英語のwouldって過去のはなし?それとも未来?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「would」という助動詞を使ったことがありますか? 中学英語で登場する、助動詞「will」の過去形です。

「will」は未来をあらわすことが多いですよね。その過去形っていったいどういうことなんでしょうか? 私自身、長いこと悩んでいました。それって、結局過去なの?未来なの? どうしても混乱させられてしまいます。

今回は、そんなwouldの使い方を解説します。

would = まだ実現していない、実現しにくい

wouldは助動詞willの過去形です。動詞の前において使います。英語では、助動詞の過去形は特別な意味を持っています。should, could, might, そしてwould、どれも、同じイメージを持っています。

それは、「まだ実現していない」「実現する可能性も低い」というニュアンスです。助動詞の過去形は、どれもこのニュアンスを持っています。そこから発展して、これから説明するたくさんの意味が生まれてくるのです。

例えば、「明日は雨が降りそうだ」というフレーズを考えてみましょう。明日は未来のことですから、willを動詞の前につけるのが普通です。

①It will rain tomorrow.

また、willの過去形のwouldも使えます。

②It would rain tomorrow.

このとき、wouldを使った②の文の方が、「降らないかもしれない」という気もちが多く入っています。wouldを使った方が実現する可能性が下がるのです。

過去から見た未来のwould

wouldの使い方の1つが、「過去から見た未来」のwouldです。「willの過去形」といわれたら、このwouldのことを指します。

She was still too young, but she would marry him.
(彼女はまだ若すぎたが、彼と結婚すると言ってきかなかった。)

研究社『アルファ英文法』p457.

彼女が若かったのは過去のことですよね。彼女はその時から見て未来に、彼と結婚するつもりだったのです。こういうとき、wouldが使われます。

もしこれが今のことなら、wouldの代わりにwillが使われます。

She is still too young, but she will marry him.
(彼女はまだ若すぎるが、彼と結婚するつもりだ。)

このように、過去から見た未来はwouldで表わします。

wouldを使った否定文は「拒絶」

willは「意志」という意味の単語です。だからこそ、その過去形であるwouldの否定文は「気持ちの否定」になるのです。wouldの否定はwould notです。省略してwouldn’tと書くことも多いですね。

George wouldn’t say where he had picked up the information.
(ジョージはその情報をどこで入手したかどうしても言おうとしなかった。)

研究社『アルファ英文法』p457

この文では、過去のジョージの気持ちについて触れています。would not sayで「言おうという気もちの否定」になりますから、「言おうとしなかった」となるのです。この時、主語が生き物でなくてもwouldを使うこともあります。

無生物にもwouldが使える

「気持ちの否定」というと、生き物にしか使えなさそうに見えます。ですが実際には、生き物以外が主語になっている時でも、wouldを使うことができるのです。次の例を見てみて下さい。

The paint wouldn’t stick to the wallpaper.
(ペンキは壁紙にうまくつかなかった。)

研究社『アルファ英文法』p457

「ペンキの気持ち」というのもちょっと変な感じですが、日本語でも「うまくくっついてくれなかった」といういい方ができますよね? ペンキに気持ちがあるような感覚で使えるのです。

やりたい にも使えるwould

wouldは意思を表しますから、「やりたいこと」にも使えます。

What would you like to do today?
(今日は何をしたいですか?)

「would like to do ○○」で、「○○したい」という意味に使えます。「want to」に似ていますね。これも、wouldが意志の意味をもっているから使える用法です。

wouldはお願いにも使える

wouldはていねいなお願いに使えます。

Would you put out your cigarette? This is a no smoking area.
(タバコの火を消していただけますか。ここは禁煙です。)

wouldには「意志」のニュアンスがありますから、「would you ○○?」は「○○する意志がありますか?」という意味になります。willにも同じく「意志」の意味があるので、「will you○○?」も同じように使えます。

Will you put out your cigarette?
(タバコ消してくれない?)

wouldが持っている「あなたに選択権があります」のニュアンス

wouldには「仮定」のニュアンスがあるのに対して、willにはそれがありません。後でご紹介する通り、wouldは仮定法で使うことができます。仮定法とは「これは現実ではない」というニュアンスを出すことです。

would(他の助動詞の過去形も含む)には、「これはまだ現実になっていません」というニュアンスがあります。そのため、「まだ現実になっていないので、選択権はあなたにあります」というていねいなニュアンスが出てくるのです。「タバコを消すか消さないか、あなたが決めてくださって大丈夫ですよ」という感じですね。

「たぶん○○じゃないかとおもいます」もwouldで言える

wouldを使うと、話し手の「こうじゃないかな?」という推測を表せます。

Profit would increase in the new fiscal year.
(新会計年度では、利益が増加するだろう。)

研究社『アルファ英文法』p459

実は、willを使っても同じく推測することができます。

Profit will increase in the new fiscal year.
(新会計年度では、利益が増加する。)

willとwouldの違いは、どれくらい確信しているかです。willを使うと、かなり強い確信になります。それと比べて、wouldはもう少し控えめな推測です。wouldの持っている「実現する可能性が低い」というニュアンスが、推測の強さを変えてしまうのですね。

「実現しなさそう」のwould

最後にご紹介するのは、仮定法のwouldです。wouldのような助動詞の過去形は、「実現しなさそう」「仮の話だけど」というニュアンスを持っています。仮定法はそのニュアンスを最大限に使った表現です。

仮定法とwould

If I were rich, I would live in a better apartment.
(私が金持ちならもっといい部屋に住むのになあ)

仮定法は、「主語+動詞の過去形, 主語+助動詞の過去形+動詞」で作られます。ややこしいですが、今回大事なのは、後半の動詞には必ず「助動詞の過去形」が必要だということです。

私が金持ちでないことは、他でもない私がいちばんよく知っています。それでも「もし金持ちだったら」と想像するのが仮定法です。この時、文の後半にはwould(または他の助動詞の過去形)が使われます。「現実じゃない」というニュアンスを出すために、wouldが必要なのです。

実現しなさそうなこと=wouldで表わす

If I won 100 million yen in the lottery, I would travel around the world.
(宝くじで1億円当たったら、世界一周旅行に行くのになあ→当たるわけない)

wouldには、これは「実現する可能性が低い」というニュアンスがあります。ですから、起こらないとわかり切っていることについて言う時には、wouldが使われやすくなります。if文でなくてもそのニュアンスがありますが、if文ではより色濃く出てきます。

あわせてみると
・今の状況と反対のこと
・0%ではないとはいえ、起こりそうもないこと

について触れるときにはwouldを含んだ仮定法をつかった方がよくなります。

まとめ

wouldは助動詞willの過去形です。そして、英語の過去形には「仮定」のニュアンスがあります。wouldのたくさんの用法には、「まだ現実にはなっていない」「実現の可能性が低い」という共通点があるのです。

ただたくさんの使い方を暗記するのは大変です。コアになっているものをしっかり理解することで、wouldに対するイメージをしっかりさせましょう。これこそが、wouldマスターの近道です。

単語のコアをマスターして、効率よくwouldをマスターしていきましょう!

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する