注意!ガイドブックには書かれていない、絶対に持っていくべき海外旅行必須アイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の夏休み(旅行市場では7月15日~8月31日)は、円高や燃油サーチャージ廃止を背景に昨年以上に海外に出かける人が増加しています。正確な統計はまだ出ていませんが、大台の300万人に近づくと予想されています。人気が高まる一方の海外旅行ですが、初めて海外を訪れる人や旅行に不慣れな人の中には、「〇〇がなくて困った!」という声も多く耳にします。ガイドブックや旅行会社からもらうパンフレットにも海外旅行必需品は書かれています。パスポート、クレジットカード、常備薬、変圧器など・・・。しかし、実際に現地に着いて、「〇〇がなくて困った!」は意外に多いものです。今回は、ガイドブックには書かれていない、絶対に持っていくべき海外旅行必須アイテムについてです。

コンタクトレンズのケア用品

今やほとんどの国でコンタクトレンズは普及しています。そして、そのケア用品も手軽に手に入ります。しかし、品質は日本のものと異なるものもあるようです。私も数年前に海外で自分に合うケア用品が手に入らず苦労しました。結局、大半の時間を自分の視力にあまり合っていない不慣れな眼鏡で過ごすことになり、日本からケア用品を持って行かなかったことをとても後悔しました。日本に帰ってきて眼科医に相談したところ、海外での微妙な気候等の変化、環境や食事が変わることによる体調面への影響などが関係したようです。特に目は環境の変化に非常にデリケートらしく、ケア用品の変化に対応できなかったということでした。私もこの経験以来は、海外に行く場合はケア用品が不要なワンデータイプのものにしています。ケア用品が必要な人で、航空機への液体物持ち込みルールがよくわからない人でも、スーツケースに入れて預ければ(機内に持ち込まなければ)、かなりの量であっても大丈夫です。

予約完了画面のプリント(コピー)

海外旅行に出かける前に、自分のお目当ての観光名所やアトラクションを予約したり、現地での高速バスのチケットなどを購入したりする人がいます。このような場合は、必ず、予約完了画面をプリントアウトしておくべきです。

スマフォや携帯電話に予約完了メールがあるから安心という人もいますが、現地でネットに接続できず、メールを開けないことはよくあります。また、予約完了メールにはよく、Please print this email and hand it over to our staff at the venue on the day(この画面を印刷して、当日会場で係の者に渡してください)などと書かれています。日本ではたいていの場合、予約者の名前が一致すれば認められる場合が多いですが、海外ではこのプリントアウトされた用紙が必要になる場合が多いのです。私が実際に知っているケースでは、イギリスのシアターで、予約完了画面を出せず、プリントアウトされた用紙もない状況で(決済で使ったクレジットカードや本人を証明する学生証はあり)、入場を断られてしまった話があります。特に最近では、テロの広がりもあり、セキュリティの観点からも本人確認は非常にうるさくなっているようです。

携帯用ウェットティッシュ

これは確かに個人差もありますが、大半の日本人にとってはあれば便利なものだと思います。海外ではどうしても外食が多くなります。よほどの高級店でなければ、おしぼり等は提供されません。また、テーブル等が汚れていても店員さんはそれほど気を使ってくれません。(テーブルが汚れていることを店員に伝えた場合、拭いてくれることよりも、布巾のようなテーブルを拭くものを渡されることの方が多いです)。そしてこれが私にとっては一番の理由なのですが、スプーン・フォークなどの食器が丁寧に洗われていない場合があります。ウェットティッシュがあれば気持的にも楽になります。

また、観光地のトイレやベンチなども日本のように清潔には保たれていません。バスや電車の座席に座るときにも、ガムの付着には絶対気を付けるべきです。海外旅行中には、清潔さそのものに対する感覚の違いを感じることがよくあります。携帯用ウェットティッシュも必需品の一つと言えるでしょう。

その他の見落とされがちな海外であれば便利なもの

耳栓 機内は、明るさよりも騒音で悩まされる
小さなペンとノート 苦手な英語も筆談だと通じることもある
クロックスなどのスリッパ 室内土足なので、シャワー後などに便利
小さい袋に入った醤油・ソース 海外の料理は味が薄いこと多い
現地の地図 現地で買うと、全てアルファベットで読みにくい
サングラス 普段つけない人でも海外では必要と感じる場合多い
綿棒 海外では手に入りにくい

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する