オンライン英会話でコミュニケーション力を鍛える:先生にもっと質問しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はライターという仕事柄、日々、多くの方にインタビューをしています。その中でいつも感じることが、「人は自分のことを話すのが好き」ということです。先日も「私は無口ですから、話させるのは難しいですよ」とおっしゃる方がいたのですが、最終的には2時間しっかり話をしてくださいました。今までの経験では、時間がオーバーすることはあっても、話すことがなくなり早く終わってしまった、ということは一度もありません。

英会話、特にオンラインでは、先生から質問されて、こちらが答える、というパターンがほとんどだと思います。私も毎日25分間、オンライン英会話に励んでいるのですが、慣れないトピックに当たると、回答し続けることに正直疲れることもあります。また、まったく知識のないトピックで、しどろもどろになって終わるというのも、悲しいものです。

そんな時に、私は先生に質問をしてしまいます。最初にお話ししたように、人は質問されて話すことが、基本的に好きだという実感があるからです。大抵の場合、私があたふたと答え続けるより、会話は盛り上がります。正しく答えることも大切ですが、英語をコミュニケーションの手段として考えるのであれば、会話が盛り上がることも一つの正解。
どんどん先生に質問をしていきましょう。

簡単な質問フレーズ

「質問がいい」といっても、簡単には口からでてこないかもしれません。ここでは、いろいろ使えるフレーズをいくつかご紹介していきます。

Can you tell me…? 「〜のことを教えてくれますか?」

例:Can you tell me the weather in the Philippines.
「フィリピンの天候について教えてくれますか?」

Please tell me a little about…「〜について教えてください」

例:Please tell me a little about your country.
「あなたの国についておしえてください」

What is it like …? 「〜の場合はどうですか?」

例:What is it like you?
「あなたの場合はどうですか?」

I want to hear about… 「〜について聞きたいです」

例:I want to hear about the staple food there.
「そちらの主食について聞きたいです」

個人的な質問をするときには

先生と仲良くなってくると、話題が個人的な内容になることもあります。とはいえ、質問をする際には「個人的なことを聞いてもいいか」とあらかじめ断っておくと、いいですね。

Can I ask you a personal question?
「個人的なことをお聞きしてもいいですか?」

話し上手は聞き上手と言われます。英語でもそれは同じです。自分が話すだけでなく、先生の話を上手に聞くことができれば、それだけ英語でのコミュニケーション力はアップしたといえるはずです。

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する