いまさら聞けない!?英語の「過去形」をおさらいしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読者のみなさんの中には、これから英語を勉強しようと考えている方も多いと思います。久しぶりに英語を勉強しようという時に、意外につまずきやすいのが「過去形」です。中学校で勉強していますから、一見するとかんたんそうに見えます。ですが、独学でやってみると意外に複雑なところもありますよね。

今回は、英語の過去形をおさらいします。これを読んで、よいスタートダッシュを決めましょう!

過去形は「過去に起こったこと」

英語には、その出来事がいつ起こったのかで、動詞の形を変えるというルールがあります。

過去形は、「過去に起こったこと」について話すときに使います。当たり前のようですが、一番大事なことです。それが過去に起こったのなら、かならず過去形を使う必要があります。

a. I watch a movie every day.
私は毎日映画を観る(という習慣がある)

b. I watched a movie last night.
昨日の夜は映画を見た

aの文では、「今」の習慣の話をしています。その場合は、watch(観る)をそのまま使えます。

bの文を見てみましょう。そのドラマを見たのは「昨日」なので、過去の出来事です。その場合は、過去形を使って、「過去に起こったことだよ」とはっきりさせてあげなければいけません。

過去形の作り方は「動詞+ed」

過去形の作り方はかんたんです。動詞の最後に「ed」をつけるだけで、過去形にすることができます。

このように、動詞の最後にひとつ「ed」をつけるだけでかんたんに「過去形」を作ることができるのです。

ところで、一番下のchange(変わる)を見てみて下さい。「ed」をつけるならchangeedになりそうですが、実際はchangedです。大事なのは「ことばの最後がedで終わること」なので、eで終わる単語にはdだけを付けます。

ルール1
動詞の最後にedをつけるだけ

ルール2
eが被りそうならdだけをつける

このedの発音は2種類あります。直前が「母音・カタカナで読むと濁音(ガ行・ザ行・ダ行・バ行)、カタカナで読むとマ行・ナ行・ハ行(h)・ラ行」の音の場合は「ドゥ」、それ以外は「トゥ」になります。

I listened to the music.
私はその音楽を聴いた。
アイ リスンドゥ トゥザミュージック

I kicked the ball.
私はボールを蹴った。
アイ キックトゥ ザボール

こう書くとごちゃごちゃとしてわかりにくいですね。こういう風に読み分けるのは、絶対にこうだと決まっているのではありません。人間の口にとって、こういう発音が楽だからです。わたしたちが読みやすく発音すると、自然にこうなってしまいます。ですから、最初からこのルールを覚える必要はありません。練習していくうちに、自然に改善されます。

edをつけない「不規則動詞」に気をつけよう

ここまでなら、英語の過去形はとてもかんたんです。ですが、過去形を勉強していると、どうしても困らされることがあります。動詞の中には、「動詞+ed=過去形」のルールを破ってしまう、困った動詞が混ざっているのです。例えば「ご飯を食べる」は英語で何と言うでしょうか?

I eat breakfast every morning.
私は毎日朝食を食べる(習慣がある)

今の習慣について言うならこの文を使います。では、「今朝」朝ご飯を食べたことはなんというでしょうか?

× I eated breakfast this morning.

過去形のルールからすると、eatにedをつけてeatedで大丈夫そうに思えます。でも、これは間違いです。なぜでしょうか? それは、eatが「ルールに合わない動詞」だからです。

「ルールに合わない動詞」とは、「動詞+ed=過去形」のルールに合わない動詞のことです。eatの過去形ならeatedのはずなのに、そうではない……。そういう動詞がたくさんあります。参考書では「不規則動詞」「不規則変化動詞」と呼ばれることが多いです。

○ I ate breakfast this morning.
今朝は朝食を食べた

eatの過去形はeatedではなくateなのです。このように、ルールに合わない動詞は、1つ1つ覚えなければいけません。勉強する側からすると、正直かなり「めんどくさい」ものになります。

ルール3 
ルールに合わない「不規則動詞」は要注意!

めんどくささに拍車をかけるのが、日常的に使うことばほどルールに合わないという点です。食べる・見る・作る……日常的によく使うことばほど、なぜかルール違反の動詞が多いです。

ことばの見た目が変わらないものもあります。例えば、read(読む)は、今のことについて言う時には「リード」のように発音されます。でも、過去の事について言う場合には、「レッド」のように発音されます。耳で聞くと、「red(赤い)」と同じ音になってしまうのですね。

「put(置く)」は、音も形も変わらない例です。

I always put books on the table.
私はいつもそのテーブルの上に本を置く(という習慣がある)

I put the book on the table this morning.
私は今朝そのテーブルの上に本を置いた

どちらの例でも、「プット」のように発音します。書いても話しても形が変わらないものもあるのです。

このほかにもsleep(眠る)→slept(眠った)、take(取る)→took(取った)、go(行く)→went(行った)などなど、いつも使う動詞に限ってルールに合わないものが多いのです。

これらの単語については、基本的には辞書を見ながら1つ1つ覚えるしかありません。

「不規則動詞」は多少まちがえても大丈夫

頭が痛い「不規則動詞」ですが、実はそこまで気にしなくても問題ありません。世界中の人が英語を勉強していて、この不規則動詞で苦しめられた経験があります。お互いにその苦労がわかるので、そんなに目くじらを立てる人もいないのです。

「I eated breakfast this morning」のような英語は、実際にはふつうに使われています。ですから、まちがえても大きな問題にはなりません。会話ではそんなに気にしなくてもいいでしょう。

このような英語を、ブロークンイングリッシュ(くだけた英語)と言うことがあります。英文法を守っていない、良くない英語というニュアンスで使われることが多いです。しかしながら、ミスを気にして話さないのでは、英語は上手くならないと筆者は思います。まずは口を開くことが大事です。

気をつけた方がいいのは、プレゼンのような公式の場面です。この場合にあまりに過去形のミスが多いと、準備不足だと思われてしまう場合があります。同じように、書面でなにかを書く場合は、不規則動詞にも気を使った方がいいでしょう。

まとめると、会話の場合には「不規則動詞」にそこまで気を使わなくて大丈夫です。「I made this cake(私がこのケーキを作りました)」を、「I maked this cake」と言っても、まず理解してもらえるものです。もし指摘されたら、その場で直せば大丈夫です。

公式な場面では、このような部分に気を使う必要が出てきます。プレゼンや書類作成などでは、辞書で確認しながら準備した方が無難だと言えるでしょう。

まとめ

過去形は基本的には「動詞+ed」で作ることができます。たった二文字付け加えるだけですから、むずかしくはありません。問題は、「不規則動詞」というルールに合わないグループがいることですね。過去形でつまずいてしまったという方は、多くがここでむずかしさを感じているようです。

実際の英語は、学校のテストのような○×問題ではありません。大事なのは話す内容なので、細かい文法のミスをそんなに気にする必要はないのです。ただし、フォーマルな場面ではしっかりと準備して、細かいところもケアする必要があります。英語の使い方は1パターンではないのです。

過去形をマスターして、使える英語を身につけましょう!

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する