英語で雑談!緊張をほぐすためのネタをそろえておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事相手や知人と会ったとき、日本語で「今日はいい天気ですね」「休みの日には旅行するんですか?」といった話をするように、英語でも話の本題に入る前に、軽い雑談をする習慣があります。特に英語で会話をする場合、他愛もない簡単な話をすることで、自分の緊張をほぐすことができます。さまざまな表現を身につけて、場面に合わせて使い分けましょう。

どんな相手にも使える!定番「天気」と「趣味」の雑談をしてみよう

どんなときにでも使える天気の話は、日本語でも英語でも雑談の定番。映画の話、スポーツの話など趣味の話題は、うまく話が合えば場が盛り上がり楽しく会話をすることができます。

さりげない天気の話をマスター

季節や日々の天気に合わせて、いくつか定番の言い方を覚えておきましょう。

天気がいいとき

いい天気ですね
It’s a nice day, isn’t it?

季節の変わり目に

最近暖かく/寒くなってきましたね
It’s getting warmer / colder lately.

今日は本当に暑い/寒いですね
It’s really hot/cold today.

今日は雨が降るかもしれませんね
It might be raining today.

答え方は”It sure is.“(確かにそうですね)などで、”Maybe we need an umbrella.“(傘がいるかもしれませんね)のように話を続けてくれるかもしれません。

趣味の話でさらに打ち解ける

実際に相手の趣味を尋ねるというより、映画作品やスポーツ選手など、第三者に対する客観的な話題にするところがポイントです。

映画は好きですか?私、バットマン映画の最新作を見たんです。
Do you like movies? I’ve seen the latest Batman movie.

フィギュアスケート選手の羽生結弦を知っていますか?彼の演技は素晴らしいですね!
Do you know a figure skater Yuzuru Hanyu? His performance is amazing!

音楽に興味ありますか?今年、クィーンが日本でコンサートをやったんですよ。
Are you interested in music? This year, Queen had concerts in Japan.

答え方は”Oh, that’s great.“(ああ、それはいいですね)など。相手も自分が興味を持っている映画やスポーツなどの話をしてくれるかもしれません。

外国人相手に使いやすい、余暇や旅行の話

仕事が忙しいときでも、余暇の話をすると場がなごむものです。日本を訪問している外国人であれば、フライトや日本の印象などに関する話題が無難に使えるでしょう。

週末や長期休暇の予定を聞く

週の後半、または夏休みなど休暇時期の前に使ってみるといいでしょう。

週末はどのように過ごすんですか?
How do you spend your holidays?

週末は予定あるんですか?
Do you have plans for the weekend?

夏休みは旅行しますか?
Are you going on a trip for summer holiday?

相手が予定を教えてくれたら、”I’ll stay home and relax.“(家でゆっくり過ごします)のように、自分のことも話してあげるといいでしょう。

日本に旅行に来た外国人に

日本に来た外国人は、自分の経験を誰かに話したいと思っているかもしれません。こんなふうに質問して、うまくきっかけを作ってあげましょう。

フライトはどうでしたか?
How was your flight?

日本での滞在はいかがですか?
How’s your stay in Japan?

どこか面白いところに行きましたか?
Have you been to any interesting places?

楽しいこと、困った経験などいろいろあるかもしれませんが、いずれにせよ、”I hope you’ll enjoy your stay in Japan.“(日本での滞在を楽しんでもらえるといいのですが)と言ってあげましょう。

雑談「アイスブレイク」のルールを押さえよう

その場の緊張をほぐす導入の雑談を、英語で”ice breaker”といい、日本語でも「アイスブレイク」という言い方で使われるようになってきています。文字通りには”ice”(氷)を”break”(砕く)ということで、互いの間にある氷を砕き、なごやかな雰囲気で会話を進めるためのテクニックです。

ice breakerには、いくつかのルールがあります。

1.互いに興味を持てそうな話題を探す

初対面の相手の場合、天気の話や、最近ニュースで話題になっていることなどを使ってみるといいでしょう。

2.否定的なことを言わない

Business has not been good lately.“(最近景気が悪いですね)といった話題は場の雰囲気を暗くするので逆効果です。

3.プライベートなことに突っ込まない

Are you married?“(結婚していますか?)といった質問はタブー。”I have two children. Here’s the photo.“(子どもが2人いるんです。これが写真です)など、自分のことを話すのは大丈夫。

上手にice breakerすることができる人になれば、相手も自分もリラックス。仕事も普段の人間関係も、さらにスムーズにいくようになりますよ。

オンライン英会話レアジョブのレッスンは、たいてい”How was your day?“(今日はどんな日でしたか?)といった雑談から始まり、英語を話すことに対する緊張をほぐします。レッスンを繰り返すうちに、次第にさまざまな雑談に対応するテクニックが身につくはず。先生に聞かれたことに答えるだけでなく、”How about you?“(あなたはどうですか?)と、自分から先生に質問してみましょう。

レアジョブ英会話
https://www.rarejob.com/

まとめ

プレゼンテーションや交渉を立派にこなすビジネスパーソンでも、「雑談は苦手」ということが多いようです。これといった目的なく話すので、「何を話せばいいかわからない」という人もいるでしょう。でも、普段の日本でのビジネス経験からしても、さり気ない雑談でコミュニケーションを円滑に進めるのが大切だということはわかるはず。レッスンなどで場数を踏み、自分にとって得意な定番フレーズを身につけておけば、次第にラクにこなせるようになってきますよ。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。