厳選!スキマ時間にできる TOEIC 対策学習 <リスニング編>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
厳選!スキマ時間にできる TOEIC 対策学習 <リスニング編>

TOEIC に出会ってから早9年。
さまざまな先生や教材に出会ってきました。
自分自身も多くの学習法を試してきました。

今日はそんな中で短い時間である、
スキマ時間を使った TOEIC 対策をご紹介します。
スコアアップをする上で大切なのは、
パッとできたスキマ時間の活用法だと思いますので、
参考にしてみてくださいね。

0. 狭く深く、をモットーに

今回お伝えするスキマ時間の活用法の大前提です。
スキマ時間ですから、多くには取り組めません。
そのため、欲張ることはやめましょう。
ひとつの Part や教材に絞るとよいでしょう。

いろいろと学びたい Part や教材があっても、
中途半端に、消化不良が一番もったいないです。
そのため、ひとつを深く掘り下げることが大切です。

これらを心に留めた上で、
具体的な内容をお伝えしていきますね。
実際にぼくが取り組んだ、または、
今でも取り組んでいる方法たちです。

スキマ時間を使った TOEIC 対策

1. Part 1 でイメージ力を鍛える

音声とスクリプト(読み上げられる英文)を用意します。
使う問題は1問だけで大丈夫です。

・意味を調べる

まずは、全選択肢の意味がわかるように、
語句や文法など不明点を調べ尽くします。
ここはさらっと済ませたいところです。

・即座にイメージできるまで聞く

意味がわかる状態になったら、聞くのみです。
以下の3点を確認しながら取り組むといいでしょう。

「音がキャッチできているか」
「意味が思い浮かぶか」
「絵や写真が思い浮かぶか」

最後のところまでできるように聞き込むことです。
自分なりに英文の内容が映像化できればOKですね。
ここまでたどり着くには飽きるほど聞く必要があります。
ただ、それだけ聞く回数を増やすことができれば、
語句は嫌でも身につけることができますし、
音のスピードやリズムに慣れることも間違いありません。

不正解の選択肢が別の問題の正解になりえますから、
あらゆる選択肢を等しく復習することをオススメします。

1. Part 1 でイメージ力を鍛える

2. Part 2 で瞬発力を鍛える

音声とスクリプト(読み上げられる英文)を用意します。
使う問題は2,3問あってもよいかもしれません。時間次第です。

取り組み方としては、先の Part 1 とほぼ同じです。
意味がわかるものを聞き倒す、というところ。

・意味を調べる

ここは Part 1 と同じです。
異なるところとしては、全選択肢ではなく、
正解の選択肢だけ注意して理解に努めましょう。

というのも、不正解の選択肢は音を聞き取る練習にはなりますが、
一人目の発言と正解の発言がセットで理解することが、
正解を選び取る力を高めてくれるからです。

・発言と応答のパターンを確認する

先にお伝えした通り、やり取りのパターンを増やすことです。
確認するというのは抽象的に聞こえると思いますが、

「こう言われたら、こう返すのか」

ということを知ることです。
Part 2 は自分が思いもよらない発言を返すことがあります。
日本語であったとしても、ほんの一瞬戸惑うものもあります。
こういうことが本番で起こらないように、
自分の中にやり取りのパターンをストックしておくのです。
応対や返事のパターンを増やす、と言い換えてもいいですね。

・一人目の発言を流して、自分で答えてみる
いきなり高度になりますが、アウトプット力を高めたい方はぜひ。
一人目の発言が流れてきたら、すぐに自分なりに答えるのです。

初めてこの方法で取り組んでみたときには、
少し戸惑ってしまって、そのうちに選択肢の音声が流れてくる、
ということがありましたね。
難しいものの、できると気持ちがいいので、
ゲーム感覚で取り組まれるといいですよ!

3. Part 3, 4 でまとまった英語を聞き慣れる

3. Part 3, 4 でまとまった英語を聞き慣れる

3問1セットを準備しましょう。
ただ、今回ご紹介する方法には設問は不要です。
音声とスクリプトさえあればOKです。

・意味を調べる

一文ごとの意味を知るとともに、
それぞれの文のつながりも大事にしましょう。

・文章を繰り返し聞く

1つの文章は約30秒で終わります。
スクリプトを見ながらで構いませんので、
何と言っているのかを何度も確認しましょう。
そうすることで、英語の音と語順に慣れていきます。
前からどんどんと英語を処理する感覚が身につきます。

4. Part 3, 4 の設問を速読する力を鍛える

ここで用意するのは問題のみです。
リスニング力を高める学習方法をご紹介していますが、
Part 3, 4 はリーディング力も試されますね。
そう、設問や選択肢を読む力を高める必要があります。

・設問にざっと目を通す

本番ではどのような方法で解答するにせよ、
設問を素早く読み、理解することが必要になります。
その練習に特化するのがこの学習内容です。
音声すら用意する必要がないため、
ほんの数分でもかなりの数の設問を読む練習ができますよ。

4. Part 3, 4 の設問を速読する力を鍛える

今回はリスニングに特化して、スキマ時間を活用する
学習方法をお伝えいたしました。
次回はリーディングです。お楽しみに!

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する