外国人もはまった!日本の代表的なお菓子を英語でレコメンドしてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人にとって、アニメとは日本の代名詞。日本の文化は歴史を重んじつつも新しい時代のニーズに合わせて変化していくポップカルチャーが特徴です。

実はお菓子も、海外では高く評価されている日本独特の文化ということをご存じでしたか?
私たちにとっては馴染みの深い日本のお菓子を外国人へ紹介するときの例文フレーズや、改めてたどる日本のお菓子の歴史背景などについてまとめました。

海外のお友達にも、私たちの周りにいつもある日本のお菓子を紹介して、日本の文化に触れてもらいましょう。

日本のポッキーはお菓子のイノベーションだった!

ポッキーと言えば日本人なら誰でも知っている江崎グリコの代表的なお菓子。
ポッキーは1966年に世界では初めての棒状チョコレート菓子として販売されるというセンセーショナルなデビューを飾ったお菓子です。

チョコレートなのに手が汚れない持ち手付きの新感覚スナックは、折れる時に「ポキン、ポキン」という独特の音が鳴ることからポッキーと名づけられました。

グリコは、タイ、フランス、上海にも会社を設立し多彩なフレーバーやテクスチャーを追加し季節限定盤から地元フレーバーまで日々進化を続けています。

11月11日をポッキーの日に制定し、より多くの人にポッキーを分かち合ってもらおうと、「シェアハピネス」をスローガンに今も地道な努力を促進しています。

ポッキーを始めて聞く人に紹介したい時のフレーズ

ポッキーは今では世界でも有名な日本のお菓子として知られています。ポッキーの独特の形状や触感は、食したことがない海外の人にとってちょっとショッキング。
あなたがポッキーを始めて紹介する時に使える英文フレーズをご紹介します。

A: Hey. Have you ever tried Pokey?
(ポッキー試したことある?)
B: What is that?
(なにそれ?)
A:Pokey is Japanese snack. It looks like a straight pretzel covered with chocolate.
(ポッキーは日本のお菓子。真っすぐなプレッツェルにチョコがかかってる感じ。)
B: I have never tried that.
(試したことないな。)
A: It is a one of Glico’s original products. You should try it. It is good!
(グリコのオリジナル商品なんだ。試してみて。おいしいよ。)
B: Alright!
(わかった。)

おすすめポッキーを紹介するときのフレーズ

ポッキーは季節や地域、限定商品など様々な種類があることは皆さんもご存じかと思います。
海外から来られてお土産を探していらっしゃる方にはポッキーはおすすめかもしれません。
おすすめしたいお土産ポッキーの紹介はこんな風に。

A:What should I get for souvenir?
(お土産何にしたらいいかな?)
B: I definitely recommend you some Pokey! They have several flavors that you might want to get.
(ポッキーが断然おすすめ!買っておきたいフレーバーがいっぱい揃ってるよ。)
A: Which flavor do you recommend?
(どのフレーバーがおすすめ?)
B: I think you should get some Matcha, strawberry chocolate or region flavor.
(抹茶とか、ストロベリーチョコ、地域のフレーバーなんかもいいんじゃない。)

コアラのマーチ海外版はウォルマートでも販売!

コアラのマーチは、1984年にロッテが発売したチョコレート菓子です。コアラに型取りされた薄いビスケットの中にチョコレートが入ったさっくりした食感が特徴。現在はアメリカをはじめシンガポール、台湾、中国など10か国で販売されています。発売当時は12種類の楽器をもったコアラがマーチングしているというのがコンセプトでコアラのマーチと命名されました。

アメリカではコアラのマーチは日本の代表的なスナック菓子として市民権を獲得しているようで、英語表示になったコアラのマーチがウォルマートで販売されています。

海外では、チョコレート味とイチゴ&ミルク味のみの販売で、日本のようなバラエティは販売されていないようです。

これまでに販売されたフレーバーは、カスタードプリン、ハチミツレモン、きなこラテ、ソフトクリーム、ココア&ミルクなど盛りだくさん。
2018年度版は27都道府県のパッケージでクイズも楽しめるキャラメル味が新登場。

