仕事を表す英語 “work” “job” “task”をどうやって使い分ける?仕事に関連した便利な英語フレーズ紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事を表す英語ときいて皆さんは何を最初に思い浮かべますか?「Job」それとも「Work」?
仕事といっても英語表現にも様々な意味と使い方があります。仕事に関する英語の使い分けや関連する英語表現などについて詳しくご紹介します。

仕事・職業を表す英単語の使い分け

英語の単語に「仕事」を表すものはたくさんあります。「work」「job」「task」というように単語の表す定義によって使い分けをする必要があります。ここでは各単語の意味や使い方の特徴などについて解説していきます。

<仕事・職業を表す代表的な英単語>
– work
– job
– task
– business
– occupation
– labor
– responsibility

「work」

「work」は仕事・働くこと全体を意味する単語で、Jobよりも広義の仕事を意味します。目標を成し遂げられる事柄に使われる単語で、肉体的・精神的な労働・努力を表現するのに使われます。必ずしも金銭が関与している労働を意味するものではなく、公共での共同作業・活動などにも「work」を使うことができます。

work(名詞/不加算):仕事・作業・勉強・作品
work(動詞):働く・働かせる・利く・機能する

「job」

jobは、名詞で職業を意味し、基本的にはお給料や報酬が発生する作業やノルマのことを指します。jobは総括した仕事というよりも、具体的な職業を説明したり、定義したりするときに使われます。良く聞くフレーズに「 part-time job」日本語ではアルバイトやパート、「full-time job」正社員といった使い方があります。また就職活動もこのjobをつかって「job hunt」や「 job search」というのが一般的です。

「task」

Taskは名詞と動詞があります。割り当てられた具体的な作業や、制限期間内に終えるべき作業や任務を表現するための単語です。報酬がある無しに関わらず、義務的に達成するものを表現する時に使用されます。

task(名詞):業務・課題・任務・作業・骨の折れる仕事
task(動詞):課す・任務を与える・酷使する

「business」

businessは名詞で、商業事業、会社組織、取引やミッションという意味で使う言葉です。「finance business」ファイナンス業や「 wholesale business 」卸売業など業界全体を総称する使い方が一般的です。

「occupation」

occupationは人が関与する活動という意味で、「主として従事していること」すなわち「本業となる職業」を指します。少し硬い表現になるので、会話で頻用されることは少なく、文章や書類、公式文書などで使われることが多いです。国際線で入国の際に記入する入国カードに「職業」としてある項目名にも「occupation」が使われています。
また、医師・弁護士といったようなより専門性の高い職業を表す「profession」という単語もあります。

「labor」

laborは、骨の折れる作業や労働というイメージで使われる名詞と労力を発揮するといった意味の動詞と形容詞があります。日本の勤労感謝の日にあたる「labor day」や「department of labor」労働省、「labor in the fields」農作業に精を出すのような使い方ができます。

「responsibility」

responsibilityは、責任、任務などを意味する名詞です。仕事に必要とされる意識という観念で就業には欠かせない姿勢といえるでしょう。

「job」を使った英語フレーズ

前述でもご紹介したようにjobは仕事の種類、内容そのものを表現することが多い名詞です。jobを使った英語フレーズのついて見てみましょう。

job search(就職活動)

I need somebody to help me with a job search.
(だれか就職活動手伝ってくれる人いないかなあ。)

good job!(よくできた)

I really did a good job on this project.
(ほんとにこのプロジェクトよくやったよ。)

on the job(仕事中)

He’s on the job now and can’t see you for a while.
(彼は仕事中なのでしばらく会えません。)

a desk job(事務職)

What kind of job do you have?
(どんな職業なの?)
It’s a desk job.
(事務職です。)

「work」を使った英語フレーズ

Workは仕事や業務全体を表す名詞と、仕事をする、働くという動詞で使うことができます。例文で使い分けかたを見ていきましょう。

hard work(大変な仕事)

Teaching kids are actually hard work.
(子どもを教えるのは結構大変な仕事ですよ。)

road works(道路工事)

R42 is closed because of road works.
(42号線は道路工事で通行止めです。)

go to work(仕事に行く)

I have to go to work tomorrow.
(明日は仕事です。)

get to work(仕事に就く)

Let me get to work, it’s getting late.
(遅くなってきたし、仕事にかからせてね。)

work(仕事をする、働く)

Are you busy?
(忙しい?)
I am working now.
(今仕事中です。)

She works as a nurse.
(彼女は看護婦として働いています。)

He works at the bank.
(彼は銀行で働いています。)

This machine works with compressed air.
(この機械は圧縮空気で作動しています。)

「task」を使った英語フレーズ

taskは前述でも触れましたが、制限期間内に終えるべき作業や任務のような意味があります。名詞では作業、業務、任務、課題などと訳され、動詞では任務や仕事を課されるというような使い方が一般的です。例文で使い方を見てみましょう。

a simple task(単純な業務、作業)

It was just a simple task.
(それはごく単純な作業でした。)

accomplish a task(任務を完了する)

I can go out after accomplishing this task.
(この業務がおわったら出かけられるよ。)

turn in a task(課題を提出する)

I will turn in a task by next Wednesday.
(次の水曜日までに課題を提出します。)

task(仕事を課せる、酷使する)

I tasked him with looking after the children.
(彼に子どもたちの面倒を見る仕事を課せた。)

I was tasked with sorting a pile of invoices.
(山の様な請求書の処理を課せられた。)

名詞で使う「business」「occupation」「labor」「responsibility」の英語フレーズ例

business

I started a vendor business last year. It’s been going very well.
(去年ベンダー業務をはじめました。とてもうまくいっています。)

occupation

My occupation is a professional singer.
(私の職業はプロの歌手です。)

labor

Our team labored day after day for this project.
(プロジェクトのためにチームは来る日も来る日も働いた。)

responsibility

There is a huge responsibility to achieve the goal this month.
(今月の目標達成のために莫大な責任を抱えている。)

まとめ

仕事を表す英単語別表現をご紹介しました。代表的な3つ「work」「job」「task」は会話でも非常によく使われる頻出単語です。使い分けのコツとして、job=名詞のみ、work=何らかの動作に関わる、task=義務的な作業というように大まかな分類をしておくと良いでしょう。また各単語で覚えやすい慣用句や短い例文を暗記しておけば、アレンジを加えてフレーズの幅を広げることができそうですね。今回の英語フレーズを参考にぜひ活用してみてくださいね。

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。