TED動画から学ぼう!「マルチ・ポテンシャライト」を英語で語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「飽きっぽくて長続きしない」「いろいろなことに興味があり、なかなか一つに絞れない」― こんな悩みを持っていたりしませんか?

そんなあなたは変化の激しい現代を生き抜くのに向いている現代マッチ型タイプ、multipotentialite(マルチ・ポテンシャライト)なのかもしれません。

今回は、TED動画でとっても話題になった「マルチ・ポテンシャライト」と、自分の性格や興味を表すための英語表現をお教えします。

これからの時代、飽きっぽい人、気が変わりやすい人にチャンスがある!

multipotentialiteとは、multi-(マルチ、いくつもの)とpotential(ポテンシャル、潜在能力)を組み合わせた造語で、「いくつもの潜在能力を持った人」といった意味になります。

各界の第一人者がプレゼンテーションを行う「TED動画」で、キャリアコーチとして活躍するEmily Wapnick(エミリー・ワプニック)が提唱して話題になりました。

そんな話題のTED動画を解説とともに見ていきましょう。

TED動画で見るマルチ・ポテンシャライト

Why some of us don’t have one true calling?
(天職が見つからない人がいるのはどうしてでしょう?)

※「字幕」のボタンをクリックすると、英語字幕または日本語字幕を表示させることができます。言語は「設定」のところで変えてください。

callingには「天職」という意味があり、true callingで「本当の天職」といった意味合いになります。

講演者のエミリー・ワプニック自身、音楽・美術・映画・法律などさまざまなことに興味を持ち、それらを学んできた人です。一つのことを学んでいる間はとても熱心なのですが、ある程度のところまでいくと飽きてしまい、なかなか長続きしません。そういったことが続くと、Something is wrong with me?(私どこかおかしいのだろうか?)と悩んでしまうことがあります。

しかし、実はやりたいことを一つだけ選ぶ必要はない、さまざまなことに興味を持ち、次々とこなしていく能力のある人は「multipotentialite(マルチ・ポテンシャライト)」なのだと、ワプニックは気づいたのです。

マルチ・ポテンシャライトの長所とは?

これまで「飽きっぽくて何をやってもその道の専門家になれない」と思われてきたマルチ・ポテンシャライト。実はこんなメリットがあるのだと、ワプニックは言っています。

1. Idea Synthesis(アイデア統合力)
2つ以上のアイデアを統合して、それまでにないサービスなどを生み出すことができる。synthesisは「統合、合成」という意味。

2. Rapid Learning(学習が早い)
さまざまなことを身につけてきた経験から、何事についても覚えが早い。

3. Adaptability(適応性)
人からの求めに応じて、自分の能力を発揮させることができる。

これらの力は、動きが早く予測がつかない現代社会を生き抜くうえでのsuperpower(大きな能力)になるというのが、ワプニックの主張です。

自分の性格・興味を、英語で自由に語ろう!

あれこれいろいろなことに興味があるのは「飽きっぽくて一つのことが長続きしない」短所だと思われてきました。

しかし、multipotentialiteの考え方からすると、それは大きな長所なのです!すばらしい気づきですよね。

ここでは、TED動画のプレゼンテーションを参考にしながら、自分の性格や興味を自由に語るための表現をご紹介します。

自分の性格を語る

I get bored easily.
(私、飽きっぽいんです)

I’ m curious about many things.
(いろんなことに興味があるんです)

When I become interested in an area, I would dive in.
(ひとつのことに興味を持つと、飛び込んじゃうんです)

I might be a multipotentilite.
(私、マルチ・ポテンシャライトかもしれません)

夢中になっているものを語る

I love watching Indian movies.
(インド映画を見るのが大好き)

I’m into yoga.
(ヨガにはまってます)

I’m crazy about old time Jazz music.
(古いジャズ音楽が好きでしょうがない)

I’m addicted to detox drinks.
(デトックスドリンク中毒なんです)

会話例

A: I’m into Latin music lately.
(最近、ラテン音楽にはまってるんだ)
B: But you were crazy about Indian movies last month.
(でも、先月はインド映画が好きでしょうがなかったよね)
A: When I become interested in an area, I would dive in.
(ひとつのことに興味を持つと、飛び込んじゃうんだ)
B: You might be a multipotentialite.
(それってマルチ・ポテンシャライトなのかもね)

まとめ

multipotentialiteの逆はspecialist(スペシャリスト)。もちろん、一つのことにじっくり取り組むことができるスペシャリストにも大きな長所があり、ワプニックは、mutipotentialiteとspecialistがチームを組めば、It’s a beautiful partnership.(それは素晴らしいパートナーシップだ)と語っています。

果たしてあなたはmultipotentialite?それともspecialist?

自分の興味の持ち方を考えて、仕事でも私生活でも、反対の性格を持つpartnerを見つけ、お互いの長所を生かしながらhappier life(より幸福な生活)を送れるようになるといいですね。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら