「お次の方どうぞ」を英語で言うと?レジで外国人の接客をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お菓子やコスメ、電気製品など、外国人観光客に大人気の日本の商品。量販店、ドラッグストア、そしてスーパーやコンビニなどでも、外国人のお客さんを相手にすることがあると思います。今回は、レジでの接客に役立つ英語フレーズをご紹介します。

レジで使う基本の英語フレーズ

「レジ」は英語でcash registerと言います。スーパーのレジはcheckout counterということもあります。どんなお店の人でも普段レジでよく使っているひとことを、英語でいうとどうなるのか確認してみましょう。

▼レジで迎えるときに

Please stand in the line.
(列にお並びください)

Who’s next, please?
(お次の方、どうぞ)

Thank you for waiting.
(お待たせいたしました)

「列」はlineで、「列に並ぶ」はstand in the lineとなります。「お次の方、どうぞ」はカジュアルにNext, please.と言ってもかまいません。

▼必要なものを尋ねる

Do you need a plastic bag?
(ビニール袋は必要ですか?)

Three yen for a small plastic bag.
(小さいビニール袋は3円です)

スーパーなどで使う「ビニール袋」は、plastic bagと言います。同様に、Do you need a spoon?(スプーンはおつけしますか?)、Do you need chopsticks?(おはしはおつけしますか?)のように聞くことができます。「無料」はfreeと言い、Chopsticks are free.(おはしは無料です)のように説明してもいいですね。

▼支払いのときに使うフレーズ

Do you have a store membership card?
(当店のカードはお持ちですか?)

Here’s the change.
(こちらがおつりです)

We can’t exchange money here.
(ここでは両替はできません)

お店でポイントカードを作るというシステムは海外ではあまり浸透していないらしく、What’s that?(それは何ですか?)と聞かれたら、You can earn points by shopping, and use it for your next shopping.(お買い物をするとポイントを獲得することができ、それを次の買い物に使うことができます)と説明してあげましょう。Here’s ~は「こちらは~です」と差し出すときの定番の言い方で、Here you are.(はい、どうぞ)もよく使われます。

レジでより細かく対応するための英語フレーズ

お店のレジではただお金をやりとりすればいいだけでなく、意外に細かい対応が必要とされます。覚えておくと便利な表現を挙げておきます。

▼温める

Would you like it heated up?
(<電子レンジで>温めますか?)

または店内の電子レンジを指して The microwave is over there.(電子レンジはあちらです)と言ってもいいでしょう。

▼酒・タバコを売るのに年齢確認する

Age verification is required.
(年齢確認が必要です)

本来はID(身分証明書)を確認するところですが、英語表記のついた年齢確認用パネルがある場合、Please touch the panel.(パネルにタッチしてください)と言えば、わかってもらえるでしょう。

▼セルフサービスであると説明する

Please help yourself.
(ご自分でお取りください)

コンビニのおでんなど、客が自分で取るシステムになっているときに使います。逆に店員が取ることになっているときは、Let me do it for you.(私にやらせてください)と言いましょう。

▼支払について説明する

We don’t accept foreign currencies.
(外貨は扱っていません)

We don’t accept credit card.(クレジットカードは扱っていません)のように使うこともできます。なお、「(商品が)ありません」というときは、We don’t have alcoholic beverages.(酒類は置いていません)のように、We don’t have ~を使います。

レジに立っている人が「いらっしゃいませ」というときは、Hello!やGood morning/afternoon/evening.でOKです。会計が終わったらThank you.の後にPlease come again.(またお越しください)と言ってもいいですし、Have a good day!(よい1日を!)、Have a good evening.(よい晩を!)なんて言えるようになると、きっと感じのいい接客だと思ってもらえますよ。

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。