出会いの場面に役立てよう! 英語でのスモールトークに花を咲かせるための3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「今日は暖かいね!」「週末どうしてたの?」
このようないわゆる雑談や、ちょっとした世間話のことをスモールトークと言います。これから春に向けて、ビジネスでもプライベートでも出会いが増えたり、英会話など何か新しいことを始めようという方も多いのではないでしょうか?
そこでの新たな出会いやコミュニケーションの中で、スモールトークは非常に重要なキーとなることでしょう。今回は、そんなスモールトークに花を咲かせるためのポイントをご紹介します。

1. 笑顔とアイコンタクトを忘れずに

0320_Henshubu02

友情、商談、恋愛などの多くは出会いから始まります。そして、それらはスモールトークからスタートする場合がほとんどではないでしょうか。

そんなスモールトークにおいて、一番重要なのはやはり表情です。これは日本語コミュニケーションでも同じで、表情が堅かったり、キョロキョロしていて相手から目線を逸らしがちだと、お互いに不信感が生まれてしまい、距離は一向に縮まりません。シャイな日本人にとって、初対面の人に気さくに話しかけるというのは簡単なことではないかもしれません。英語で話すとなると尚更です。

しかし、日本人に比べれば、外国人にはフレンドリーな方々が多いですし、決して英語が上手くなくても、快くコミュニケーションを受け入れてくれる場合がほとんどです。まずは思い切って、”Hi! How are you?” と笑顔で話しかけてみてください。

そうすればスモールトークのスタートです!そして話をしているときは相手の目をしっかり見ましょう。日本では、相手をずっと見つめると何か怖く感じたり、威嚇しているようで失礼ではないかと思ったり、特に相手が異性だと勘違いを生んでしまったり…そのようにあまり良い印象を持っていない人も多く、相手の目を見て話すことに慣れていません。しかし、相手の目を見ないという行為は、外国の人たちからすると「自分の話に興味がないのではないか」と思われたり、場合によっては自信がなさそうな印象を与えてしまったり、何か隠し事をしているのではないかと思われたりなど、かなりネガティブなイメージを与えてしまいます。

そうならないためにも、アイコンタクトをしっかりとって、話をしっかり聞いていることを伝えましょう。笑顔とアイコンタクトを意識することで、抵抗感や不信感が徐々になくなり、お互いの距離はグッと縮まることでしょう。

2. 自己紹介をして相手を名前で呼ぶ

0320_Henshubu03

スモールトークが始まったら簡単な自己紹介をしましょう。名前、どんな仕事をしているのか、学生なのかなど本当に簡単なことで大丈夫です。

次に相手の名前を尋ねましょう。マイクやエミリーなど聞き取りやすく覚えやすい名前ならいいのですが、一度だけでは聞き取れない名前も少なくありません。そういう時は、” Could you say that again please? ” などと言って聞き直します。そして、会話の中では” Mike, do you know~? ” など、なるべく相手を名前で呼ぶようにしましょう。これは、限られた時間しかないスモールトークの中で相手に近づくために、かなり役立つポイントです。

3. 共通の話題が見つかれば会話は自然と弾む

0320_Henshubu04

日本人に世間話が苦手な人が多いのと同様、もちろん英語ネイティブの中にもスモールトークが得意でない方は多くいます。その理由として、スモールトークはライトな会話である一方、その範囲は広いため、そのぶん幅広い知識や語彙を持っていなければならないからです。したがって、自分の得意な話題やニュースを中心に会話を進めていくことも非常に重要なスキルの一つ。

最初は「最近暖かくなってきたね」と天気について話したり、「週末は何してたの?」と尋ねたり、たわいもないもので構いません。しかしそれだけでは会話は続かなくなってくるので、旅行や音楽など徐々に相手との共通の趣味や話題を見つけていきましょう

出会って初めてのコミュニケーションですから、難しすぎず、だからといって単純過ぎない話題を選ぶのがポイントです。なかなかその加減が難しいですが、お互いに興味のある話題であれば、スモールトークはきっと弾むことでしょう。また、出会ったばかりのスモールトークでは、ポジティブな内容で会話を進めていくのがマストです。

どうしてもそのような話題が見つからないとき、日本に観光に来ている外国人や、日本に長く住んでいる外国の方などが相手であれば、”How do you like Japan? (日本はどうですか?)”などと日本のことについて話をするのがおすすめです。日本のことであれば、自分もある程度のことは知っていますし、相手も日本に関心があって来てくれているわけですから、こちらの話も興味を持って聞いてくれることでしょう。

スモールトークは楽しむもの

出会いの場面での会話は緊張してしまいがちですが、あまり肩肘貼らずにリラックスすることが大切です。そして何と言っても「楽しむ」こと。これまで紹介してきたことは、なにも仕事やイベントなどのリアルな出会いでのスモールトークだけに限ったことではありません。

春から心機一転、オンライン英会話や英語チャットなどの英語学習にチャレンジしてみようという方も多いと思います。そのような対面ではないコミュニケーションにおいても、今回ご紹介したポイントは大いに役立つことでしょう。

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する