英語学習に熱心に取り組んでいるのに、英語力が伸びない人に見られる共通点。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英語学習に熱心に取り組んでいるのに、英語力が伸びない人に見られる共通点。

近頃の過熱する英語学習ブームは、多様な英語学習法を生み出し、それに伴い、英語学習成功者と失敗者の差を広げてきました。残念なことに、英語学習へかける時間や労力のわりに、なかなか英語力が伸びない人も多いようです。今回は英語力が伸びない人に見られる共通点を紹介します。

英語力が伸びない人に見られる共通点・その1
「すぐに新しい問題集を利用する」

書店の英語学習書コーナーには毎週のように新刊本が並べられます。出版社の多彩な広告戦略や魅力的なキャッチフレーズに誘われ、ついつい新しい問題集に手を出してしまう学習者も多いようです。しかし、とりわけ英語学習においては、多くの問題集に取り組むよりも、一つの問題集にしっかり取り組むほうが効果的です。
英語学習に限らず、どのような学習においても、学習の基本は「わからないこと」を「わかること」に変えていくことです。学習開始時に「わかること」が3割である状態を5割→8割→10割と増やしていくのです。
一つの問題集に取り組むほうが良い理由を、英文法学習を例に説明します。英語学習者なら誰もが、文法問題集に取り組んだことがあるはずです。その際、多くの人が「わからない文法」と「わかる文法」を分けて、「わからない文法」を繰り返し学習します。もちろん、こちらの方が効率的です。文法問題集の3割わかる状態で、「わかる文法」だけを繰り返し学習しても、「わかる文法」はずっと3割のままです。一方、「わからない文法」を集中的に学習することにより「わかる文法」が3割→5割→8割となっていきます。この時点で、2割になった「わからない文法」こそが「自分に必要な部分(文法)」なのです。ここで問題集を変えてしまう人が見られますが、これは、「自分に必要な文法」のみが学習できる状態を無駄にしてしまうことになります。この残りの2割は、次の問題集に乗り換えても、また、その後もずっと学習されない状態が続く可能性が高いです。
「わかること」→「わかること」の学習を極力避け、「わからないこと」→「わかること」の学習を意識的に増やすべきです。この最たる例が「一つの問題集を繰り返す」ことです。「わからないこと」をそのままにしておくのは最悪な学習法です。

「すぐに新しい問題集を利用する」

英語力が伸びない人に見られる共通点・その2
「自分のレベルに合わない学習をする」

この件については、ほとんどの人が「レベルの高すぎる学習」をしています。
目標を高く持つことはいいことですが、高すぎる目標は、自分に合っていない、レベルの高すぎる学習へとつながる傾向があります。私が感じるのは、「どうしてそんなに高い目標が必要なのか?」ということです。
例えば、英語学習に洋画を用いた学習を取り入れる方がいます。洋画を見ながらそのスクリプトを確認して・・・という形で行うようですし、その類のDVD付きの学習書も非常に多く書店に並んでいます。「洋画を字幕なしで・・・」のような学習動機もよく耳にします。しかし、私の感覚と経験からは、洋画のジャンルにもよりますが、洋画を字幕なしで8割以上理解するには、TOEIC990点や英検一級を超えたレベルでないと厳しいはずです。
TOEICなどの対策本にも同じような傾向が見られます。TOEICの問題集は得点層別に分けられているものが増えてきました。これは良いことだと思います。しかし、400点の方が「めざせ700点・・・」のようなものを選んでいる例があるようです。また、TOEIC990点(満点)は受験者の0.・・%しか取得できないのに、「990点対策・・・」があれほど多く書店に並んでいるのもおかしなことです。
高すぎる目標は挫折につながります。TOEIC400点の人はまず500点を目指し、次に600点を目指すという自分のレベルに合った教材・学習法が大切です。

「自分のレベルに合わない学習をする」

英語力が伸びない人に見られる共通点・その3
「英語学習には海外留学が必須だと考える」

まず初めに、海外留学が英語学習の目標になってしまっている人が大変多いと思います。海外留学すれば英語力が自動的に伸びるという発想のようです。確かに、海外留学を経験して、飛躍的に英語力を伸ばした人は大勢います。しかし、その人たちは「海外留学」に英語力を伸ばしてもらったのではなく、「海外留学」で自ら能動的に英語力を伸ばしたのです。
特に最近の海外留学は、非常にシステム化され、現地学生との授業ではなく、留学者専用の授業が設けられています。その中には大勢の日本人がいることがほとんどです。学習意欲が相当高くなければ、日本人留学生との日本語での交流がメインとなってしまう例は多いようです。
また、私の周りの高い英語力(TOEIC900点台など)を持つ英語指導者・学習者達の中で海外留学経験者は半分程度です。高い英語力に海外留学は必ずしも必要ないのです。わたし自身も昨年初めて2ヶ月のイギリス留学を経験しましたが、TOEIC990点などの資格はそれ以前に取得していました。このイギリス留学は貴重な経験でしたが、今の自分の英語力は違ったこところで身につけたと思っています。

「英語学習には海外留学が必須だと考える」

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する