外国人の友達を作ろう!2)連絡先を交換して、SNSでチャットしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人の友達を作る絶好の機会である、国際交流パーティーや英会話カフェ。その場で気が合うと連絡先を交換、SNSでチャットのやりとりをしたりして、本格的に友人作りが始まります。スマートなコミュニケーションの取り方と、便利な英語フレーズをご紹介しましょう。

外国人と英語で連絡先を交換する

日本ではLINEが最もよく使われているということは外国人もよく知っていて、日本に住む外国人の多くは、LINEアカウントを持っています。もしくは、FacebookやTwitterのアカウントを教えてあげるのもいいですね。例えば、こんな表現を使って聞いてみましょう。

LINEで友達になる

LINEで友達になるときは、QRコードを使うのが最も一般的。その場でつながることで、ちょっとした親近感が生まれるかもしれません。

Do you have LINE?
(LINEやってる?)

こう言うだけで、「LINEアカウント持ってる?」と聞くことになります。Do you use LINE?(LINE使ってる?)と聞くこともあります。

Let’s exchange contacts.
(連絡先を交換しましょう)

Show me your QR code.
(QRコード見せて)

Done! We’re connected.
(できた!つながったね)

connectedは「LINE上でつながっている」と同時に「(気持ちが)つながっている」というニュアンスにもなります。

Facebookのアカウントを聞く

日本の若者の間ではTwitterに人気がありますが、海外では依然としてFacebookの利用率が高いようです。Facebookで友達になって、Messageを交換し合いましょう。

Can I find you on Facebook?
(Facebookであなたのこと見つけられるかな?)

「Facebookの友達リストにあなたを追加したい」といった意味で、Can I add you on Facebook?と聞くこともあります。

(名前リストを見て)Is this you?
(これがあなた?)

I’ve sent you a friend request. Please accept it.
(友達申請送りました。承認してね)

日本語の「申請(する)」がrequest、「承認(する)」がacceptです。

Now we are friends.
(これで友達だね)

▼会話例

A: Do you have LINE?
(LINEやってる?)
B: Yeah. Let’s exchange contacts.
(うん。連絡先を交換しよう)
A: Show me your QR code.
(QRコード見せて)
B: Here.
(ほら)
A: Done! We’re connected.
(できた!つながったね)

SNSを使って、外国人と英語でチャット

連絡先を交換しても、「本当にメッセージ送ってもいいのかな?」「相手から来るのを待ったほうがいい?」など、いろいろ悩んでしまうかもしれませんね。何気ないメッセージなら、いつでも自分から送って大丈夫です。

最初のメッセージ

最初にメッセージを送るときは、ちょっと緊張しますね。さり気ないあいさつをしつつ、相手が自分のことを覚えてくれているか確認してみましょう。

Hi, This is Maki. I met you at XXX party.
(こんにちは。XXXパーティーで会ったマキです)

How are you?
(元気?)

Nice meeting you there.
(会えてうれしかった)

Nice to meet you.が「初めまして」。過去に会ったときのことを言うには、Nice meeting you there.と、-ing形を使います。

Hope you’re having a good day.
(いい日だといいんだけど)

相手の様子を聞くための、あいさつの一種です。短くHaving a good time?(楽しくやってる?)としてもいいでしょう。

身の回りのことを話す

その日起こったことなどを書いて送りつつ、相手が話に乗ってきてくれるかどうか様子を見ます。最初に会ったときに共通の趣味や好みがわかっていれば、そのことについて話してみるといいでしょう。

It’s getting warmer lately.
(最近、暖かくなってきたね)

「~になる」と言うには、「get+比較級」を使います。

I’m having lunch with my friends.
(友達とランチ中)

I’ll go see a movie tonight.
(今晩は映画見に行く)

会話ではgo to seeをgo seeと短く表現することがあります。

How’s your day?
(今日はどんな日?)

Have you seen any good movies?
(何かいい映画見た?)

▼会話例

A: Hi, This is Maki. I met you at the TYO party.
(こんにちは。TYOパーティーで会ったマキです)
B: Hi, nice to hear from you.
(こんにちは、連絡くれてうれしいよ)
A: Nice meeting you there.
(会えてうれしかった)
B: Same here.
(こちらも)
A: I’m having lunch with my friends. How’s your day?
(友達とランチ中。今日はどんな日?)
B: Not much. Maybe I’ll go see a movie tonight.
(特に。今晩は映画見に行くかも)

嫌われるメッセージは?

日本人同士では割合丁寧なやりとりが好まれますが、外国人相手にSNSでやりとりをするときは、互いの状況を細かく確認することなく、簡潔なメッセージを送ったほうがいいようです。例えば、以下のようなメッセージは省略してしまってかまいません。

Do you remember me?
(私のこと、覚えていますか?)

Do you have time to chat?
(チャットする時間ある?)

Hope I’m not bothering you.
(邪魔じゃないといいけれど)

Hope we can talk sometimes.
(時々お話しできるといいんだけれど)

まとめ

返事が来ないときは、相手が忙しいか興味がないものと思って、あきらめてしまったほうがよいでしょう。逆に、テンポよく返事をくれるようなら、そのうち週に何回かメッセージをやりとりする、「友達」と呼べる存在になるかもしれません。SNSで話がはずみ、会って出かけるというシチュエーションになることもあります。それでは次回は、「会う約束をして、実際に会った時の英会話」をご紹介します。

英語をはじめたくなったら、
オンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する