英語でお菓子ってなんていう? お菓子に関する様々な英語表現と海外でヒット中のお菓子事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お菓子は英語でSweetsでしょという人も多いはず。お菓子は日本でも色んな種類によってよび方が変わるように、英語にもカテゴリー別の適当な表現があります。今回はそんなお菓子にちなんだ表現の違いと、海外で今ブームになっているお菓子についてご紹介していきます。

お菓子は英語で何という?

日本ではお菓子を総称して「スイーツ」という人も少なくありません。しかし、日本語でも和菓子と洋菓子などそれぞれに呼称があるように、英語でも様々な表現が使われます。そこで、まずは基本的なお菓子にちなんだ単語を詳しく見ていきましょう。日本でもお馴染みのあのお菓子はどれに該当するのかみてみるのも面白いですよ。

Sweets

英語の「Sweets」はお菓子というよりも、砂糖のたっぷり入った甘いものという感覚で使用されます。Sweetsに含まれる種類には、甘いケーキ、ドーナツ、アイスクリーム、ブラウニーなどがあります。日本のショートケーキはいわゆるSweetsですが、英語では「Slice cake」といい、ふわふわのスポンジケーキというよりも、しっかりキメの詰まったフルーツケーキやどっしりしたキャロットケーキのようなたぐいが一般的です。

また、日本でお馴染みのプリンはこのSweetsに属しますが、アメリカではプリンではなく、「custard」といいます。食後のデザートによく登場するタルト「tarts」もこのカテゴリー。

Candy

お菓子の中には「Candy」も含まれますが、アメリカではCandyというと飴よりも真っ先にチョコレートや甘いスナックバーのことを思い浮かべるというのは意外ですよね。ちなみにキットカットもチェコレートではなく「Candy bar」というのが英語ではしっくりきます。ちなみにグリコキャラメルやハイチューは「soft candy」とよばれる種類です。

Lolipop

前述で飴がCandyではないというお話をしましたが、では一体飴は英語でなんというのでしょう。飴は固いので、「Hard Candy」とよばれます。棒のついたチュッパチャプスのような種類はLolipopに相当します。

Confectionary

コンフェクショナリーとはお菓子全体を表現する単語ですが、少々フォーマルな感じになるので、普段使いには不向きです。お菓子のパッケージに記載されている、食品分類などで表示する際の「お菓子類」という総合的な記載に便利。日本独特の和菓子は「Japanese confectionary」と分類され、代表的なようかんや最中は、「Sweet bean jelly・ようかん」「Wafer cake with red bean paste・もなか」のような表現が適当になるでしょう。

和菓子は外国人にはなじみのないお菓子なので、ようかんや最中などの呼称で紹介してもピンとこない人も多いかもしれません。総称して和菓子ということを伝えると理解してもらえます。

Snack

日本語でいうところの総合的な「お菓子」にあたるのがこのSnackといえるかもしれません。袋入りのポテトチップスやプレッツェルなどは、代表的な「お菓子」にあたるでしょう。日本ではお馴染みの「コアラのマーチ」「じゃがりこ」なども食感がサクサクしているのでスナック菓子に相当します。

ただし、Snackの定義としてプロテインを含有するものという考え方があり、軽食も英語ではスナックといいます。例えば夜食に食べるパン類や、小腹がすいたときのおつまみやパスタやサンドイッチなどの軽食は、分量にかかわらずSnackとよばれます。

treats

snacksと同じような感覚で使用されるのがこのトリート。ハロウェインでよく聞く「トリック&トリート」のtreatsです。ちょっとしたキャンディやスナック菓子、チョコレートなどはこのカテゴリーになりますし、お土産でもらいそうな「白い恋人」はこのトリートに相当するでしょう。

dessert

お菓子は甘いものも多いためデザートもお菓子?と思う方もいるのでは。デザートと呼べるのは「どういう形態のものか?」ではなく、「いつ食べるのか?」がキーになります。つまり、食事の最後に食べるものを限定してこう呼び、シャーベット「sherbet」や盛り付けされたケーキプレートなども食事を締めくくる「dessert」に該当します。

