意外なものが役に立つ!身近なところにある英語学習お助けグッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「英語を勉強するにはお金がかかる」と思い込んではいませんか?確かによい学習書やマイク・ヘッドホンなどをそろえるにはある程度お金が必要ですが、実は、100円ショップにあるようなグッズを活用して、普段の英語学習をより快適なものにすることができるのです。身の回りのものを勉強に生かす、ちょっとしたアイデアをお教えしましょう。

いつもの文房具を英語学習に生かす工夫

ペンやノート、メモ帳などは100円ショップで買う人が多いのではないでしょうか。今の100円ショップでは、多種多様な文房具が色・柄・種類豊富にそろっています。受験生に返った気分で、手軽に買える人気の文房具を普段の英語学習に役立ててみましょう。それぞれ、英語での名称もお教えします。

暗記ペン memory marker

覚えたい語をマーカーで塗り、半透明の色下敷きで覆うと、字が読めなくなります。単語集を使って単語の意味を覚えるのに便利。もしくは、英語の文章の中で文法上のポイントとなる表現にマーカーを塗り、下敷きで覆ってどのような語が使われているのか当てるという方法もあります。

付箋 sticky note

付箋は、素早くメモを取るのに便利です。手元に何色か用意しておいて、例えばオンライン英会話レッスンを受けているとき、「新たに覚えた語」はピンクの付箋に、「後で意味を調べる語」は水色の付箋にメモ、後でスマホやパソコンで作っている単語帳にまとめます。付箋は書いてすぐデスクや手帳などに貼っておくと、忘れてしまう心配がありません。

ミニホワイトボード mini whiteboard

壁に掛けたりデスクの上に立てておいたりすることができるミニホワイトボード。今週の学習目標を書いておいたり、次のオンライン英会話レッスンの日時を書いておいたりすれば、絶対忘れることがありません。覚えたい単語を書き出しておいて、しょっちゅう眺めるようにする、というのもいいですね。

生活用品を英語力ワンランクアップに活用

文房具以外にも、普段使っている美容用品や衛生用品を英語学習に役立てることができます。いつもとちょっと違うアプローチをすることで、気分転換にもなるはず。ぜひおうちで試してみてください。

鏡 mirror

オンライン英会話レッスン前には身だしなみをチェック。または、発音練習のときに口の形をチェックします。例えば、thの音は上下の歯で舌を噛んで発音するので、自分の舌が見えていることを鏡で確認。iやeでは口を横に開いて前歯が見えていることを確かめましょう。

ロウソク candle

pやbのような「破裂音」では、ロウソクの火を吹き消すときのように、息を強く吐きます。試しに火をつけたロウソクに向かって「people」「book」と発音、ロウソクの火が揺れるかどうか試してみてください。ちなみに日本語の「パピプペポ」「バビブベボ」では息を強く吐かないので、ロウソクの火はほとんど動きません。

のどスプレー sore throat spray

普段しゃべることを仕事としていない人は、例えばオンライン英会話レッスンで30分くらいしゃべり続けていると、結構のどが疲れます。英語で咳払い(clear your throat)ばかりしていると相手も気になるかもしれず、手元にのどスプレーを用意しておくと便利です。音読など「話す」練習をしているときにも役立ちます。市販の薬品のほか、はちみつと水などを使って自分でスプレー水を作っている人もいるようです。

スマホ防水ケース waterproof phone case

アウトドア用にスマートフォンの防水ケースが売っていますが、これをお風呂に入るときに使ってみましょう。英会話のお手本音声を流しっぱなしにしたり、YouTubeの英語動画を再生し続けておいたりして、バスタイムをリスニング練習に活用します。お風呂に入っているときは頭も体もリラックスし、覚えたことが記憶に定着しやすいそうです。

ネックストラップ neck strap

オフィスで首からネームカードをぶら下げるのに使うネックストラップ、これをスマホに取り付けてみます。手から落とす心配がなく、歩きながらオンライン英会話レッスンを受けることができます。混雑した通勤電車の中で英語サイトをチェックするときも、うっかり手を放してしまっても大丈夫。いったん使い始めると必需品に思えてくるはずです。

レアジョブのオンライン英会話レッスンは、基本的にスマートフォン、またはパソコンとマイク付きヘッドホンがあれば大丈夫。レッスン中に画面でメモを入力することもできます。そこへさらに、付箋やホワイトボードなど自分なりのアイデアグッズを追加してみましょう。工夫を凝らすことで、レッスンの内容がより効率よく身につくはず。

慣れてきたら先生に、”I’m using sticky notes to memorize new words.”(新しい単語を覚えるのに付箋を使っているんです)などと、自分のアイデアについて説明してみてはいかがでしょうか。先生も、さまざまな勉強のアイデアについて教えてくれるかもしれません。ぜひマンツーマンレッスンの利点を生かして、先生との会話を楽しんでください。

レアジョブ英会話
https://www.rarejob.com/

■まとめ
今回紹介したグッズは、すでに家の中にあるものを活用してもいいし、100円ショップなどで簡単に入手することもできます。お店へ買い物に行くついでに、学習に役立ちそうなものがないかどうか、ぜひ自分でチェックしてみてください。

海外にも”one dollar shop”(1ドルショップ)、”one euro shop”(1ユーロショップ)などがありますが、日本の100円ショップほど品ぞろえが充実してはいないようです。買い物に行ったら、新しい商品を探しつつ、英語で説明するにはどう表現すればいいかといったことを考えてみてはいかがでしょうか。外国人へのお土産を探すときにも、きっと役に立ちますよ。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。