海外就職が可能な職種とは?ー 海外就職を実現するための「現実との向き合い方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

将来海外で就職してみたいという方が増えつつある現在、どういった職種で就職できるかというのは非常に興味のあるところだと思います。調べてみると、実際に海外就職がしやすい職種というものも存在し、必ずしも自分の専門とする分野がそれに当てはまらない場合もあるでしょう。

今回は、そういった現実も踏まえつつ、海外就職とどう向き合っていくかを考えてみたいと思います。

海外就職しやすい職種とは

海外での就職を考える方が増えつつある昨今。実際に転職サイトや海外の求人サイトなどをチェックしてみると、海外就職しやすい職種というものが存在します。なにはともあれとにかく海外で働きたいという場合には、これからご紹介する「海外就職しやすい職種」を狙ってみるのも一つの方法ではないでしょうか。

ITエンジニア

WebエンジニアやプログラマーなどのITエンジニアの求人は多く見られます。世界的にIT業界は人材が不足しており、売り手市場と言えるでしょう。特に東南アジアなどでの求人は欧米に比べても非常に多く、ビザも取りやすい為、おすすめです。ただし採用には実務経験とスキルが必要になります。

日本語教師

世界中に需要がある日本語教師の仕事。日本語を母国語とする日本人が重宝されます。多くの人は日本で教師の資格を取得し、経験を積んでから海外へ渡るケースが多いですが、海外に渡航して初めて日本語を教えるという人も中にはいるよう。国を選ばなければ経験がなくとも就職することができるかもしれません。

日本食レストランのコックやサーバー

ヨーロッパや欧米でも人気が高まっている日本食。それにともない日本食レストランも増加傾向にあるようです。寿司レストランや日本食レストランなどで、経験がなくてもサーバー(ウエイトレス)として採用してもらえることも。ワーキングホリデービザで渡航して現地採用され、そのまま就労ビザに切り替えてもらうという人も多いようです。

コールセンター職

大企業が賃金の安いアジアにコールセンターを配置しているケースが多く、日本人顧客の対応として日本語と英語を話せる日本人を雇うケースがよく見られます。仕事は日本語しか話さないという場合もありますが、現地の同僚や上司とのコミュニケーションは英語が必要です。

営業職

日系企業の海外拠点にて活躍する営業職の求人も多く見られます。営業の経験やスキルが求められる上、英語や現地の言語での営業活動となることが多いので、高い英語力も必要です。

生産・品質管理

日系メーカーなどの海外工場での生産管理職も、転職サイトやエージェントなどでよく見かける職種です。ほとんどの場合、この分野の経験やキャリアを積んでいることが必要です。

ツアーコンダクター

旅行業の仕事も日本人観光客の多い観光地ではよく見られます。日本人観光客の対応が主なので日本語を使うことが多くはなりますが、現地の上司などと英語でコミュニケーションをとる必要はあります。

ホテルスタッフ

日本人観光客の多い観光地でのホテルの勤務という選択肢もあります。外資系、日系に限らず、日本人の宿泊客が多いホテルでは重宝されるのが、日本語が話せるスタッフです。ただし日本人客ばかりではありませんので、ある程度の英語力も必要とされるケースがほとんどです。

意外と限られている海外就職の職種

海外就職のためのサイトやエージェントを通すと、先程ご紹介したように、求人の多い職種というのは意外と限られたものです。「自分が興味のある仕事の求人がない」といった場合や、「自分のこれまでのキャリアを活かせそうな求人がない」といった声も多いのが現実です。それでもどうしても海外で生活したいという場合には、自分の専門分野のスキルを諦めなければならないのが現実です。

一方で、それを諦めたとしても、自分の人生にとってプラスとなることもありますので、下記のような考え方を参考に、ネガティブをポジティブに切り替えてみるのも一つの手です。

「まずは海外生活を手に入れることがゴール」と割り切る

初めて海外就職をする際、経験も人脈もないため、日本のエージェントや転職サイトが就職活動の中心となります。まずはそういった求人の中で、自分にも挑戦できそうな職種に応募し、とにかく海外生活を勝ち取るところをゴールにしてみてもいいでしょう。

うまくいけば、現地で働いている間に英語力がかなり向上し、自分がもともと希望していた職種の求人をみつけることができるかもしれません。また現地で永住権が取得できれば、より幅広い就職活動が可能でしょう。「とりあえず海外に移住することが目標」と割り切って一歩を踏み出しましょう。

「新たな可能性が広がる」とポジティブに捉える

昨今の「働き方改革」に見られるように、近い将来日本にも「副業・兼業時代」が到来すると言われています。AI化が進む世の中で、1つのスキルや専門分野だけでは生き残っていけず、最低でも1人あたり3つの専門分野が必要だと予測する専門家もいるほどです。

例えば現在は経理の仕事を専門にしている方でも、海外就職を機に「シェフ」や「日本語教師」など、全く異なる職種のスキルを身につければ、そのスキルが将来の自分を助ける大きな柱になるかもしれません。「海外就職を機に別のスキルを身につけるんだ」とポジティブに捉えて臨んでみてはいかがでしょうか。

職種に限らず必要なのはやはり英語力

どんな職種に就職するにしても、やはり英語力は必要です。ITエンジニアなど売り手市場の職種では、スキルや経験が優先されることもありますが、実際に現地で働くことになったら周囲の同僚や上司とのコミュニケーションを円滑に図るために英語が欠かせません。どんな仕事に就くことになるかはわからなくとも、英会話スキルは早め早めに身につけて遅くはありませんので、オンライン英会話などで毎日少しずつ英語力を強化してみてはいかがでしょうか。

・129円~のレアジョブ英会話

レアジョブの「日常会話コース」では、毎日受けられる25分のレッスンが1回129円から。毎日受けていても、金額的に大きな負担はありません。朝6時から深夜1時まで開講しているので、仕事の都合に合わせてレッスン時間を調整することができます。レッスンを朝活にするのもいいですね。4,000以上の教材から、レベルや目標に合わせて選択、飽きることなく続けられます。上達度を測るための、スピーキングテストも実施しています。

まとめ

海外就職をしてみたいと希望してみても、実際に職を探してみると職種は限られているものです。これまで培ってきたキャリアやスキルを活かす事ができない場合もあり、海外就職を諦める方もいらっしゃるでしょう。しかし一方でまったく異なる新しいスキルを身につけるチャンスと捉えられるのも事実です。海外就職を機に、自分のライフプランやキャリアプランを考え直すきっかけにしてみてもいいかもしれませんよ。

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する