英文メールの結びにはなんて書けばいい?ビジネスからカジュアルまで「よろしく」や「敬具」に代わる結びの英語表現まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語でメールをする場合結びのフレーズといえば、「よろしくお願いします」が一般的ですね。英語にもこれに相当する「Sincerely」や「Regards」といった結びの言葉がいくつか存在します。場面によって使い分けるとピッタリくる結びの英語表現を、ビジネスからカジュアルまでシーン別にご紹介していきます。

ビジネスでの英語メールで使える結びのフレーズ

ビジネスシーンで使われる結びは、メールを送る相手によって内容は異なります。ここでは面識のない相手に対して相応しいフォーマルな英語表現や、丁寧な印象を与えるビジネス英語フレーズを見ていきましょう。

面識のないクライアントや上司へは「Sincerely」

英語で送るメールの場合、日本のビジネスシーンでやり取りされるような堅苦しい言い回しは用いられないが一般的です。

しかし、初めてやり取りをするクライアントなど面識がない人が相手の場合は、丁寧な言い回しで結びたいですよね。そんなときに使えるのが「Sincerely」です。日本語でいうところの「敬具」という意味に相当します。

すでに面識はあってもまだ気の置けない相手には「Yours sincerely」あるいは「Sincerely yours」と、yoursをつけるとよいですよ。「Yours sincerely」は「Sincerely yours」よりもやや堅い印象を与えるので、相手によって使い分けてみましょう。

英語で送るメールでは、基本的に日本のビジネス文章のような堅苦しい言い回しはあまり常用されません。日本人が好んで用いる「Sincerely」は心から敬意を表すといった意味で、とてもきっちりした印象を与える結びです。特に初めてのクライアントや面識のない上司など、気が置けない相手に適切な表現といえます。「Sincerely yours」ということもありますがyoursを付けることで面識がある人にしか使えないことと、「Yours sincerely」よりも多少柔らかい印象になりますので、認識して使い分けをしてみましょう。

丁寧に言いたい時の「Best regards」

「Sincerely」よりもスタンダードに使われるのは「Best regards」。「Regard」は、気に掛ける、敬意という意味をもち、最高の心遣い、敬具といったニュアンスのフレーズとなります。かしこまるほどではないけれど、丁寧に対応したいというシーンで使える結びのフレーズです。

感謝しますに相当する「Many thanks」

一見カジュアルに感じられる「Many thanks」ですが、ビジネスシーンの「Thank you in advance」や「Thank you very much」の短縮形のような結びのフレーズで、ネイティブによく使われる締めの言葉です。

カジュアルな英語メールで使える結びのフレーズ

結びの言葉は前述と同様に、メールを送った相手との関係性によって、使うフレーズは変わります。ここでは普段使いに便利な結びの英語フレーズを見ていきましょう。

じゃあねの意味で使われる「See you around」

同僚や友達など、気軽に対応できる仲間には「See you around」(またね、じゃあね)といったカジュアルな結びの言葉がおなじみです。「Thanks」でも通用するけれど、もっと親しみを込めたい時に便利なフレーズです。

気を付けてね「Take care」

メールに限らず、会話でもよく使われる「Take care」は、メールの結びでもよく使われます。さよならの代わりにも用いられる、これも一般的な英語表現です。

ハグをあなたに「Hugs」

日本には抱き合う習慣がないのでピンとこないかもしれませんが、海外では友達から恋人まで、親しい仲間同士での抱擁は、あたりまえの習慣です。「Hugs」という結びのフレーズは、「Love」と似た感覚で使えます。相手との距離を近づけたいや、もっと愛情を伝えたいシーンで使うと、ぐっと距離が縮むことでしょう。

しばらく会わない人には「All the best」

「All the best」はしばらく会わない友人や同僚に送る結びのメール表現。日本語の「これからがんばってね」のようなニュアンスで伝わります。「Best regards」に近い意味合いですが、よく知らない相手に使うと白々しく受け取られる可能性もあるので、送る相手を考えて、使う必要があります。ビジネス上ではあまり使われないので、使い分けてくださいね。

日本語では一般的な「よろしくお願いします」を英語のメールでいうとどういう?

日本語の定番フレーズ「よろしくお願いします」は便利な表現ですが、英語の直訳ではこのような言い回しがありません。

基本的には前述でご紹介した結びのフレーズが適していますが、「よろしくお願いします」のようなニュアンスを伝えたいときもありますよね。そんなときに使えるフレーズを、シーン別にご紹介します。

仕事の相手、同僚に「これからよろしくお願いします。」

これからプロジェクトをともにする同僚や、取引を始めるクライアントなど今後も引き続き仕事のお付き合いがあるというようなシーンもありますね。そんなときこそ挨拶の最後に「これからよろしくお願いします。」と言いたいもの。同じような意味合いを英語で伝える場合は、「look forward 」や「 do great business」のような表現を用いたフレーズが適当です。

It’s nice to be working with you.
(一緒にお仕事できてうれしいです。)

I am looking forward to working with you.
(一緒にお仕事するのを楽しみにしています。)

I hope that we will do great business together.
(一緒に素晴らしいビジネスを築いてくことを期待しております。)

「●●の件お願いします」と相手にお願いしたい時の「よろしくお願いします。」

ビジネスメールでは必要な資料、ファイルなど送ってほしいものをお願いしたり、業務の対応をお願いしたりする機会があります。こんな時には「attention」や「take care」を活用してニュアンスを伝えましょう。

We appreciate your prompt attention to this matter.
(ご対応いただきまして感謝いたします。)

Please take care of this issue.
(こちらの案件のご対応お願い致します。)

メールの確認を「よろしくお願いします。」

日本ではメールの内容がOKかどうか確認してください、のような意味で「よろしくお願いします。」を使いますよね。そのような場合、英語では「check」や「attention」を用いて表現します。

Please check it.
(確認よろしくお願いします。)

Thank you for your attention.
(以上よろしくお願い致します。)

Thank youだけではぶっきらぼうかな?と思ったときの「よろしくお願いします。」

英語は具体的な内容を伝えないでニュアンスを表現することが難しい言語ですので、ほとんどの場合「Thank you 」「Thanks」ですべてが完結します。しかし日本人にとってなんとなくぶっきらぼうで物足りないと感じるのも当然のことでしょう。そんなとき一言加えたいなら英語では「 appreciate 」や「help」の単語を使って以下のように表現しましょう。

Thank you for your help. / Thank you for your corporation.
(ご協力ありがとうございます。)

Thank you in advance.
(よろしくお願いいたします。)

We really appreciate it.
(感謝いたします。)

まとめ

英語で伝える結びのフレーズをご紹介しました。日本語では特にビジネスの場合「お忙しいとは存じますが、よろしくお願いします。」や「恐縮ですが、ご対応よろしくお願いします。」など相手への気遣いを表現して応対することがマナーとされています。

英語でのシーンではそのような習慣はありませんので、「Thank you」の一言にすべてが含まれていると認識されますし、失礼だと思われることもないでしょう。

今回の表現は日本語らしい丁寧さと文化の違いを表現する上で便利なフレーズですので、相手にあわせてふさわしい表現を使い分けてみてくださいね。全てを使いこなそうと気負わずに、シーンや相手に合わせて使ってみてください。

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。