結婚式や展示会、レセプションへの招待状を英文で書いてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月といえばジューンブライド(6月の花嫁)。外国人の友人や職場関係者との間で、英文の結婚式招待状を受け取る機会も珍しくありません。また結婚式に限らず、最近では、パーティーや展示会、歓迎会や送別会など、公私問わず英文での招待状がやりとりされるようになりました。

英文の招待状は、日本語と異なり、婉曲な表現や遠まわりの言い回しが少なくシンプルな構成になっています。よく使われるフレーズやセンテンスを覚えておくと、色々な場面で使いこなすことができます。

この記事では、結婚式をはじめ、各種イベントやレセプションの招待状で頻繁に使われる言い回しをご紹介。招待するシーンに応じたフレーズを解説します。

結婚式の招待状を英語で書きたい!

invitation_02
人生の一大イベントの招待状に趣向を凝らす人も増えています。招待状を手作りされる人は、英文で招待状を作成するのもいいかもしれません。英文オンリーでは招待客が戸惑う可能性もあるので、部分的に取り入れるのもオススメです。外国人の招待客にもそのまま送れる実用的なフレーズをご紹介します。

結婚式の招待状の構成項目と頻出フレーズ

記載しなければならない情報は、「誰と誰の結婚式か」、「挙式の日時と場所」、「出欠の返信の期日」の3点です。あとは結婚する2人からの招待の意思を下記のように伝えるだけです。

<例文>
Request the honor of your presence.
We would like to invite you to our wedding ceremony.

(結婚式にご招待します)

I hope you can join us for our wedding ceremony.
(ご出席いただけましたら幸いです)

We will be holding an intimate wedding reception, and you are invited to join us in sharing our joy.
(ささやかな披露宴を開きます。是非ご出席くださり歓びを共にしていただければ幸いです)

Invite you to celebrate
Would love for you to join them

(私たちの門出にお立ち会いください)

返信を促す決まり文句「RSVP」って?

英文招待状では、返信が必要な場合の決まり言葉-RSVPがあります。RSVPはフランス語の「お返事願います:respondez s’il vous plait」の頭文字の略です。

Please RSVP by 20th of May 2017 using the enclosed card.
(出欠のご返信を2017年5月20日土曜日までにお願いできれば幸いです)

イベントやパーティー向けの英文招待状の構成項目と頻出フレーズ

invitation_03
パーティー、展示会、送別会など招待状を送るシーンは多岐にわたります。それぞれ目的に応じて文面を変える必要はありますが、構成内容はいずれも共通しています。英文で招待状を作成する必要がある場合は、以下のように進めるといいでしょう。

1)冒頭に、招待の目的を記載し、
2)あなたを招待したいという文言を入れ、
3)日時と会場を伝えたうえで、
4)参加の可否について返事をくださいといった一文を添えれば完成です

ただし内容がビジネス関連であれば、何についての招待かをさらに具体的に書く方がよいでしょう。

上記のうち、目的問わず招待状全般に共通して使われる表現として、
2)招待したいことを伝える
4)参加の可否についての返事を求める
について、便利な言い回しを覚えておきましょう。

招待したいことを伝えるフレーズ

<例文>
We would be pleased if you would save the date for it.
(予定を空けておいていただければ幸いです)
*save the date は、結婚式やパーティーの招待状などによく使われる表現で「予定を空けておいて」という意味になります。

We would be honored if you could join us.
(ご来場いただければ光栄です)

In an effort to thank you for your business, we would like to invite you to our event.
(日頃のお取り引きに感謝するために、あなたをイベントにご招待させていただきたいです)

We would like to formally invite you to this reception.
(正式にお招きしたく存じます)

Please feel free to invite your family and friends.
(ご家族、ご友人もお誘いあわせの上、ご参加ください)

This is a very rare opportunity, so please come and join us.
(めったにない機会ですので、是非お越しください)

It would be my pleasure to have you join us.
(お越しいただければ嬉しいです)

参加の可否についての返事を求めるフレーズ

<例文>
Please remember to RSVP before June 20th and inform us of the number of guests you wish to bring with you.
(6月20日までにご返事をください。またお越しになる人数をお知らせください)

Would you kindly send your response as to whether you can attend the party or not by June 20th?
(参加できるかどうか、6月20日までにお知らせくださいますか?)

