Sorryだけじゃない!さまざまなシーンの「ごめんなさい」を英語で伝えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相手に迷惑をかけてしまったときは、謝らないといけないですよね。そういう場面になったとき、どういった表現が適切なのか迷ってしまったこともあるのではないでしょうか。今回はsorryを使った基本的な謝罪の表現だけでなく、sorryを使わない謝罪の表現もご紹介します。表現のバリエーションが増えると、いざという時に落ち着いて対応できるようになります。

こんなにある!sorryを使ったフレーズ集【友達編】

一言でsorryを使ったフレーズといっても、謝罪する場面によってさまざまなバリエーションがあります。場面別に見てみましょう。

▼軽く謝りたいとき

Sorry.
(ごめん。)

Sorryとだけ使うと、軽く謝っている感じになります。場面としては、小さなミスをしてしまったときです。また、道で人と少しぶつかってしまったというときにも使います。Oops! やOhと一緒に使うことで、深刻ではないニュアンスになります。

A:I think it’s my pen.
(それ私のボールペンだと思うんだけど。)

B:Oh, sorry. It’s similar to mine.
(あ、ごめん。私のと似てたからさ。)

▼丁寧に謝りたいとき

I’m sorry.
(ごめんなさい。)

最もよく使われる表現です。また、sorryと一言だけのときよりも、丁寧な言い回しになります。

A:I texted you yesterday. Did you see it?
(昨日メッセージ送ったんだけど、見てくれた?)

B:I thought I texted you back, but I didn’t. I’m sorry.
(返したと思ったんだけど、送ってなかったみたい。ごめんね。)

▼もっと真剣に謝りたいとき

一番丁寧に謝っている表現集です。大きなミスをしてしまい、真剣に謝りたいときに使います。

I’m sorry for ~. / I’m sorry that ~.
(~でごめんね。)

forやthatの後には、理由をつけます。理由を言うことで、より丁寧に謝る表現になります。forの後には名詞が続き、thatの後には文章が続きます。口語のときthatは省略することがほとんどです。

I’m sorry I made you feel bad.
(気分を悪くさせてごめんね。)

I’m so sorry.
(本当にごめんなさい。)

本当に申し訳なく思っているときに使う表現です。soをつけることで、申し訳ないという気持ちを強調しています。

I’m so sorry I’m late. Let me buy you lunch.
(遅れて本当にごめんなさい。ランチをごちそうするよ。)

この例文ではちょっと待ち合わせに遅れたのではなく、かなり長い間待たせてしまったことを表します。

sorryを使わなくても英語で謝れる?【友達編】

My bad.
(悪い。)

とてもくだけたニュアンスになるので、友達同士で使うフレーズです。「悪いな」という気持ちを表しています。「悪いと思っているけれど、小さな間違いに対して謝るのはカッコ悪い」という気持ちが含まれています。10代や20代前半くらいの人が使うイメージです。

▼会話例

A:Did you bring something to eat?
(何か食べるもの持ってきてくれた?)

B:Oh, I forgot. My bad.
(あ、忘れた。悪い。)

My fault.
(私のせいだ。)

自分に非があることを認めている表現です。My badより丁寧な表現になります。

覚えておきたい!sorryを使った謝罪フレーズ【ビジネス編】

ビジネスの場合、自分に非があって謝るときは主語に「I」を使い、会社として謝るときは主語に「We」を使います。ビジネスシーンのsorryを使った謝罪の表現はこんな感じです。

▼自分の過ちでちょっとしたミスをしたとき

I’m sorry.
(すみません。)

社内でちょっとしたミスをしたときに使います。

▼ビジネスの場でsorryを使いたいときの基本

I am very sorry.
(まことに申し訳ございません。)

日常生活で謝るときは「I’m」と省略することがほとんどです。しかし、ビジネスシーンでは省略をしません。省略をしないことで、より丁寧な言い回しになります。また、sorryを使うときは、veryやtruly、deeplyといった副詞をつけて強調をすることが多いです。

sorry以外で謝罪の気持ちを表すフレーズとは?【ビジネス編】

sorryを使わない謝罪の言葉はこんな感じです。

▼社内で使える謝罪表現

My apologies for ~.
(~をしてしまい、申し訳ありません。)

apologyは「謝罪」という意味で、sorryよりもかしこまった言葉です。謝罪で使う場合は、複数形で使う点に注意してみてくださいね。

My apologies for the late reply.
(返信が遅くなり、申し訳ありません。)

▼取引先への謝罪で使える表現

Please accept my deepest apologies.
(心よりお詫び申し上げます。)

Deepestと最上級の形にすることで、より丁寧な表現になります。

I cannot tell you how sorry I am.
(どのように言って良いか分からないほど、申し訳なく思っております。)

申し訳ないという「気持ち」が込められている表現です。

会話とメールでは使う言葉が違う?謝罪のビジネスメール

社内のメールではsorryやmy apologiesを使っても問題ありません。また、取引先との謝罪メールでは、Please accept my deepest apologies. I cannot tell you how sorry I am. I am very sorry. も使えます。

これらの文章以外で使われるのはこんな感じの表現です。

▼apologizeを使った表現

We apologize for ~.
(申し訳ございません。)

apologizeは「謝罪する」という意味です。sorryよりもかしこまった言い方で、会話よりもアナウンスやメールでよく使われます。形式的なニュアンスがあるので、会話の中でapologizeを頻繁に使っていると、形式的に謝っているだけと受け取られる可能性があります。

sincerelyやdeeplyをつけることで、謝罪が強調されます。apologizeにはveryやtrulyは使えません。また、doをつけて強調することもあります。

We apologize for the error.
(間違いがあり、申し訳ございません。)

errorは「間違い」という意味です。forのあとには名詞が続きます。

まとめ

この記事では日常会話で使う謝罪フレーズと、ビジネスで使う謝罪フレーズをご紹介しました。それぞれのシチュエーションによって、適した表現が違うことが分かりましたね。ぜひ実践で使ってみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も人気です



レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する