あれって英語でなんて言えばいいんだっけ…困ったとき使えるとっさの英会話フレーズ【トリリンガルエリカのSimple English Vol.10】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。エリカです。皆さん、オンライン英会話は楽しんでいますか?やってみたいけど、まだ重い腰が上がらなくて、、という方もいらっしゃるかもしれません。そこで、このレッスン用フレーズ編では、レッスン中に講師とやりとりするときに使えるフレーズを紹介していきます。

言いたいことが表現できない、ということを伝えるためのフレーズ

I can’t think of what to say.
(言いたいことが思いつきません。)

I can’t think of it right now.
(すぐには思いつきません。)

I don’t really understand the meaning of your question.
(質問の意味がよく理解できません。)

It’s hard to express myself in English.
At my level of English, I am not always able to express myself well.

(私の英語のスキルではうまく表現できません。)

I understand your question, but I am not sure how to answer.
(理解はできるのですが、何と答えていいのか分かりません。)

言いたいことをどう伝えればいいかを質問するフレーズ

How do you say that in English?
(それを英語でなんと言いますか。)

How would you say that?
(あなたならどう言いますか?)

I’m not sure how to say this, but I’ll try. Please correct me when I’m done.
(どうやって言えばいいのか分からないのですが、言ってみます。正しい文にしてもらえますか?)

What word did you say before/after ~?
(~の前(後)に言った単語はなんですか?)

まとめ

レアジョブでは、日常のあらゆるシーンをベースに、使える英語をレベルに合わせて楽しみながら学べる「実用英会話」教材シリーズを用いてレッスンを行うことができます。

「~しなければならない」や、誘いを断るときの言い訳などの言い回しやフレーズは、レアジョブの実用英会話Level4 Chapter 1で扱っています。
教材はこちら

英語をはじめたくなったら、
オンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する