犬がワンワンと鳴くのは日本だけ?驚き英語の動物の鳴き声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動物の鳴き声は、実は国によってさまざま。例えば犬や猫など身近な動物ひとつとっても、「国によって聞こえる音がこんなにも違うのか」とおどろくほど意外なものも多くあります。今回はそんな動物の鳴き声を紹介したいと思います。実際の動物の鳴き声を想像しながら、英語で鳴き声を声に出してみると楽しく読み進めていくことができます。

身近な動物の鳴き声

動物の鳴き方は英語で「animal sound」や「animal noise」と表現されます。まずは身近に触れることのできる動物からチェックしていきましょう。

猫 cat

猫の鳴き声は「meow meow(ミャオミャオ)」や「mew(ミュー)」と表現されます。愛らしい鳴き方は海外の子どもからも人気で、猫の鳴きまねをする子どもをよく見かけます。

Tama is very meowy.
(タマはよくニャーニャー鳴くんだよ。)

ニャーニャー鳴くというフレーズを「meowy」と表現することもできます。

犬 dog

犬の鳴き方は「bowwow(バウワウ)」や「woof(ウーフ)」です。日本の犬が「ワンワン」と可愛く吠えるのに対して、英語の犬は大型犬の大人の犬のイメージがありますね。

I can hear that my dog is barking from far away.
(うちの犬が吠えているのが遠くからでも聞こえる。)

日本語では他の動物が「鳴く」と表現するのに対して、犬は「吠える」という表現で表されます。これは英語でも同じで、犬は「bark(吠える)」で表現されます。

小鳥 bird

海外ではさまざまな種類の小鳥が見かけられるため、種を特定せず小さな小鳥はひとまとめに小鳥と呼ばれることが多いです。小鳥の鳴き方は「chirp chirp(チュリップチュリップ)」や「tweet tweet(ツゥイー、ツゥイー)です。小鳥が鳴くことは小鳥がさえずると表現されます。

Some birds are tweeting in my garden.
(小鳥たちが我が家の庭でさえずっている。)

SNSのTwitterもこの小鳥のさえずりからきています。

カラス crow

カラスの鳴き方は日本語と英語がとても似ていて、「caw caw(カーカー)」です。カラスは日本ではゴミを荒らすことであまり良くないイメージがありますが、海外では日本のような悪いイメージはありません。

I always hear the crows cawing in the morning.
(毎朝カラスが鳴いているのが聞こえるよ。)

牧場で見かける動物

牛 cow

牛の鳴き方は「moo(ムー)」と日本語のモーとほぼ同じ。

I love the way cows moo.
(牛がムーって鳴くの好きだな。)

羊 sheep

羊の鳴き方は「baa baa(バー、バー)」。日本の羊が「メェー、メェー」と鳴くのに対して、かなりリアルに表現されています。また、羊やヤギ、子ウシなどが鳴くことをbleatingと言います。

A bleating sheep says baa baa.
(羊はバーバーと鳴く。)

ニワトリ chicken

ニワトリの鳴き方は雄鶏(cockerelまたはrooster)と雌鶏(hen)で違った鳴き方の表現がされています。雄鶏は「cock a doodle doo(クックドゥードゥルドゥー)」と表され、雌鶏は「cluck(クラック)」と表現されています。日本語のコケコッコーは雄鶏の鳴き声を真似たものですね。

My neighbour’s rooster always wakes me with a strong cock a doodle doo.
(近所の雄鶏はいつも大声のクックドゥードゥルドゥーで私を起こす。)

Wow, that was the first time I heard a cockerel say cock a doodle doo.
(わぁお、雄鶏がクックドゥードゥルドゥーと鳴くのをはじめて聞いたよ。)

豚 pig、イノシシ wild boar

豚やイノシシの鳴き方は「oink oink(オインッ、オインッ)」とかなり違いがあります。はじめて聞くと違和感がありますが、実際「oink oink(オインッ、オインッ)」を声に出してみると意外とブーブーよりもしっくりとくるかも。

