英語「on」の意味は「上に」じゃない?「on」を使いこなそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「on」は私たち日本人にとってむずかしい表現の1つです。学校英語では「上に」という意味で教えますよね。でも、「上に」だけでは説明できないものがたくさんあります。例えばTOEICの指示で出てくる「Go on to the next page(次のページに進んでください)」のようなフレーズはどう理解したらいいのでしょう?

実は、onにはもっと本質的な意味があるんです。

今回はonの意味について「乗る」「続く」「機能する」に分けてご紹介します。

英語のonの意味:「乗る」

onのいちばん基本的な意味は「乗った状態」です。何かの上に何かが乗っていることが大事なんですね。乗っていると、

・上にある

・くっついている

この二種類の状態が想像できると思います。

英語の「on」の中心は「くっついた状態」

To sit on the chair.
椅子に座る。

To put the cup on the table.
テーブルにコップを置く。

椅子に座るとき、必ず体は椅子の上にありますよね? テーブルにコップを置くときも、必ずコップはテーブルの上にあります。

日本語ではいちいち「椅子の上に座る」「テーブルの上に置く」と言わなくてもわかりますが、英語では必ずonをつける必要があります。

A picture on the wall.
壁にかかっている写真。

onの大事なポイントは、「くっついている場合はonを使う」ことです。壁にかかっている絵は、「上」とは思いづらいですよね? でも、英語ではonを使わないといけません。ネイティブは、くっついている=上にあるものだと思っているからです。

onは、「くっついている」ことを表します。「くっついている」場合には、名詞の前にonが必要になるのです。

「今電車!」英語ではI’m in the train? on the train?

電車の中にいるときに、外国人から電話がかかってきたシチュエーションを想像してみて下さい。今電車にいるよ! 後でかけて! と言いたい時、どっちが正しいでしょうか?

I’m in the train.

I’m on the train.

inは「中」、onは「上」だと教わりましたよね? 私たちの感覚では、「電車の中にいる」ので、in the trainを使いたくなります。でも、実際はon the trainもよく使われているんです。

「足が電車の上にくっついている」「体が椅子の上にくっついている」、立っていても座っていても、何かの上にくっついていますよね? 英語では「上にある(接触している)」方に注目して、onを使ってもいいのです。

頼る=何かに乗っかるイメージ だから英語ではon

「頼る」「依る」のように、なにか別の物の力を借りる動作はonを使います。別の物に乗っかっているイメージがあるからです。

My mother relied on me for financial support.
母は経済的に私に頼っている。

出典:Merriam-Webster Dictionary

We’re not sure if we’ll have the picnic. It depends on the weather.
ピクニックができるかは今のところ分からない。天気によるよ。

出典:Merriam-Webster Dictionary

別の物に頼っている時には、onが出てきやすくなります。

英語では、「乗っている」時にonを使います。そこから「触れている」「頼っている」というニュアンスが出てきます。

英語のonの意味:「続く」

英語のonの意味の中で、とても大事なのにしっかりと教えられていないのが「続く」です。何かの動作が続くときに、動詞の後ろにonが出てきます。

英語のonは「その状態が続く」ことも表わせる

動詞の後ろにonが出てくると、その動作が続いていることが表わせます。例えば、よく使われるのがkeep onです。

The rain kept on throughout the day.
雨は一晩中降り続いた。

出典:Merriam-Webster Dictionary

keepの後にonがついているので、「降り続いたんだ」ということが強調されています。その他にも、go onで「○○し続ける」という意味になります。

He went on talking.
彼は話し続けた。

出典:すずきひろし・ミツイ直子『イメージで比べてわかる前置詞使いわけBOOK』ベレ出版

onがついていると、動作が「ずっと続く」ことが強調できるのです。

Go on to the next page.
次のページに進んでください。

次のページに~というのは、引き続き問題をやって下さい! という意味ですよね。「続いて」のニュアンスを出すためにonをつけているのですね。

長く続けられる動作+onは「続く」になりやすい

長く続けられる動作の後にonが来ると、「ずっと続く」場合が多いです。

His legend lives on.
彼の伝説は生き続ける。

出典:Merriam-Webster Dictionary

She thought about retiring, but she finally decided to stay on for a few more years.
彼女はやめることも考えたが、後何年かは続けると決心した。

出典:Merriam-Webster Dictionary

live(生きる)、stay(留まる)のような動作は、長い間続けるのが普通です。こういった動詞の後にonが付くと、「続ける」というニュアンスになりやすいのです。

英語のonの意味:「機能する」

onの意味の中でも、意外に忘れられがちなのが「機能する」のonです。何かが使える状態の時にonを使うのですね。オフのスイッチをオンにすると、テレビが観られたりエアコンが付いたりします。そんなニュアンスのonです。

英語のonの「機能する」用法:スイッチオンのオン

日本語でも「スイッチをon/offにする」と言いますが、英語でも同じようにonを使います。

Turn on the light.
明かりを点けて。

It’s cold here. Put on the heater.
この中、寒いじゃない。ヒーターを入れて。

出典:日向清人『英語はもっと句動詞で話そう』語研

turn onやput onは、どちらも「オンにする」というニュアンスで使うことができます。機能させるのonですね。

「機能する」のonは意外によく使う

We go on at 12:00 p.m.
12時に出勤します。

動詞のgoの後にonをつけることで、12時には仕事についている=働く準備が整っているという意味でonが使われています。

また、onだけでも「動いているかどうか」を聞くことができます。

I’m not sure if my gas is on, or off,
ガスを消してきたかちょっとわからない。

ガスがオンなのかオフなのかを、gas is on / gas is offとシンプルなフレーズで表わすことができました。be onで「オンになっている」という状態を表せるのです。

onには、「機能しているかどうか」という意味もあるのです。

まとめ

onのような基礎的な単語ほど、英語の授業では教えてもらえません。でも、ネイティブの英語ではonが何度も何度も出てきます。

1つ1つのフレーズを丸暗記するのは大変です。大事なのは、onの持っているニュアンスを理解すること。「乗る」「続く」「機能する」、この3つがわかっていれば、見たことのないonでも想像できるようになるはずです。

かんたんなものほど、本質は複雑だったりするのが語学です。その本質をつかめば、一気に効率よく勉強できます!

\129円から受けられるオンライン英会話 /
レアジョブ英会話
レアジョブの「日常会話コース」では、毎日受けられる25分のレッスンが1回129円から。毎日受けていても、金額的に大きな負担はありません。朝6時から深夜1時まで開講しているので、仕事の都合に合わせてレッスン時間を調整することができます。レッスンを朝活にするのもいいですね。4,000以上の教材から、レベルや目標に合わせて選択、飽きることなく続けられます。上達度を測るための、スピーキングテストも実施しています。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。