ビジネス交流会”あるある”で使えるフレーズ4選【キャリアアップのためのビジネス英語講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はビジネス交流会やパーティでありがちな場面ですぐ使えるフレーズです。
「人脈」はあなたの大きな財産になります。どうせビジネス交流会やパーティに参加するなら、ただ参加するのではなく、「この人とは何かできそうだ」という人を積極的に見極めていくようにしましょう。

《交流会あるある①》名刺交換で名刺を切らしてしまったとき

“Why don’t we exchange business cards?”
(名刺交換をしませんか?)
—–“Sorry, I don’t have it ( ) ( ). I’ll e-mail you later.”
(申し訳ありません、今切らしてしまっています。後ほどメールさせていただきますね)

◆相手が同意するだろうと思うことを提案するときは、“why don’t we〜?”を使います。

◆手元の名刺が切れてしまったとき “I don’t have it.”だと、「今持っていない」という意味と「そもそも名刺は持っていない」という2つの意味を持ってしまうので、「今切らしてしまっています」というニュアンスを表すため、”I don’t have it”の後に“on me”をつけます。

正解はコレ!
“Sorry, I don’t have it on me. I’ll e-mail you later.”

《交流会あるある②》顔は見たことがあったけどちゃんと挨拶していなかったな、という人に声をかけるとき

“Probably we’ve not been ( ) ( ). My name is ○○.”
(おそらくちゃんとご挨拶させていただいてなかったですね。○○と申します)

◆なんとなく顔の認識はあるものの、ちゃんと挨拶をし合ったことはなかったなぁということ、ありますよね。そんなときに便利なフレーズです。

◆ “I’m …” ではなく“My name is …” を使っているのは、実はビジネスシーンではそのほうがプロフェッショナルな響きになるからです。
”My name is …” は不自然でネイティブの間でも使われないので”I’m …”を使いましょう、といろんなところに書いてありますが、ネイティブは“My name is ….”を日常の中でも普通に使います。 特にビジネスシーンでは不自然などころか、「場をわきまえたプロフェッショナル」であることをアピールできるんですね。

ビジネス色の弱いカジュアルなパーティの場合は “I’m …”で挨拶すると良いでしょう。

よって正解はコレ!
“Probably we’ve not been properly introduced. My name is ○○.”

《交流会あるある③》会話を終わらせて次の人に挨拶しに行きたいとき

“Okay, it was a ( ) ( ) you. Let’s keep in touch.”
(お会いできて光栄でした。また連絡を取り合いましょう)

◆時間が限られる交流会やパーティの中では、できるだけ多くの人と話をしたいですよね。そこで、誰かと話を終え、別の人に挨拶をしに行きたいときは、”Okay” で会話の流れを変えたり、会話を終える合図を出すことができます。

”Well” でも会話を終える合図を出すことができます。
“Well, it was a pleasure meeting you. Let’s keep in touch.”
(お会いできて光栄でした。また連絡を取り合いましょう)

◆「お会いできてよかった」は、フォーマルな場面では”It was a pleasure meeting you.”を使います。
もうちょっとカジュアルなパーティなどであれば、”Nice meeting you.”などと言っても良いですね。

よって正解はコレ!
“Okay, it was a pleasure meeting you. Let’s keep in touch.”

《交流会あるある④》社交辞令ではなく、本気で連絡を取り合いたいと思ったとき

“Let’s keep in touch,( ). I’m very ( ).”
(ぜひこれからも連絡取り合いましょう。社交辞令じゃないですよ。)

◆”Let’s keep in touch.” だけだと「また連絡取り合いましょう」と社交辞令との区別がつかないので、「この人とは本気でまた連絡を取り合いたい」と思ったときは、”definitely” をつけます。また、その後に“I’m very serious.” (本気ですよ)を付け加えることで、「社交辞令じゃないですよ」という強い気持ちをアピールできます。

よって正解はコレ!
“Let’s keep in touch, definitely. I’m very serious.”

いかがでしたか?
とっさの場面ですぐに口から出てくるよう覚えておきましょう!

こちらの記事も人気です



レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する