英語の自己紹介をアップデートしよう!ネイティブスピーカーが教える自己紹介のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by カリン・シールズ

4月は新しい始まりと同時に、懐かしい頃をちょっと思い出したりする季節ですね。今日のコラムでは、ずっと昔、英語を習い始めた頃に覚えた「自己紹介」について、詳しくお話ししていきます。

ネイティブは「My name is…」とは言わない

My name is . . . 「私の名前は~」 

きっとこんな自己紹介を一番最初に習いましたよね? 忘れるはずがありません!
とはいえ、ネイティブは “My name is . . .”で自己紹介をはじめることは、滅多にないのです。

“My name is . . .”が使われるのは、仕事でプレゼンをするときだったり、新しいクラスで皆の前で自己紹介をするときだったり、「あるグループに向かって」自己紹介をするときに使われます。

My name is Junko Takeshita. Today I am going to talk about . . .
「私の名前は、たけしたじゅんこです。本日、私は〜についてお話させていただきます」
My name is Junko Takeshita. It’s nice to meet everyone.
「私の名前はたけしたじゅんこです。仲良くしてくださいね」

しかし、直接誰かと会って自己紹介をする場合には、このようには言いません。たいてい次のような感じになります。

Hi, I’m ……  「こんにちは。私は〜」
Nice to meet you. I’m …… 「はじめまして。私は〜」
How do you do? I’m ……「はじめまして。私は〜」

“I’m . . .” のほうがずっと簡単なのに、日本では “My name is . . .” ばかり耳にします。もしかすると、中学校の英語の最初の授業で、そのように習ったからかもしれませんね。

もちろん英語として間違っている訳ではありませんが、ネイティブスピーカーは “My name is . . .” はほとんど使いませんので、覚えておくといいかもしれません。

自己紹介をするときには、挨拶も加えよう

自己紹介をするとき、通常は挨拶も一緒にします。挨拶は名前の前でも後でもOKです。

It’s nice to meet you. I’m Maya.「はじめまして。私はまやです」
I’m Maya. It’s nice to meet you.「私はまやです。はじめまして」

How do you do? I’m Hiroshi. 「はじめまして。私はひろしです」
I’m Hiroshi. How do you do? 「私はひろしです。はじめまして」

挨拶が前でも後でも、好きな順番で話してください。この時に相手と握手をすることもあるかもしれません。

自己紹介のポイントは「名前の伝え方」

自己紹介で私が気になっているのは、皆さんが名前をとてもはやく言うことです。日本人の名前は、外国人にとって、長くて難しい場合が多いですし、初対面の場合はなおさらです。ですから、名前を言う時には、ゆっくりと発音してくださいね。

そして、名前と苗字を続けて一気に言わないようにしてください。 “Hi, I’m suzukihiroyuki.” このように聞こえることがよくあります。日本に長く住んでいる私でも、なかなか聞き取ることはできません。これでは相手はあなたの名前も、あなたをどのように呼んでいいのかもわかりません。名前も苗字もわからないのですから!

ビジネスシーンでの伝え方は?

ビジネスでの名刺交換などの場合、まず名前と苗字を言った後に、なんと呼んでほしいかを伝えるといいと思います。日本語は英語に比べてフォーマルな言語なので、外国人はそもそも、あなたのことをどのように呼んだらいいのかわからないからです。相手の文化に即した言い方を…と考えても、実際にはどんな呼び方が正解なのかわかりません。名前を呼んだらいいのだろうか? 苗字のほうがいい? 相手にはわかりません。ですから、あなたが直接伝えてあげるのが一番です。

You can call me… 「〜と呼んでください」
Please call me… 「〜と呼んでください」
My friends call me… 「友達には〜と呼ばれます」

自分に合った方法でOK

日本人の中には、外国人が呼びやすいように自分の名前を短くしたり、英語名をつけたりする方もいます。私自身は必ずしもそうする必要はないと思っています。日本人の名前はとても美しいものですし、発音も規則的ですから、名前を呼ぶのに難しすぎるということはありません。ただ、自分が気に入る英語名をつけて、違った自分になることを楽しんでいる日本人の友人もいますから、それでもいいと思います。英語名を持つもよし、自分の名前をそのまま使うもよし、自分にしっくりくる方をえらべばいいと思います。

ところで私に関して言えば、私の名前Colleenは、少し発音が難しいようなので、日本では「カリン」で通しています。カリンというカタカナは、Colleenの発音とぴったり一致する訳ではありませんが、かなり近いのでいいかな、と思っています。実は私の名前はネイティブにだってよく間違えられるのです!(Coは「Ko」ではなく「Ka」と発音します。これがややこしいようです)

すぐに使える自己紹介のテンプレート

最後に、ネイティブスピーカーがビジネスの場面で行っている自己紹介の典型的なパターンをお教えします。名前は2度言います。まず、「名前」。そして「名前と苗字」です。次に誰かに自己紹介をするときに、さっそく使ってみましょう。

Hi, I’m Saori. Saori Shimada. It’s nice to meet you.
「こんにちは。さおりです。さおりしまだです。はじめまして」
We haven’t met yet. I’m Jun. Jun Tanaka.
「はじめまして。じゅんです。たなかじゅんです」

これでもう大丈夫。ずいぶんと前に覚えた英語の自己紹介のアップデートが完了しました。4月はたくさんの新しい人に出会う季節です。特に仕事場ではそうですね。新入社員や新しい場所で働き始めた方ならなおさらです。新しいチームの仕事が始まったり、新しい部に異動したりする方もいるでしょう。もし職場で英語を使うことがあるなら、自己紹介も英語でするはずですよね。スマートな自己紹介ができれば、その後の英語でのコミュニケーションも上手くいきますよ。
Good luck!

こちらの記事も人気です



レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する