英語で「1点差」っていうときbyを使うって知ってた?前置詞byを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは前置詞の「by」と聞いて、どう日本語に訳されますか?多くの方が「〜によって」と訳すのではないでしょうか。しかし「by」には「〜によって」以外にもいろいろな用法があり、ネイティブの会話の中でも頻繁に登場します。今回はそんな「by」の本来の意味と、そこから派生する多くの用法をご紹介し、表現の幅を広げるお手伝いができればと思います。

間違いやすいby

日本では、byを初めて習う際に、「~によって」という意味のみをまず学びます。そのため、日本語に「〜によって」と出てくるとそのままbyを使ってしまうケースも多く見られます。
正しいものもありますが、中にはネイティブが聞くとふさわしくないケースも。

例えば「結果によって決める。」という文章を、

✗・ I will decide by the result.

とするのは不自然で、正しくは

○ ・It will depend on the result.

などと表現します。

また、「人によって考えが違う」というような文章も、

✗ ・It is different thinking by people.

のようにbyでなんとか表現しようとしても間違いで、正しくは、

○ ・Every person has different opinions.

などと英語では表現するのが正しいでしょう。
このように「〜によって」にこだわりすぎると間違って使ってしまいやすいbyですが、実際にはbyはもっと根本的な意味があります。次にそれを見ていきましょう。

そもそもbyの意味とは

そもそもbyという前置詞には「そばに」という基本イメージがあります。下記の図のように、対象物のそばにあるというイメージです。

例えば下記の例文を見てみましょう。「そばに」の意味を持つbyの、典型的な例文です。

She stood by him.
(彼女は彼のそばに立っていた。)

彼と彼女がそばに位置するというbyのイメージ通りの例文ですね。図を少し書き換えるとこんな感じです。

ちなみに、「Good bye(さよなら)」という言葉も、語源は「God by」だとする説があり、別れ際に「神があなたのそばにいますように」「神のご加護がありますように」というところから来ているそうですよ。

このように、byには「そばに」という根本的なイメージがあるのですが、時間や空間など、いろいろな次元で派生することで、多くの意味を持つことになります。次にそれらをまとめてご紹介していきたいと思います。

byのいろいろな表現

「~によって」だけではなく、様々な意味をもつby。一見多岐に渡るようでも、「そばに」という根本的なイメージで捉えることで、案外理解しやすいかもしれません。これらの意味を理解して、表現の幅を広げていきましょうね。

▼by car:「〜で」と訳す手段のby

I usually go to work by car.
(私は通常、車で職場に行きます。)

「車で」や「電車で」など、手段を表すby。「〜で」と訳しますが、これもネイティブはbyを「そばに」のイメージで捉えながら使っています。つまり、「私(I)」は常に「車(car)」の「そばに」いながら、職場へ向かっているという感覚です。

▼by Mike:「〜によって」と訳す動作主のby

The letter was written by Mike.
(その手紙はマイクによって書かれた。)

中学でもよく使った「受け身+by 人」の形。「人によって〜される」と訳すbyですが、ここでも、「手紙(Letter)」と「マイク(Mike)」がそばにあったということが見て取れます。

▼by 12:00:「までに」と訳す期限のby

I have to go back to my office by 12:00.
(12時までにオフィスに戻らなければいけません。)

時間にもbyは用いられます。「〜までに」と期限を表すbyですが、これは、11時50分や11時59分など、とにかく「12時という時間」のそばの、「ある時間までに」戻らなければならない、というイメージで捉えることができます。

▼by Italy:「〜を経由して」と訳す経路のby

I am going to travel by Italy.
(イタリアを経由して旅行します。)

「〜を経由して」「〜を通って」と訳すby。よく旅行英会話などでは使われる表現です。これも「私(I)」が「イタリア(Italy)」のそばを通過したというイメージを持つことができますよね。

▼by one point:「〜差で」と訳す差のby

We lost the game by one point.
(一点差でゲームに負けた。)

「1点差で」や「2秒差で」など、byには差を表す用法もあります。これも「自分たち(We)」と「相手チーム」をそばに置いた時、その差が1点差であった」というイメージでネイティブは捉えています。

▼by using chopsticks:「〜することによって」と訳すby+動名詞

We eat sushi by using chopsticks.
(私達は箸を使って寿司を食べます。)

「by 〜ing」というようにbyの後ろに動名詞を伴うことで「〜することによって」と訳すbyの用法。これも便利で、頻繁に使われます。この場合も、「箸を使うこと」という概念と、「寿司を食べる」ということが「by」によって密接になり、そばにあるというイメージで捉えることができます。

まとめ

多岐に渡る意味を持つbyは、一見とっつきにくく覚えにくい前置詞ですが、「そばに」というイメージで捉えていくと、全てつながっているということがおわかり頂けたかと思います。ぜひわからなくなったら原点に戻ってイメージしてみてくださいね。

英語をはじめたくなったら、
オンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する