日本の定番スナック菓子として多くのひとに愛されるキャラクター商品です。

コアラのマーチの種類を説明するときのフレーズ

コアラのマーチは日本のスナック菓子の代表として海外でも人気があります。日本に来たことがない方は、コアラのマーチの種類の多さに驚かれることでしょう。毎回楽しみな新しいフレーバーの紹介を英語でいってみましょう。

A:Do you know the newest flavor of Koara’s march?
(最新のコアラのマーチ知ってる?)
B:No!
(しらない。)
A:They have the region version of Koara’s march in 2018. It is caramel flavor.
(2018年は地域版のコアラのマーチがあるのよ。キャラメル味でね。)
B:Oh my goodness. I must get that one!
(え、なんてこと!絶対ゲットしなくっちゃ!)
A: Not only that, we have cocoa&milk,too.
(それだけじゃなくって、ココアとミルクってのもあるのよ。)
B: I am so jealous of you. I really want to get all flavor of Koara’s march!
(すごい羨ましい。全部のコアラのマーチ集めたいわ!)

パッケージの違うコアラのマーチの紹介フレーズ

コアラのマーチは通常6角形の小さな箱に入っていますね。日本では分けやすい袋入りタイプや、お土産サイズにピッタリなミニパックなども取り揃えています。海外の方にパッケージ違いのコアラのマーチも紹介してあげましょう。

A: I want to get some Koara’s march for myself, but the box will be crushed in my suitcase.
(コアラのマーチを自分用に買いたいんだけど、スーツケースで潰れちゃうな。)
B:Oh, don’t worry. You can get some Koara’s march in a plastic package.
(ああ。大丈夫。プラスチックの袋に入ったコアラのマーチにすればいいんじゃない。)
A:What? I didn’t that they have one like that.
(何?そんなのあるの知らなかった。)

じゃがりこはビールのおつまみに最高!

じゃがりこは、1995年にカルビーから発売された棒状のジャガイモを棒状にして揚げたスナック菓子。カリカリとした食感は子供のおやつにも大人のビールのお供にも最適なお菓子です。

カップに入った手軽さは、当時流行していたルーズソックスの女子高生達がカバンに入れて持ち歩けるサイズがモチーフとなったようです。現行の定番フレーバー7種を含め過去の限定品もあわせると、なんと75種類のじゃがりこが世に送り出されています。

カルビーのヒット商品かっぱえびせん、ポテトチップスに続く大ヒットとなったじゃがりこの名前の由来はとってもユニーク。社内で検討された「スリムポテト」や「ポテッキー」などの候補を押さえてじゃがりこになったのは、社員の一人が「友人のリカコさんが美味しそうに食べた」というコメントがきっかけ。じゃがいもリカコがじゃがリカコに縮まり、最終的に「じゃがりこ」になったんだそうです。

じゃがりこは海外では発売されていない日本限定のお菓子。外国の方にはビールのおつまみにとお土産にされる人が多い人気商品です。

じゃがりこの名前の由来を紹介するフレーズ

日本語は海外のひとにとって発音が難しい言語です。名前が付けられたユニークな背景などを説明するととても楽しい会話に広がります。
博学のあなたの知識を英語でぜひ説明してあげてください。

A:Jagariko? What does it mean?
(じゃがりこ?どういう意味?)
B:Jagariko is the made-up word for this snack. Somebody gave this snack to the lady named RIKAKO.
(じゃがりこはこのお菓子のために付けられた造語。リカコさんて女性にお菓子をあげたの。)
She really loved this potato snack. They name it after her to combine with Jagaimo which is potato.
(リカコさんが凄く気に入ってね。リカコさんの名前にちなんでジャガイモと結びつけたってわけ。)

