったことなどを英語でぼやいていたところ、なんとWindowsの本家アカウントから「お困りですか?」とリプライをもらってしまいました。Windowsのアカウント宛てにつぶやいたわけではないので、サポートの方が常にキーワード検索しているのだと思います。ちょっとドキッとしました(笑)

また、娘のお気に入りYouTubeチャンネルを英語で紹介したところ、すぐにその公式アカウントからフォローされたこともあります。メンションを付けてツイートしたらフレンドリーなリプライをもらい、親近感がわきました。

20141114_4

ネイティブと英語ツイートをやり取りするうちに親しくなり、仕事でのコラボレーションにつながったこともあります。

英語の勉強を習慣化し、長く続けていくためには、「手軽さ」と「自分が興味を持てる内容であること」そして「コミュニケーション(発信する相手の存在)」が不可欠だと感じるこのごろです。忙しくてなかなか英語に触れられない…という方は、ぜひTwitterを自分なりにカスタマイズし、英語を気軽に楽しんでみてくださいね。

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。