「英語大好き!」な子どもにする方法とは? by黒坂真由子

「英語大好き!」な子どもにする方法とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもが英語好きになるのに大切な3つのこと

子どもには、英語ができるようになってほしい、話せるようになってほしい、というのは親の願いの一つです。「勉強してきたのに話せるようにならない」というもどかしい思いを持つ親世代の私たちにとって、「せめて子どもだけは……!」と願ってしまうのは、ムリもないことです。

ただ、その気持ちが空回りして、かえって子どもを英語嫌いにしてしまってはいないでしょうか。かく言う私も、娘を英語塾に通わせて「宿題やった? まだやってないの?」とチェックを繰り返し、「もうやりたくない!」と言われてしまったことがあります。「英語を勉強させる」という強制力が働くと、子どもはとたんに警戒しだすものです。
shutterstock_162615647
では、どうしたら子どもが英語に興味を持ち、英語好きになってくれるのでしょうか。子どもが英語好きになるのに大切なのは、ちょっと遠回りのようですが、私たち自身、ママ、パパ自身が英語好きであることが役に立つようです。 

1: NGワードに注意!

英語での親子ワークショップを開催したときによく耳にするのが、「私が英語が苦手なので……」「私がしゃべれないから」というネガティブ発言。これ、子どもも聞いています。
親の「英語が苦手」という意識は、いつの間にか子どもに伝わってしまいます。ママやパパが嫌いなものは、子どもも自然に嫌いになること、多いですよね。英語好きな子どもにしたいのであれば、英語に対するネガティブ発言は今日からストップです。

2: 形から入ってOK。「英語大好き」を言葉にする

英語が苦手でも、話せなくてもできることがあります。それは「英語って楽しいね」「もっと話せたらうれしいな」と英語に対するポジティブな気持ちを子どもに表現することです。実際にママが英語好きだったとしても、そう言葉で伝えていないと、子どもはわかっていないということもあり得ます。あえて言葉にして「ママは英語が大好きなんだよ」と繰り返し伝えること。本当に些細なことですが、英語を使わなくてもできる英語子育ての第一歩です。

3: ママ・パパ自身が英語を楽しむ

子どもは親がしていることは真似をしたがるものです。親自身が英語を楽しんでいる姿を見せると、子ども「英語って楽しいものらしい」と思うようになります。例えば海外のテレビドラマを英語で見る、英語の歌を聴く、洋書を読む、英会話の練習をする、英検にチャレンジするなど。「ママは英語が大好きだし、頑張っている」という姿勢は、子どもの英語に対する態度に大きな影響を与えます。

まずは「英語好き」と言ってみる/「英語苦手」と言わないでみる

親がサッカー好きであれば子どもはサッカー好きに、野球好きであれば野球好きになるように、英語好きの家であれば子どもは自然と英語好きになります。それは、英語に対する親の態度というだけでなく、英語に自然に接する機会が多いから、ということもあると思います。
英語好きのパパやママは、子どもの前で積極的に、英語を聞いたり勉強したりしてみましょう。それが子どもの興味を自然に引き出すことにつながります。

shutterstock_158901398

英語はちょっと……、というパパやママは「英語苦手」ということを言わないことからまずはスタートしてみましょう。そしてご自身の興味の向くところ、映画でも音楽でもいいので、ストレスにならない範囲で、家の中で英語が聞こえてくるようにしてみてはいかがでしょうか。

実際には「苦手」と言っている多くの人たちが、かなり英語ができていたりするのです。英語本の世界で「初級」ばかり売れるのは、皆さん自身が英語に対して必要以上にできないと思い込んでいるからだと思います。これはとてももったいないことです。

そして自戒を込めて言いますが、決して無理強いはしないでくださいね。あくまでも子どもが好きになるまで「待つ」ことが大切です。でも「待つ」って本当にきついです(笑)。それでもなお、長い目でみれば、子どものやる気が出るまで待った方がいい成果が得られるはずです。

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する