機内で「毛布をもらえますか?」って聞ける?飛行機で使って得する英語フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行や海外出張で英語を使う最初の機会は、飛行機の中ですね。覚えておけばいいのは、Orange juice, please.(オレンジジュース、お願いします)、Chicken or fish?(チキンですか、魚ですか?)だけではありません。機内のサービスを最大限に活用するための便利な表現をご紹介します。

機内のメニューにないものを頼むには?

飛行機の中では、CA(キャビン・アテンダント)に「~をお願いします」と頼むことが多いでしょう。「”お願いします”はpleaseでOK!」と思っているかもしれませんが、pleaseは「~ください」という、ちょっとそっけない言い方。丁寧にお願いするには、Can I have~?(~もらえますか?)という言い方を使います。例えば、次のような表現を覚えておくといいでしょう。

Can I have some water?
(お水もらえますか?)
Can I have another blanket?
(毛布をもう一枚もらえますか?)

機内で飲み物を頼むとき、orange juice、apple juice、coke、beerなど選択肢はたいてい決まっていますが、中にはメニューにないものが用意されていることがあります、例えば、「ウーロン茶はないのかな?」と思ったら、次のように聞いてみましょう。

Do you have oolong tea?
(ウーロン茶はありますか?)

また、最近は機内後方のgalley(ギャレー)というスペースに、セルフサービスの飲み物やスナックが用意されていることがあります。長いフライトのときは、ぜひこのgalleyをのぞいてみましょう。

機内食や機内設備について聞きたいときは?

機内食のメインディッシュは、たいてい肉か魚を選ぶことができるようになっていますが、中身はchicken、beef、pork、fishだけではありません。次のような単語を使って聞かれることもあります。

肉類:veal(子牛肉)、lamb(ヒツジ)、duck(アヒル)
シーフード:prawn(エビ)、tuna(まぐろ)、cod(タラ)

例えばChicken or prawn?(チキンですか、エビですか?)と尋ねられたとき、ちゃんと聞き取れるようになっておきたいですね。

機内で映画を見るのを楽しみにしている人もいるでしょう。でも、スイッチを押してもつかなかったり、ヘッドホンが壊れていて音が聞こえなかったりということも起こります。映画やニュースを見ることができるあの装置は、entertainment systemと言います。CAにこのように頼むといいでしょう。

The entertainment system doesn’t work.
(エンターテイメントシステムが動きません)
My headphones are not working. Can I have another one?
(ヘッドホンがおかしくなっています。別のをもらえますか?)

「ヘッドホン」は耳に当てるところが2つついているので、headphonesと複数になります。earphones(イヤホン)も複数です。

機内トラブルを回避するための英語フレーズ

機内ではほかの乗客と言葉を交わさなければならないこともあるでしょう。最も多いのは、窓側に座っていて、トイレに行くのに前を通してもらわないといけないとき。たいていは席を立ちながらExcuse me.と言えば大丈夫ですが、一言付け加えたいときは、こういう表現を使います。

I need to go to the restroom.
(トイレに行きたいんです)
Can you let me out?
(外に出させてもらえますか?)

let は「~させる」で、let me outで「私を外に出た状態にさせる」といった意味になります。

機内ではシートを倒してゆっくりくつろぎたいものですが、これが後ろの人とトラブルになることもあります。倒す前に一言こう断るといいですね。

May I recline my seat?
(シートを倒してもいいですか?)

逆に、食事のときなどシートを元に戻してほしいときは、こう言います。

Can you put your seat up?
(シートを立ててもらえませんか?)

put ~ upで、「~を立てた(上げた)状態にする」となります。

「英語がわからなかったらどうしよう」と警戒するだけでなく、こういったちょっとした一言を使うだけで、空の旅がずっと快適なものになるはずです。

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。