じゃがりこのおすすめを紹介するフレーズ

じゃがりこは海外で販売されていませんので、日本独特のフレーバーや期間限定も海外の人には喜ばれます。ご自分の好きなフレーバーや特徴を説明してあげましょう。

A:Jagariko is fun snack. Do you wanna try something new?
(じゃがりこってとっても楽しいお菓子なんだよ。新しいのに挑戦してみる?)
How about Tarako butter flavor which is pollock roe with butter.
(たらこバターってのはどうかな?)
B:Ooh, it sounds really interesting.
(ええ…それ面白そう。)
A: I know! It might be little bit salty for you, but it taste good!
(そうでしょ!ちょっとあなたには塩辛いかもしれないけど、美味しいよ。)
Actually, this is my favorite one.
(実はね、私の一番好きな味。)

ハイチュウはレッドソックス田島選手がキーパーソン!

1975年に誕生した新感覚のソフトキャンディは今アメリカでも人気を博しています。森永製菓が開発したハイチュウは、真ん中にフルーツ味をサンドした今までにない食感の柔らかいキャンディで、高度成長期に流行した「ハイ」をとってハイチュウの名前が付けられました。

これまでに販売された種類は全部で165種類。日本生まれのハイチュウがアメリカのコストコでも特大サイズで販売されるようになった火付け役は、レッドソックスの田島選手だと言われています。試合中の緊張をほぐし、集中力を高めるためにハイチュウは欠かせない存在だったようです。メジャーリーガーの間でハイチュウファンが急激に増え、森永はサンプル生産からスタートし今ではハイチュウはアメリカの人気キャンディに引けを取らない売り上げを誇る商品に成長したようです。

YouTubeにもハイチュウファンたちが各国のフレーバーを紹介する動画がアップされたりと、ハイチュウブームが高まっています。

ハイチュウの食感を英文で表現してみよう

ハイチュウは何といってもその独特のソフトな食感が特徴のキャンディです。ハイチュウファンならきっとこのおいしさを言葉で表現したくなりますね。
英語でこのおいしさを伝えたいならどういうのが適当なのでしょうか?

A: I like Hi-Chew so much. It is very soft and chewy at the same time. It melts in my mouse.
(ハイチュウたまらなく好きなんだよね。ソフトで歯ごたえがあって。口の中で溶ける感じ。)
B: I totally agree with you. It tastes so good. I can’t stop eating.
(めっちゃ同感。美味しいよね。食べるの辞められない。)

日本にしかないハイチュウのおすすめフレーズ

日本のお菓子はファンを飽きさせない工夫がいっぱい。季節限定や期間限定はファンにとっては待ち遠しいアイテムですよね。日本には四季ならではのフレーバーが人気。海外の方にも日本限定フレーバーをおすすめしてあげましょう。

A:Do you have a watermelon flavor Hi-Chew in your country?
(君の国にスイカのハイチュウある?)
B:No, I have never heard of it.
(ないよ。聞いたこともない。)
A:Oh, Please try it. It is only for this season. You don’t want to miss that.
(じゃあ、絶対試してみて。この期間限定なのよ。絶対見逃す手はないわ。)
B:Oh, nice!
(おお。凄い!)

まとめ

日本のお菓子に関連する英語表現についてご紹介しました。日本の文化はアニメにもあるように世界に共通する分野でありながら独自の発展を遂げてきたという特徴があります。
お菓子の世界でも、同じような素材やテクスチャーでありながらどこにもない日本独特のテイストがいま世界でも注目されています。
海外から日本に来た人と、素晴らしい日本の食文化の一環としてお菓子の説明や楽しい会話ができたらいいですね。
食をテーマとする会話はとても話がしやすいので、堅苦しく考えずここでご紹介した例文を参考にぜひ会話の幅を広げてみてください。

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する