My opinion is that a pig’s oink is much sweeter than when a wild boar goes oink oink.
(イノシシが オインッ、オインッと鳴くよりも豚が鳴く方が可愛いと思うな。)

馬 horse

馬は警察でも交通手段として使われるほど、位の高い動物として扱われています。馬の鳴き声は「neigh(ネーイ)」や「whinny(ウィニー)」と表現されます。

I have started to get used to the loud whinny my horse makes.
(私の馬が大きな声で鳴くのに慣れていかなきゃな。)

アヒル、カモ duck

アヒルの鳴き声は「quack quack(クワァ、クワァ)」と表現されます。

I hate ducks and the way they make that weird quack quack noise.
(アヒルはクワァクワァと変な声で鳴くし嫌いだな。)

動物園で見かける動物

ふくろう owl

ふくろうの鳴き方は「hoot(ホー)」やtwit twoo(ツイートトゥー)」と表現されています。hooは日本語表現ともよく似ていますね。

That loud owl keeps hooting all night and making that strange twit twoo sound.
(大きな声のふくろうは一晩中ツイートトゥーという変わった鳴き方で鳴きます。)

うさぎ rabbit

日本語でもうさぎの鳴き声はなく、動作から「ピョンピョン」と表現されているように、英語でもこれという鳴き声を表す表現はありません。

I wonder what noise a rabbit makes?
(うさぎの鳴き方って知ってる?)

ライオン lion、トラ tiger

これらの猛獣が「ガオー」と鳴くのは英語で「roar(ルアー)」や「growl(グローウ)」、「grrrrr(グーーーー)」と表現されます

The tiger tried to roar louder than the lion but the lion just growled an immense grrr sound.
(トラはライオンよりも大きく鳴こうと声をあげたが、ライオンはトラよりも大きな声で鳴いた。)

ゴリラ gorilla

日本語では「ウホッウホッ」と表現されますが、英語では「ooh ooh(ウッウ、ウッウ」と表現されています。

Keita sounds like a gorilla when he makes that ooh ooh noise.
(ケイタがウッウ、ウッウと言うとゴリラみたいだよ。)

ネズミ mouse

ネズミの鳴き方は「squeak squeak(スクイーク、スクイーク)」。 squeakをそのまま動詞としても使うことができます。

She squeaks all of the time.
(彼女はいつもキーキーうるさく言っている。)

身近に見かける昆虫や爬虫類

ハチ bee

ハチの鳴き声は「buzz(バズ)」と表現されます。ハチがたくさん飛んでいるなら語尾を伸ばして「buzzzzzzzzzz(バズズズズズズ)」と表現するといいでしょう。

ネット上で話題に上がることを「バズる」と言いますが、この「バズる」もハチの羽音からきています。

また、イギリスのマンチェスターでは働きバチがイメージキャラクターになっていて、スラングでかっこいいことを「buzzling」と表現します。

I know it’s spring when I hear the rapid buzzing of a honeybee.
(ミツバチの素早い羽音を聞くと春の訪れを感じます。)

カエル frog

カエルの鳴き声は「ribbit(リビッ)」か「croak(クロゥク)」で表現されます。どちらも日本語の「ケロケロ」や「ゲロゲロ」とは少し異なりますね。

Sho’s slimy pet frog rarely croaks, he only ever chooses to make that ribbit sound whenever I am around.
(ショウのぬるぬるしたペットのカエルは稀にしか鳴かないよ、私が周りにいるときしかリビッって鳴かないんだ。)

まとめ

動物や昆虫の鳴き方は国や文化によって違った表現がなされています。日本語と全然違うと思う人もいれば、言われてみればそんな風に鳴いているかもと思わず納得してしまう表現までさまざま。また、動物や動物の鳴き方が表すイメージも日本と英語圏では少し違います。それぞれの動物がもつイメージや鳴き方を身につけて、英語を豊かにしていきましょう。

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。