If you have any questions, please feel free to contact.
(不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください)

ドレスコード指定は?注意点などを加える場合

誰が主催し、何を目的とするパーティーか、内容を簡潔に明示しましょう。またこれに応じて服装の指定(ドレスコード)を加えることもあります。

<例文>
We are having a Lunch reception on Friday, June 2th. This is to deepen exchanges between automobile parts supplier.
(6月2日(金)自動車部品サプライヤー同士のパーティーを開催します)

We will have a standing anniversary party because our company founded ten years ago.
(当社では、創立10周年につき記念の立食パーティーを開催します)

Black tie optional.
(タキシードはご随意に)

Dress casually.
(カジュアルな服装で)
*ビジネスシーンで用いられるドレスコードは、フォーマル度の高い順にBlack tie、Black tie optional、Semiformal、Business formal、Business casualとなります。例文のBlack tie optionalは、「できれば格調高くBlack tie(タキシード着用)で来場してほしいけれど、業務時間後の開催などでその徹底が難しいと予想される」という場合によく使われます。

ビジネス用途はこちら!展示会やレセプションへ招待する

invitation_04

展示会への招待

「展示会」という性格上、日時・場所の案内は必須として、自社の展示内容も明示しアピールしましょう。来場することによる相手にとってのメリットを示せると、なお効果的です。招待券の同封や郵送も忘れないようにしましょう。

<例文>
You are cordially invited to attend the 7th World Auto Show to be held from February 21 to February 25 at the Tokyo Trade Center.
(2月21日から2月25日まで,東京貿易センターにて開催される,第7回国際モーターショーにご招待いたします)

Our new sports car model will be introduced at the event.
(会場では,弊社の新型スポーツカーも披露されます)

We will put our main product like Yokuochil to the exhibition.
(我が社の主力商品であるヨクオチール等を出品予定です)

I believe you will find the experience valuable for your future business.
(会場での体験が貴社の今後のビジネスに有意義なものとご実感いただけることを確信しております)

I will be sending two complimentary tickets by post today.
(本日,郵便で無料招待券2枚をお送りいたします)

I will send invitation ticket by email afterwards.
(追って招待券をメールで送付させて頂きます)

ゴルフコンペへの招待

ゴルフコンペは、ビジネス上の顧客のもてなしが多いため、レジャーとはいえ儀礼的な文書に仕上げるのが通例です。また、ゴルフコンペの招待状の場合、目的の説明は不要でしょう。例えば、「親睦を図るため」などは堅苦しく冗長な印象を与えがちです。また英語圏の国でコンペをCompetitionと言うことは珍しく、通常はTournamentと言います。

<例文>
I would like to invite you to the golf tournament will be held at Hakone.
(この度箱根にて行われるゴルフコンペにご招待させて頂きます)

The golf course is ○○Country Club as usual.
(ゴルフコースはいつもの○○カントリーでございます)

Could you inform me your availability of the first Sunday of August?
(8月の第1日曜日のご都合はいかがでしょうか?)

We’d like to inform you of the details afterwards by email.
(詳細についてメールで後日お知らせ致したく存じます)

講演会への招待

一言で「講演」といっても、本の出版を記念したもの、a free lecture presentation(無料講演会)、a commemorative lecture meeting(記念講演会)、chautauqua(文化講演会)、invited lecture(招待講演)など多岐にわたります。読み手も参加不参加をその点次第で決定することが多いので、なるべく具体的に記載することが求められます。

<例文>
The lecture presentation is held of memory of publication of the book.
(その講演会は著書の出版記念で開かれます)

We would like to invite you to speak at this important conference.
(この大事な演説講演会にご招待いたします)

We have invited Prof. Long to give a talk on mercury contamination.
(我々はロング教授に、水質汚染に関する講演を依頼しています)

まとめ

招待状を英語で…と聞くと難しそうに思えるかもしれませんが、誰が、どのような種類のイベントを、いつ、どこで行う、といった要素がしっかり伝われば大丈夫です。逆に情報を詰め込みすぎたり、過剰な装飾文字を使いすぎたりすると、趣旨を読み取りづらくなってしまいます。皆さんもぜひ機会があれば英語で招待状を書いてみてくださいね!

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する