5分でマスターできるasの意味と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEICでよく出題される単語に、「as」があります。たった2文字のこの単語ですが、辞書を調べてみるとものすごくたくさんの意味があります。似た意味の、「when」や「since」などとの使い分けもむずかしいですよね。

今回はそんなasの使い方を、5分でマスターしましょう。

asの意味:2つのものを天秤にかける

「as」の使い方はとてもたくさんあり、1つ1つ覚えるのはなかなか大変です。こういう場合、まずはイメージをつかむのが有効です。では、asの共通のイメージはなんでしょうか?

「as」は対象物の性質に注目するために天秤に乗せるイメージです。ただそれは、2つの物を比較するためではなく、どちらかというと対等さを感じるためです。そして、2つの物の関係性は様々で、接続詞の場合は文脈により「同時に起こったこと」「似ているもの」「逆のこと」「原因/理由と結果」などが挙げられます。

清水健二『イメージで比べてわかる前置詞使い分けBOOK』ペレ出版, P.127.

asが持っているのは
①2つのものを比べる
②どちらかといえばその対等さに注目する
というイメージです。かんたんにいえば、=で結ばれるニュアンスですね。

as ○○=○○として

asの使い方の中でいちばん典型的なのは、「○○として」のasでしょう。

I’m working as a teacher.
(私は教師として働いています。)

as+名詞で、「○○として」という意味になるのです。これは、「私」と「教師」という仕事を天秤に乗せてみているイメージです。さらに、この2つを=で結んでいます。2つのものを比べて=で結ぶ、最もわかりやすい例です。

受身の文でのas

また、be known as のように、受身の文でも使うことができます。

Staplers are known as hochilisu in Japan.
(ステープラーは、日本ではホッチキスとして知られている。)

○○として知られているという、受身の意味を出すことができますね。

○○ように もas

asのもう1つの意味として、○○ように、もasを使います。

As usual, I ate a bread in the morning.
(いつものように、私は朝パンを食べました。)

As always, I read a book this week.
(いつものように、私は今週本を一冊読んだ。)

「いつもの習慣」=「パンを食べる」「本を読む」になっているのがポイントです。左右が=で結べるので、asが使われています。大事なのはイコールで結べるような意味になっているかなのです。

as =○○の間に

asのよく見る使い方として、時間を表わす使い方があります。

As a child, I wanted to be a doctor.
(子供の頃、私は医者になりたかった。)

ある時間と、そのときの状態を天秤に乗せています。「子供の時」という時間と、「医者になりたい」という気もちが=で結べることを表わしているのです。以下の文と同じ意味ですね。

When I was a child, I wanted to be a doctor.
(子どもの時、私は医者になりたかった。)

意味はだいたい同じですが、asを使った方が、文全体が引き締まって見え、よりネイティブらしいものになります。日常会話ではwhen~の方がよく使われますが、書き言葉ではasもよく使われます。

理由や原因を表わすas

非常にネイティブらしい表現として、理由や原因を表わすasがあります。

As it was getting dark, I decided to turn the light on.
(暗くなってきたから、電気をつけることに決めた。)

『イメージで比べてわかる前置詞使い分けBOOK』p.128.

こちらは後ろに主語+動詞が来ていますから、接続詞です。ですが、今まで見てきた前置詞のasと同じ意味とニュアンスを持っています。2つのものをならべて、同じところをさがすようなニュアンスですね。

この文では、暗くなったことと電気を消すことが、同時に発生したことがわかります。その時間的な近さを強調するためにasが使われているのです。

sinceやbecauseの代わりにasが使える? 意味は同じでもニュアンスに違いあり

一般的に「○○だから」「○○なので」というような場合には「because」や「since」が使われることが多いです。学校英語でも、どちらかといえばこちらを教えています。

☆becauseを使うと
I decided to turn the light on, because it was getting dark.

☆sinceを使うと
Since it was getting dark, I decided to turn the light on.

この2種類の文も、asを使った文と意味は変わりません。becauseを使うと理由が後に来やすくなりますが、それでも意味自体は同じです。では、asを使ったものとの違いはどこにあるのでしょうか? やっぱりニュアンスに違いがあります。

asを使った方が、フォーマルで洗練されたニュアンスになります。実際に、日常会話ではasが出てきにくい一方で、硬めの文章ではとてもよく見かけるのです。asを使いこなすことで、洗練された英語を使えるようになります。

as〇〇as××の意味は「前後がイコール」

asには、「前後が=で結べる」という共通の意味がありました。時には同じタイミングで起こることを表わせますし、時には因果関係があるということも表わせます。as○○as××も、=の関係を表わすためによく使われます。

I will finish my homework as soon as possible.
(宿題を可能な限り早く終わらせる。)

asとasの間に形容詞を挟み、後ろにpossibleという別の形容詞を置いています。この形で、「××くらい○○に」という意味を表わすのがこの文法です。今回なら、「possibleなくらいsoonに」=「できるだけ速く」という意味になるでしょう。

as, as構文の意味:「どれくらい?」→「これくらい」

上の質問はすこしごちゃごちゃしていてわかりにくいですね。ですが、asの本質は=で結べることだとわかれば、もっとシンプルに理解できます。

「どれくらい?」→「これくらい」

これが本質です。前の形容詞について、「どれくらいなの?」と疑問に思います。そうすると、「これくらいだよ」と次のフレーズが登場して説明してくれるのです。

as soon →どれくらいsoon?

as possible → possible(できる)くらい

このように、前の形容詞を後ろのフレーズが説明しています。もっと言えば、「宿題をやる速さの程度」と「自分のできるレベル」が=で結ばれているようなニュアンスになっているのです。

もっと使える実践as, as 構文

この構文は、実際の英会話でもよく使います。なにかとなにかの程度が=であれば使えるので、使い勝手がいいのです。

as far as I know…
(知っている限りでは)

範囲(far)と、自分の知っていること(I know)が=で結ばれています。

as well as I can…
(できるだけよく)

質(well)と、自分のできるレベル(I can)が=で結ばれています。

このように、asが形容詞を挟む文は、前後を=で結んで理解しましょう。

まとめ

asは色々な意味を持っていて、幅広く使えます。便利な反面、勉強するのは大変ですね。こういう時には、コアになっているイメージをつかむことで、マスターまでの負担が速くなるのです。

本質をとらえて効率よく英語を身につけましょう!

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する