お菓子に関する英語の基本表現

前述でお菓子の種類による言い方の違いをご紹介しました。ここではそれらの単語を上手に使ってお菓子にちなんだ英語の基本表現を見ていきましょう。

お菓子に関連する名詞

お菓子に関する名詞 英語
お菓子作り sweets making
焼き菓子 baked sweets / baked goods
和菓子 Wagashi / Japanese sweets
おせんべい rice cracker
洋菓子: western style cake / western style confectionary

「お菓子を〇〇する」動詞と組み合わせる英語表現

Snacking~ お菓子を食べる

Snacking while watching TV is a bad habit.
(テレビを観ながらお菓子を食べるのは悪い癖です。)

make some sweets お菓子を作る

I am making some sweets for my mom.
(お母さんのために、お菓子を作っています。)

take some snacks~ お菓子を持っていく

I usually take some snacks with me when I go to work.
(私が仕事に行くときはたいていお菓子を持っていきます。)

share snacks お菓子を分け合う

My brother and I always share our snacks.
(私の弟と私は、お菓子をいつも分け合います。)

海外で火がついている流行のお菓子

お菓子に関する英語表現やカテゴリーなどを詳しく見てきましたが、海外では目新しいだけでなく、日本の食材を融合した日本人には馴染みのあるスイーツもお目見えしています。最近流行の海外のお菓子をご紹介します。

海外でも日本の抹茶がお菓子として人気沸騰中「Bibble & Sip」

ニューヨークに開業して丸3年目を迎えたアジアンツイストを加えたフレンチスタイルのスイーツを販売するお店。「これ、ただの抹茶シュークリームでしょ?」というなかれ。

海外ではシュークリームのことは「Cream puff」といい、こんなフレッシュなシュークリームがお目見えしたのは最近の出来事なんです。アメリカなどで販売されているパフクリームは中がたいていどっしりしたカスタードかバタークリーム。サクサクの皮にホワイトチョコと抹茶カスタードの滑らかなクリームがとろけでる幸せな食感は、実は海外では珍しいんですよ。

他にも抹茶アイス、抹茶ケーキ、抹茶マカロンなど抹茶ファミリーが勢ぞろいするこのスイーツショップは、今注目を集めているお店です。

オレオクッキーの本場ならではの幅広さが根強い人気「Oreo」


オレオと聞いて知らない人はきっといないはず。日本でも浸透してきたアメリカで人気NO1のクッキーです。

日本のキットカットは1年のイベントに合わせたシーズナル商品などが発売されることで有名ですが、アメリカはオレオがその流行の先端を走っています。こちらは50周年を記念して発売された、マシュマロを挟んだムーンバージョン。オレオが発表したアメリカ人がこよなく愛すオレオフレーバーのトップ5にランクインしています。

他にもラテ風味の薄いオレオ、グラムクラッカーで作ったクッキーにマシュマロ&チョコのコンビ、ミントチョコチップが挟まったバンスキンロビンスとのコラボ、メープルクリームを挟んだゴールデンクッキーなど楽しいフレイバーが目白押し! アメリカのスーパーならどこでも買えるのでお土産にも最適。

日本のりくろーおじさんとてつおじさんのチーズケーキは世界で革命的存在に

これは「りくろーおじさん」?それとも「てつおじさん」?

このボリュームのある刻印入りのチーズケーキ、口にしたことがあるというひともいらっしゃるのではないでしょうか。今ニューヨークで爆発的に流行している日本発信の「Japanese Jiggly cheesecake」のお店、その名も「Keki Modern Cakes」。この手の揺れるチーズケーキは、家庭でも作ろうとレシピもたくさん発信されていて、海外でちょっとしたセンセーションを起こしています。

Japanese Jiggly cheesecakeを販売するお店は他にもDUBAIやAbu Dhabiでは「UNCLE FLUFFY」、ロサンジェルスエリアでは日本から進出の「てつおじさん」が有名です。また台湾にも酷似する「Castella cake」というのがあり、縦横50㎝以上はあるカステラのような形が特徴ですが、テクスチャーはプルプルのJiggly cheesecakeで、現地でも超人気だとか。

まとめ

お菓子にまつわる英語表現をご紹介しました。私たちは日常「なんかお菓子食べたい」なんていうフレーズよく使いますよね。そんな時は「I want to eat some snacks.」とsnackを使うのがぴったりきます。今回ご紹介した英語表現を参考に、お友達とお菓子の話題で盛り上がってみてはいかがですか?

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。