英語の【略語】使いこなせる? 知っておくと便利な略語に挑戦してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の少し硬い文章を読んでいるとよく見かけるのが、「,etc.」「et al.」などのことばです。一目では、何の意味か分からないですよね。これらは別のことばを省略した略語で、しかも元がラテン語だったりします。わからないのも無理はありません。読み上げるときにどう読めばいいのかわからないのも困りものですね。

実は硬い文章だけでなく、FacebookのようなSNSでも略語がたくさん使われています。「IMO」「RIP」など、見かけたことがありませんか?これ、どういう意味なのでしょうか。わからない略語があったらどうやって調べればいいのでしょうか?

今回は、そんな略語の意味と読み方を紹介していきます。

もとのことばは「stands for」で調べられる。

具体例に入る前に、略語の調べ方を紹介します。略語を自分で調べたい時には、「stands for」ということばが便利です。略語のもとになっているフレーズを探してくれます。

例えば、Mon. ということばを見かけて、意味が分からなかったとします。Mon. + stands forで検索してみると、たくさんの略語辞典がでてきます。ざっとみていくと、いちばんよく使われる「Monday(月曜日)」の意味が多くヒットするはずです。

ただし、英語はとても略称を多く使う言語ですから、関係ない例が大量にヒットすることがよくあります。「Mon.」ですと、月曜日以外に「MONitor(モニター)」や「Middle Of Nowhere(人里離れた場所)」など何十個もの単語がヒットしてしまいます。そのため、目当てのことばを見つけるのにはひと手間かかってしまうこともあります。

日常的に使う略語 曜日や日にち

まずは、日常的によく使うことばを見ていきましょう。

Mon. Monday 月曜日
Tues. Tuesday 火曜日
Wed. Wednesday 水曜日
Thur(s). Thursday 木曜日
Fri. Friday 金曜日
Sat. Saturday 土曜日
Sun. Sunday 日曜日

単語の後についている「.」は、「この単語は略語です」というマークです。フォーマルなアメリカ英語では、略語の後にこのような「.」をつけて、「この単語は略語です」と強調することもあります。
しかし、カジュアルな場面ではつけなくてもかまいません。イギリス英語では、むしろピリオドをつけないことも多いようです。必ずつける必要はありませんが、瞬時に「これは略語だ」と気づくことができるので、読み手への配慮のためにも、意識しておくといいでしょう。

Jan. January 一月
Feb. February 二月
Mar. March 三月
Apr. April 四月
May May 五月
Jun. June 六月
Jul. July 七月
Aug. August 八月
Sep. September 九月
Oct. October 十月
Nov. November 十一月
Dec. December 十二月

三文字で統一すると、表を作るときなどにきれいに見えますね。Mayだけは元から三文字なので、省略されていません。なので、ピリオドは要らなくなります。

BC Before Christ 紀元前
AD Anna Domini 紀元

紀元前・紀元も、略語になっています。ADはラテン語のAnno Domini(わが主の年)の略語となっています。このように略語の中には、ラテン語から来ているものがかなり混ざっています。

dad daddy お父さん
mom mommy お母さん
bro brother 兄弟
sis sister 姉妹

家族にも略語があります。ピリオドは付けても付けなくてもOKです。

km kilometer キロメートル
m meter メートル
cm centimeter センチメートル
mm millimeter ミリメートル
yd yard ヤード
ft feet フィート
kg kilogram キロメートル
g gram グラム
lb pound ポンド
oz ounce オンス
cc cubic centimeter cc(立方センチメートル)

日常的によく使う単位には、略称があることが多いです。キロメートルやキログラムなどは私たちにもよくなじみがありますね。一方、ヤードやフィートなど、日本で使われていない単位の場合は、戸惑ってしまうかもしれません。

面白いのは、「pound(重さの単位のポンド)」の略語が「lb」で、「ounce(オンス)」の略語が「oz」だというところです。poundはもともと、ラテン語のlibra pondo(天秤ばかり)から来ています。英語としては「pondo」部分が残りましたが、略語は「libra」の部分が残ったのですね。

「ounce(オンス)」はもともと、ラテン語のunciaから来ています。ですが、略語は古いイタリア語から借りていました。そのため、古典イタリア語の「onza」を略した「oz」が今でも使われているようです。

こうしてみると、略語にはラテン語の影響がとても大きいことがわかります。

論文などアカデミックライティングで使う略語

論文や、硬い文章を書くときによく使う略語を見てみましょう。

et al. et alii その他の人たち(and others)
etc. et cetera その他のもの(and so on)

この2つは、硬い文章ではよく出てきます。どちらもラテン語からきたことばで、「その他」という意味です。筆者やものなどを「割愛」するときに使います。ただし、実際に読み上げるときには「エトアリー」「エトセトラ」とは読みません。ちょっと気取っている風に聴こえるからです。英語で言いかえて、「and others」「and so on」と読んだ方が、自然になります。

i.e. id est 即ち(that is)
cf. confer 比較せよ(compare)
e.g. exempli gratia 例えば(for example)

硬い書きことばで使われる略語は、ラテン語から来ているものが多くなります。「これは日常会話ではなく真面目なトピックだよ!」ということをはっきりさせたいとき、英語ではラテン語を使うようです。これらも、実際に読むときには英語読みにした方がいいと言われています。

カジュアルな略語

ラテン語の硬い略語と正反対に、カジュアルな使い方をするものもあります。ASAPや、lolなど、日本でも使われ始めたものも多く、みなさまも一度は目にしたことがあると思います。ここでは代表的なものをいくつかご紹介します。

2 to ~に
4 for ~に
B be be(なる・である)
U you あなた
2U to you あなたに
4U for you あなたへ
ASAP as soon as possible できるだけ早く
IMO In my Opinion 私の意見では
LOL Laughing out loud 大笑いする(w)
RIP rest in peace 安らかに眠れ
TIA Thanks in Advance 先にありがとうを言わせていただきます

数字の2や4は、発音が前置詞のtoやforと同じであることから、その代わりによく使われています。若者同士のチャットでは、youをUと書くことがとても多いです。

その他、日本語でも最近よく使われているASAPは、as soon as possibleの略語です。可能な限り早くという意味で使っています。

SNSでよく見かけるのはRIP(rest in peace)です。事故があったときなどに、追悼の気持ちを込めて「安らかにお眠りください」という意味で使います。

TIA(thanks in advance)は、前もってお礼をするという意味です。友達に頼みごとをするときなどによく使います。

このタイプの略語は、ネット上で主に使われています。新しいことばが出てくるのがかなり早く、うつりかわりを見ているだけでも楽しめます。

まとめ

略語の使い方は、学校や参考書ではなかなか習えません。ですが、生きた英語の中では、ごく自然に使われます。abbreviatiions.com のような略語の検索サイトも活用して、使いこなしていきましょう。

略語をマスターして、生きた英語を使いましょう!

参考
abbreviatiions.com
Academic abbreviations and acronyms
Why is “Pound” Abbreviated as “lb”?
50 Popular Internet Acronyms

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する