TBD、TBAの意味は?場面別に使える英語の略語を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TBDやTBAなど、英語には数え切れないほどたくさんの略語があり、チャットやSNSの入力速度を上げたり、文字数が多く長くなる表現を簡略化する目的で日常的に頻繁に使われています。今回はビジネス・日常のシーン別によく使われる英語の略語について解説します。英語の略語を上手に使ってコミュニケーション力をアップしましょう!

英語の略語について解説!

英語の略語とは?

ビジネスシーンでは、資料やメールなどで良く使われている略語。日常のシーンでも、SNSでコメントを書いたり、チャットでメッセージを送ったりする時に頻繁に使われます。英語の略語のパターンには大きく分けて2つのパターンがあります。

・フレーズの頭文字が使われている
・単語が縮められている

どんな時に使われる?

日本語と同じように、主にメール、チャットやSNS上のコミュニケーションで使用されますが、中にはそのままアルファベットを発音して会話で使われるものもあります。ほとんどの場合はチャットやコメントの入力スピードを上げたり、文字数を減らすために使用されます。

ビジネスで使われる略語の例と解説

ビジネスでよく使われる代表的な英語の略語と例をいくつかご紹介します。特に最初の3つのTBD/TBA/TBCは混乱しやすいので気をつけましょう。

企画書や資料

・TBD (to be determined)
意味:未定、未確定。
まだ決定事項でない場合に使用します。

Price and availability are still TBD.
(金額と利用可否は未定)

・TBA (to be announced)
意味:後日発表。内容は決定されているが、正式発表がこれからの場合に使用します。

Participants – TBA
(参加者:後日発表)

・TBC (to be confirmed)
意味:確認中
決定され、さらに発表もされていても、変更の可能性があり、最終確認がこれからの場合に使用します。

Full details of the schedule is TBC
(スケジュールの詳細は確認中)

・N/A (not applicable, no answer)
意味:該当なし、回答なし
アンケートの項目に回答しない場合や、データに該当する数値がない場合に空欄にせずこれを記入します。

・FYI (for your information)
意味:ご参考まで

FYI, 50% of our sales profit comes from our regular customers.
(ご参考までに、我が社の売上利益の50%は常連客からのものです。)

メールやチャット

・EOM (end of message)
意味:メッセージ終了
メールの件名に用件を記入し、一番最後にこれをつけることで、開かなくてもメッセージを見てもらえます。仕様の際は、件名が長くならないよう注意が必要です。

Please reschedule my meeting to tomorrow. Thanks! EOM
(ミーティングを明日に変更してください。ありがとう!メッセージ終了)

・ASAP (as soon as possible)
意味:できるだけ早く
返信や何かして欲しいことを急いで行ってもらう時に使います。

Please confirm the time and venue asap.
(時間と場所をできるだけ早く連絡してください。)

・RSVP (Respondesz s’il vout plaiît)
意味:返信してください。
フランス語の文ですが、英語圏で広く使われています。特にパーティーやイベントの招待状で参加の可否の返事を欲しい時に使います。

Team party at Club D at 6pm on 5 Jun. RSVP by 25t May
(チームパーティーが6月5日午後6時よるクラブDで開催されます。5月25日までに返信してください。)

日常生活で良く使われる略語の例と解説

FB(フェイスブック)やインスタグラムの英語のフォーラムやコメント、友人同士のチャットでによく使われる略語には次のようなものがありますので、覚えておきましょう。

SNS

・thx (thanks)
意味:ありがとう
Great pics! Thx

・HB (Happy Birthday)
意味:お誕生日おめでとう
特定の友達宛の投稿やチャットでこれだけ一言入れます。

・F (following)
意味:フォロー中
FBのコメント欄で非常によく見られます。フォーラムなどの投稿に対して多くのコメントが載っていて、自分が興味ありその成り行きを見たい場合、コメント欄に一言Fとだけ入れます。

・LOL (laugh out loud)
意味:爆笑
コメントや返事が面白い場合、この一言だけ書いたり、文の途中に使います。

LOL, my bday is next month!
(ははは、私の誕生日は来月よ!)

・BFF (beast friends forever)
意味:一生の親友

Shelly is my BFF
(シェリーは私の大親友よ)

・RIP (rest in peace)
意味:安らかに眠れ
誰かが亡くなった時の一言コメントとして使います。

・FOMO (fear of missing out)
意味:取り残されることへの恐怖
パーティーなどに参加できず、取り残されることへの不安感を表します。

I’m literally exhausted but I’m coming! FOMO.
(めちゃくちゃ疲れてるけど行くね!話題に乗り遅れたくないから!)

恋人や友達と

・luv u (love you)
意味:愛してる

・K (OK)
意味:オーケー
OKと書く代わりに使いますが、この一言で返信されるのが嫌な人もいるので要注意!

・BS (bullshit)
意味:でたらめ、嘘
チャットだけではなく、会話でもそのまま「ビーエス」と発音して使われます。

What!? It’s a BS!
(なんだって!?デタラメだよ!)

・idk (I don’t know)
意味:知らない、わからない
何か聞かれて知らない時にこれを一言返信します。

・g2g (got to go)
意味:行かなくては

Can we chat later? g2g
(後でチャットできる?もう行かなきゃ)

・OMG (Oh my god)
意味:オーマイゴッド!なんてこった!

OMG! I lost my wallet!
(なんてこった!財布失くしちゃったよ!)

・2moro (tomorrow)
意味:明日

I’ll bring it to you 2moro.
(明日持ってくね)

使用に注意が必要なもの

いわゆるFワードを使ったものがたくさんありますが、極親しい友人や本当に頭にきた時だけに使うようにしましょう。友達同士だとジョーク的に軽く使われたりもします。大人の女性は使用を控えた方が無難です。

WTF (what the fuck)
意味:信じられない、何だって!?
使い方によって意味が多少変わりますが、驚きを示す時に使われることが多いです。

WTF? Did she just accuse me of not inviting her?
(何あれ?彼女を呼ばなかったからって私を責めたわけ?)

Af (as fuck)
意味;とても
強調したい時に形容詞として使います。

I’m serious af.
(俺めちゃマジなんだけど)

STFU (Shut the fuck up)
意味:黙れ
FBのフォーラムや投稿のコメント欄にも見かけられますが、知らない人に対しては知っていても使うのは控えましょう。

If you don’t know what you’re talking about, then STFU.
(自分が何言ってんだかわかんないなら、黙れよ!)

略語を使う時にこれだけは気をつけよう!

・むやみに連発しない
知っていると便利ですが、連発はうっとうしさを感じる人もいるのでほどほどに使うようにしましょう。

・上司や取引先には必要最低限に
同僚には気軽に使っても大丈夫ですが、ビジネスのフォーマルな場面で略語は極力控えましょう。

・世代によって理解できないものもある
略語は主に10代、20代の若い世代が使用しています。ジョークで自分の母親が勘違いして使っている例をSNSに笑い話として載せているのを見かけます。若い人とのコミュニケーションに略語を知っているのは不可欠ですが、年代が上の人には通じないことも多いので、相手によって使い分けるようにしましょう。

まとめ

英語の略語はチャットやFB、インスタグラムなどで頻繁に使われます。「自分で使うのはちょっと…」という人でも略語を知っておくことで、何の話をしているのかわからない、ということを避けることができます。日々新しい略語が生まれているので、全て覚えるのは不可能ですが、よく見かけるものはぜひ覚えておきましょう。

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する