「輪ゴム」のゴムはgumじゃない!? 意外と知らない”素材”を表す英単語【今日の英語マメ知識】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで「輪ゴム」を探していたとある日本人、「ゴムは英語でgumだから、gum ringでいいはず」とお店で尋ねてみましたが、一向に通じません。「アメリカには輪ゴムがない!?」と思う前に、英語と日本語で意外に異なる、”素材”の言い方の違いについて見直してみましょう。

【今日の英語マメ知識】シリーズ、身の回りの身近な生活用具を表す英語をご紹介します。

「ゴム製品」にはrubberを使う

原料としての「ゴム」は確かにgum(「ガム」と発音)でいいのですが、身の回りにある「ゴム製品」には、rubberという単語を使います。

「rubber=ゴム」の使用例

rubber band 輪ゴム
rubber boots ゴム長靴
rubber 避妊具
rubber イギリスで「消しゴム」
*アメリカではeraser

ちなみに、食べる「ガム」は英語のgumから来ていますが、gumだけだと「(原料の)ゴム」と区別がつかず、chewing gum(チューイングガム)と言う必要があります。

「ビニール製品」にはplasticを使う

同様の例で、vinylは「ビニール」の元になっている語ではあるのですが、これも「化学的な物質」としてのビニールを指し、身の回りの「ビニール製品」にはplasticという語を使います。

「plastic=ビニール」の使用例

plastic bag ビニール袋
plastic tape ビニールテープ
plastic bottle ペットボトル
*PET bottleのPETは材料名で、英語ではplastic bottleと言うのが一般的。

▼会話例

A: Can I have a vinyl bag?
(vinyl袋をもらえますか?)
B: You mean, a plastic bag? Here you are.
(plastic 袋のことですか?はい、どうぞ)
A: Yes, that’s it!
(ああ、それです!)

ちなみに「ガムテープ」は普段duct tapeと言います。「セロテープ」はsellotapeでもいいのですが、普通、商品名を取ってScotch tapeと呼ばれています。

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する