数値を読み上げるだけは卒業!グラフを使ったプレゼンや報告に必要な英語フレーズ【折れ線グラフ編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス関連のプレゼンでは頻繁に登場するグラフやチャート。日本語ではスラスラ解説できるのに、英語だとついつい数値を読み上げるだけになってしまう…そんな悩みを持っている方も多くいるかもしれません。

しかし、図表を効果的に活用するには、その”動き”を的確に説明することが大切です。というわけで今回は、収入、損益、販売個数など、数値の変動を時系列で示すときに使われる「折れ線グラフ(line graph/line chart)」について、英語で説明するときに必要なフレーズを紹介します。

プレゼンで聴衆の目をグラフに集めるときの定番フレーズ

グラフの説明を始めるときは、まず、Please take a look at ~(~をご覧ください)を使って、聴衆の視線をグラフに集めましょう。

Please take a look at figure one.
(図1をご覧ください。)

英語で折れ線グラフは”line graph”または“line chart”といいます。ですから、例文の“figure”の部分は、”line graph”に置き換えも可能。ただ、”figure”は、全ての図表に使える単語なので、ぜひ覚えておいてくださいね。

グラフに視線を集めたら、何のグラフを説明するのか紹介しましょう。このような場合に、よく使われる動詞は”show”です。“indicate”や”illustrate”も使えます。

This graph shows trends in the sales volume of our main product.
(このグラフは、我が社の主力商品の売上高の推移を表しています。)

折れ線グラフの傾向を説明する

ここからは、折れ線グラフの傾向(増加、減少、横ばい)の説明に必要なフレーズを紹介します。

増加傾向のグラフ

増加傾向を説明するときに使う動詞には、go up(上がる)、grow(伸びる)、increase(増える)、recover(回復する)、rise(増える)などがあります。

During the first quarter of 2016, sales increased.
(2016年の第一四半期は、売り上げが増えました。)

上の例文では、数値がどのように増加したのかということが分かりませんよね?
より明確に売り上げの動向を説明するために、increasedの後に、グラフの動きや角度を表す副詞をつけたしてみます。

During the first quarter of 2016, sales increased gradually.
(2016年の第一四半期は、売り上げが徐々に増えました。)

傾向を表す動詞と動きや角度を表す副詞を組み合わせることで、グラフを的確に説明することができるのです。他には、considerably/significantly/dramatically(大幅に)、rapidly(急速に)、slowly(ゆっくりと)、steadily(着実に)なども使えます。

また、急激な数値の増加を表現したいときは、jump(跳ね上がる)やrocket(急上昇する)を使うと効果的です。

Sales jumped in April.
(4月に売上げが、急増しました。)

減少傾向のグラフ

減少傾向のグラフを説明するときに使う動詞には、decrease/decline/reduce(減少する)やfall/drop(落ちる)などがあります。

Sales reduced slightly.
(売上げは、わずかに減少しました。)

急激な減少を表す“plummet” も、減少傾向のグラフを説明するときに便利な単語です。

Unfortunately, sales plummeted.
(残念なことに、売上げは急落しました。)

フレーズの頭に、”As you can see”や”As shown”をつけると、聞き手に語りかけている感じがでますね。ただ、”As you can see”を繰り返すとしつこくなるので、適所で使うようにしましょう。

As you can see, our sales tend to decline during winter.
(ご覧のとおり、我が社の売り上げは、冬季には減少する傾向があります。)

「~する傾向がある」を表す“tend to~”も、グラフの説明には欠かせない表現です

横ばい傾向のグラフ

横ばい傾向のグラフを説明するときには、remain stable(安定する)、stay constant(横ばい状態)などを使うことができます。

Sales remained stable between March and April.
(3月と4月の間は、売上げが安定していました。)

ピンポイントでグラフの数値を説明する英語フレーズ

グラフが示す数値を、全て読み上げるのはNG。けれども、最大値や最小値など、大切な数値はピンポイントでしっかり説明しましょう。

In August, sales peaked at 50,000 units.
(8月に、販売個数は最高の5万個に達しました。)

グラフの最大値を説明するときは、”peak”を使うことができます。反対に、最小値を説明するときは”bottom out”(~で下げ止まる)が使えます。

Sales bottomed out at 10,000 units in the end of November.
(11月下旬に、販売個数は1万個で下げ止まりました。)

言葉の組み合わせを工夫して魅力的なプレゼンに!

同じ言葉を繰り返していると、プレゼンが単調になってしまうこともあります……。
豊富な表現を使えるよう、ぜひ今回紹介したフレーズを参考に、インターネットなどで傾向の違うグラフをいくつか選んで、説明する練習をしてみてはいかがでしょうか?
より多くの表現をマスターして、グラフを最大限に生かした英語プレゼンを目指しましょう!

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する