《完全保存版!》ネイティブが本当に使う電話フレーズ集(前編)【キャリアアップのためのビジネス英語講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「わ、外国ナンバーから電話だ!」ーーそんなとき、テンパらずに対応できるとカッコイイですよね。今回は、シーン別、ネイティブが本当に使う電話表現の総集編です!

1. 電話の出方

“Hello, this is (名前) speaking, from (会社名).”
(○○○社の○○○と申します)

◆電話で名乗る時は“this is”です。”I’m”は直接会ったときに使う表現で、電話では適切ではありません。注意しましょう!

2. 自分あての電話をとったとき

“Can I speak with Ms.○○○?”
(○○○さんはいらっしゃいますか?)
“Yes, this is she.”
(はい、私です)

◆自分あての電話をとったとき、”this is he/she.”(私です)という言い方をします。

3. 相手が名乗らなかったとき

“May I ask who’s calling?”
(どちら様ですか?)

◆“Who is this?”や”Who are you?”、“Who’s speaking?”などは失礼な聞き方なので、絶対に避けましょう!

4. 電話を切らずに待ってもらうとき

“Could you hold on a moment, please?”
(そのまま(電話を切らずに)少々お待ちいただけますか?)

◆”hang on”も「そのまま切らずに待つ」ですが、かなりカジュアルな表現なので、ビジネスシーンではNGです!

5. 間違い電話をしてしまったとき

“I’m sorry, I meant to call someone else.”
(申し訳ありません、別の方にかけるつもりだったのですが…)

◆「〜するつもりだったのに(できなかった)」というときは、”meant to do”を使います。

6. 相手の電波が悪くて声がよく聞こえないとき

“I’m sorry, you’re breaking up.”
(すみません、電波が悪いようでお話がよく聞こえません)

◆電話で相手の声が聞こえないときは、電波状況が悪いとき、相手側に騒音があるとき、相手の声が小さいときなど、様々な状況がありますが、「電波が悪く(音声がとぎれとぎれになって)聞こえない」というときは、”you’re breaking up.”という表現を使います。
”The connection is breaking up.” や ”We have bad reception.”でもOKです。

◆”You’re breaking up with me.”と言ってしまうと、「あなた、もう私と別れるつもりなのね!」となってしまうので要注意です!

7.相手の声が小さかったり周りがうるさくて声が聞こえにくいとき

“I’m sorry, I’m having trouble hearing you.”
(すみません、電波が悪いようでお話がよく聞こえません)

“Could you speak up a little, please?”
(少しだけ大きな声で話していただけますでしょうか?)

◆”Could you speak a little more loudly, please?”と言ってしまいがちですが、“loudly”を使うと「もっとやかましく話していただけますか?」になってしまうので要注意!

いかがでしたか?
次回は「ネイティブが本当に使う電話フレーズ〜後編」をお伝えしていきます!

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら