なぜ? は「Why」だけじゃない! 「How come」を使ってかっこいい英語を話してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「なぜ」という英語として「Why」以外に「How come」という表現があるのをご存知でしょうか。ネイティブが話すのを聞いたことがあるという方も、これらをどう使い分ければいいのかわからないという場合が多いのではないでしょうか。今回は「How come」の使い方や例文などをご紹介し、ちょっとこなれた、かっこいい英語を話すお手伝いができればと思います。

How comeの語源

そもそも、How comeというフレーズを習った時、「どうしてこれで『なぜ』と訳すんだろう」と思われた方は多いのではないでしょうか。実はHow comeには「語源」があり、そこに秘密が隠されています。

How comeの語源は

How did it come about that 〜?
(どうして〜になるのですか?)

これを省略した形がHow comeなのです。「come about」はここでは「起こる」という意味です。また「that 〜」はいわゆるthat 節で、〜の部分には主語と動詞がきます。この語源を頭にいれながらwhyとの違いを考えると理解がしやすくなるでしょう。では一つひとつみていきましょう。

WhyとHow comeの違い

日本語では「なぜ」と訳す「Why」と「How come」には、いくつかの違いがあります。まずはそんな2つの違いを確認してみましょう。

文法的な違い

まず、WhyとHow comeの決定的な違いは、その後ろに来る文の語順ではないでしょうか。下記の例文を見てみましょう。

Why did you go there?
(なぜそこに行ったの?)

How come you went there?
(なぜそこに行ったの?)

Whyは一般的な疑問詞の後の語順で「did you〜?」と続いているのに対し、How comeの後は「主語+動詞」の語順が続いています。
これは先程ご紹介した語源「How did it come about that〜?」に関係しています。that節内というのは、通常「主語+動詞」という語順になりますよね。実はこのthat節以降がHow comeの後ろに反映されているわけです。つまり、
How did it come about that you went there?の下線部だけが残り、

How (did it) come (about that) you went there?になったと考えるとわかりやすいでしょう。

まとめ1:Whyの後は疑問文の語順。How comeの後は「主語+動詞」の語順。

意味の違い

WhyもHow comeも「なぜ」と訳すとお伝えしましたが、この意味に関しても、全く同じものではありません。
Whyには原因や理由を求める「なぜ」以外に、「Why don’t you〜」などの形で「〜してはどうですか?」という勧誘や提案の意味もあります。

Why don’t you come and see me next Saturday?
(今度の土曜日にうちに遊びにきませんか?)

一方こういった提案・勧誘の意味はHow comeにはありません。How comeには、Whyと同じく原因理由を求める「なぜ」の意味はありますが、そこには「一体どうして…?」といった「驚き」のニュアンスがあり、必ずしも理由を求めていない場合があります。

How come you eat so much?
(一体どうしたらそんなに沢山食べられるの?)

ですので、かならず理由や原因が知りたい場合にはWhyから始まる疑問文を使うようにしましょう。

まとめ2:Whyには原因理由を尋ねる意味以外に、勧誘や提案の意味もあるが、How comeにはない。

まとめ3:How comeには驚きを含んだニュアンスがあり、必ずしも理由や原因を求めていない場合もある

How comeを使えるシーン・使えないシーン

WhyとHow comeの違いを先にご説明しましたが、特にHow comeが使われやすい場面というのがあります。How comeはご説明したように、「How did it come about that〜?」の短縮形であるため、そもそもカジュアルな印象があります。ですので口語では頻繁に用いられる使いやすい表現です。

How come you aren’t taking me?
(どうして私も連れてってくれないの?)

また、必ずしも理由や原因が知りたい訳ではなく、ただ驚きを表現したい場合や、独り言などでも用いられる事が多いでしょう。相手の行動を責めるようなニュアンスが含まれている場合もありますので注意が必要です。

How come you made such a mistake?
(いったいどうしてそんなミスをしたの?)

How come I’m so angry?
(なんで私、こんなに怒ってるんだろ?)

上記のように、カジュアルなシーンでは活躍するHow comeですが、多用には注意が必要です。ビジネスシーンや文章などでは、くだけた印象を与えるHow comeは使用を避けましょう。一方Whyはカジュアルだけでなくフォーマルな場面でも使用が可能ですので、ビジネスの場面や目上の人にはWhyを使うのが無難です。

まとめ4:How comeはカジュアルな場面のみ。Whyはカジュアルもフォーマルも両方OK!

How comeの例文集

最後に、How comeをうまく使いこなすために、いくつかの例文を復習を兼ねてご紹介したいと思います。これらの例文でHow comeのニュアンスに慣れていただき、友人や知り合いとの会話で是非ネイティブらしさを出してみてくださいね。

She’s moving to Alaska. – What?! How come?
(彼女、アラスカに引っ越すんだって。− え?!いったいどうして?)

I didn’t even eat breakfast today. – Really? How come?
(私今日、朝ごはんすら食べてないよ。− マジ?なんで?)

How come Dave is home? Is he sick or something?
(どうしてデイブが家にいるの?病気か何か?)

How come Mrs. Craig know my name?
(いったいどうしてクレイグさんが僕の名前を知ってるんだ?)

解説:上記の例文はどれも「一体どうして」という驚きを表現しています。またもちろんインフォーマルな場面での発言ですよね。

How come I can’t make her happy?
(どうして僕は彼女を幸せにできないんだろう。)

解説:上記の例文は「どうして」といいながらも、誰かに理由を求めているというより、自問自答しています。こういった「必ずしも理由を求めないHow come」も存在します。

How come you are so late?
(なんでこんなに遅れるの?)

How come you ordered so much food?
(どうしてそんなに沢山の食べ物を注文しちゃったの?)

解説:上記の2文は、一体どうして、と驚きを表しながらも、かつ相手を少し責めたニュアンスが含まれています。How comeにはこうした挑発的な意味もありますので注意しましょう。

まとめ

ネイティブが頻繁に使うHow comeは、Whyに比べて「驚き」を含んだニュアンスがあります。また「なぜ」と言いながら、必ずしも原因や理由を求めていない場合も。こうしたWhyとの微妙な違いを確認し、How comeを会話に正しく取り入れることで、ネイティブらしいかっこいい英語にまた一歩近づくことができますよ。

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。