「素晴らしい景色」って英語でいえる? スラングからビジネスまで「素晴らしい」を表現する英語フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日常会話の中でもよく使われる、相手を褒める『素晴らしい』という表現。英語ではどのように表現されるのでしょうか?

日本語でも「すごいね」、「やるね」などさまざまな『素晴らしい』の表現方法があるように、英語でもどのくらい素晴らしいのか、またどのような場面で使うかによってさまざまな素晴らしいを表す英語フレーズが使われています。

今回は素晴らしいを表現する英語フレーズを、日常会話でよく使われるフレーズから順に紹介したいと思います。

ネイティブがよく使う「素晴らしい」を表現する英語フレーズ7選

まずはネイティブがよく使う素晴らしいを表現するフレーズをそれぞれの単語が持つ意味合いや例文とともに理解していきましょう。

awesome

最高、素晴らしいという意味で用いられる英語フレーズです。awesomeには印象的なという意味もあり、まれにネガティブな意味で使われることもありますが、日常会話で使われる場合、ほぼポジティブな意味でとらえて間違いないでしょう。学校で生徒がテストで100点をとったときに、先生が生徒に向けて褒める場面などで使われます。

Keita, you got the best result for this exam. That’s awesome!
(ケイタ、君がこのテストで一番だよ。素晴らしい!)

brilliant

光り輝く、見事なという意味で用いられる英語フレーズです。たくさんある中でも引けをとらず光輝く素晴らしさを伝えるのにぴったりのフレーズです。人に用いる場合、知性や才能のある素晴らしさを表現します。

I think we should go to a night club for Sakura’s birthday.
(さくらの誕生日パーティにナイトクラブに行くべきだと思うな。)
Wow. That’s a brilliant idea!
(おぉ、素晴らしい考えだね!)

Chirs is very good at tennis. His performance is just brilliant. We need to keep on eye him.
(クリスはテニスがとても上手だよ。彼のパフォーマンスは本当に素晴らしい。彼から目が離せないね。)

amazing

びっくりするくらい、驚くくらい素晴らしいという意味で用いられる英語フレーズです。ずば抜けて素晴らしいと伝えるときに使えるフレーズです。

She is amazing. She knows more about computer stuff than Google.
(彼女は素晴らしいよ。グーグルよりもコンピューター関係に詳しいんだ。)

excellent

優秀な、優れているという意味で用いられるexcellentは、素晴らしいという意味でも使えるフレーズです。他の素晴らしいを表現するフレーズよりも、フォーマルな印象があるので学校やオフィスでも使えるフレーズです。

German cars are famous for their excellent quality.
(ドイツの車はその素晴らしい質の高さで有名です。)

fantastic

空想的な、途方もない、素敵なという意味で用いられるfantasticは、素晴らしい、素敵なという意味でも使われるフレーズです。

I went to dinner for our 10th anniversary. It was a fantastic day.
(10周年記念のディナーに出かけたの。素晴らしい一日だったわ。)

wonderful

wonderfulは不思議な、驚くべき、素敵な、素晴らしいという意味で用いられます。元々の意味は驚くほどという意味ですが、現在ではほとんど素晴らしいというポジティブな意味で使われています。

How was your trip to Las Vegas?
(ラスベガスへの旅行はどうだった?)
It was wonderful! Everything is so huge, and the night time view is beautiful.
(素晴らしかったよ!全部すごく大きくて、夜景が特にキレイだったよ!)

superb

素晴らしい、実に見事なという意味で用いられるsuperbもネイティブがよく使う素晴らしいを表現するフレーズの1つです。

The view from the top of the mountain was superb!
(山の頂上から見る景色は素晴らしかったよ!)

スラングだけどよく使われる「素晴らしい」英語フレーズ5つ

素晴らしいは日常会話でよく登場するフレーズなだけにスラングでもよく表現されます。場合によっては元の意味と全く逆の意味になることもあるので、勘違いしないためにもしっかりとフレーズを頭に入れておきましょう。

cool

元の意味は冷たい、冷静なという意味ですが、スラングで用いられる場合はかっこいい、素晴らしいという誉め言葉になります。いいね、という意味で相槌としてもよく使われるので覚えておくと便利です。

Do you know what’s cool? This new phone can recognize me with my face in a second!
(何がすごいと思う?この新しい携帯一瞬で自分の顔を認識するんだよ!)

sick

元の意味は病気、調子が悪いという意味ですが、スラングで用いられる場合は最高、素晴らしいという意味になります。awesomeやcoolと同じように誉め言葉として使われます。また、sickには新しいという意味合いもあり、新曲や新しい服などを褒めるときに使われます。

We went to a Japanese restaurant yesterday, it was sick! I ate karaage donburi for the first time, That was so good!
(昨日日本食レストランに行ったんだけど、素晴らしかったよ!初めて食べた唐揚げ丼ぶりは最高だったね!)

bad-ass

直訳すると悪いお尻という意味になりますが、スラングで用いられる場合はすごくかっこいい、素晴らしいという意味になります。とても綺麗な言葉とは言えませんが、ネイティブがよく使うフレーズの一つなので覚えておくといいでしょう。

It’s a real bad-ass car!
(この車本当に素晴らしいね!)

mad

イギリスでは特にmadを使って素晴らしいを表現することが多いです。madの元の意味は気が狂うですが、スラングで使われる場合は素晴らしいを表現します。

You are mad at mathematics.
(君の数学は素晴らしいね!)

wicked

邪悪なという意味で使われるwickedですが、スラングで使われる場合はすごい、素晴らしい、最高という意味になります。映画ハリーポッターの一場面でも、ハリーがロンに対して「Wicked!」と言っているのでチェックしてみてください。

The concert was wicked!
(コンサート素晴らしかったね!)

まとめ

素晴らしい、すごいを表現するフレーズは、学校やビジネスで使える表現からスラングまでさまざま。相手を褒める表現は、相手とのコミュニケーションを培う上でも大切なフレーズです。上手く使いこなせば話を盛り上げるのにも重宝するフレーズばかり。上記では特にネイティブがよく使うフレーズを挙げているので、会話の中でどんどん使って相手との関係性を深めていきましょう。

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。