【前編】わくわくする目標と楽しい継続で、英語は何歳からでも使えるようになる / 嬉野克也さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
嬉野克也さん

レアジョブ英会話の最強ユーザーでもあり、最近は英語学習法を特集する雑誌でひっぱりだこの嬉野克也さんに、英語学習を始めたきっかけや独自のオンライン英会話活用法について聞いてみました。

英語学習のきっかけは新年の抱負

Q:英文学科のご出身ですから、英語はもともとおできになったのでは?

いえ、実は英語にはまったく興味はありませんでした(笑)。英文科に行ったのは消去法だったんです。理数系はまるでダメで、英語は科目としてはそこまで苦手ではなかったので……。大学ではバンド活動にのめり込んでいて勉強したという記憶もないですし。それに、大学の授業は物語を読んで解釈するものばかり。高校の読解の授業の延長ですよね。試験の解答のために日本語訳の本を買ってばかりいました。

もちろん僕も大半の人と同じように、10代、20代のころから「英語が話せたらカッコいいのになぁ〜」という漠然とした憧れはありました。でも、中学では「小さいころ一切やっていないから無理だ」、高校では「中学でちゃんとやらなかったから無理だ」、20歳のころは「10代でちゃんとやらなかったから無理だ」と、常に過去に勉強しなかったことを理由にずっとあきらめていたんです。

Q:では、何がきっかけで急に英語学習を始めようとしたんですか?

2010年の正月に新年の抱負を立てたときに「今年は何か勉強をしたいな!」と思ったんです。何を勉強するか考えた中で、「グローバル化とよく言われているし、コールセンターの管理の仕事をしている自分もいつか英語を活かせるかも」と英語を選んだんです。今までは海外事業部といった一部の部署や担当者しか仕事で英語を使わなかったのが、僕のような普通の企業で一般の部署にいる人間にも、活かせる日がくるんじゃないかと。

Q:新年の抱負は3日坊主で終わることも多いですよね?

そうですね。新年の抱負を立てただけだったら、ここまで続いていなかったと思います。でも、その後で「第二言語としての英語であれば年齢に関係なく身につけることができる」とブログやツイッターに書いている「HALさん」(ツイッターアカウント @HAL_J 現在はフィリピン留学の『サウスピーク』塾長)という人を見つけたんです。ほかに32歳から英語学習を始め、海外留学の経験一切なしで、NHKのラジオ英会話の番組と公民館で開催される英会話サークルだけでマスターした川本佐奈恵さんの存在も知りました。彼らの英語学習の体験談を読んで、自分にもできるかなという気持ちになったんです。

で、思い切って、HALさんのオフ会に2回出てみたんです。英語学習の情報を交換したりする会なんですが、参加者全員で英語を話す時間が1回目は15分間、2回目は3時間ぐらいあったんですね。僕は全然話せなかったんですが、その時間がすごく楽しかった。僕も参加している人たちみたいに英語が話せるようになりたいし、彼ら自身ともっと英語で話がしてみたい。そう素直に感じるほど、みなさん魅力的な方たちでした。 そこに行ったことで「今回こそ、絶対に英語ができるようになるまでやろう!」という決意が固まったんです。こうした出会いがあったからこそ、今までやってこれました。

TOEICスコアアップを英語学習のモチベーションに

Q:具体的には、どんな勉強から始めたんですか?

まずは、TOEICを初受験しました。いちばん早く受けられるのが3月だったので2カ月の間、対策本を使って勉強しました。最初に模試を解いたときは、あまりに間違えが多かったので、採点を途中でやめてしまったほどでした(笑)。でも、問題集を繰り返し読んで問題を解く猛勉強をしたおかげで、何とか645点が取れました。

Q:その後は?

TOEICは勉強すれば点数が上がるし、スコアアップはモチベーションを保つことにもつながりますから、TOEICはその後も何度も受験しましたし、そのための勉強も続けました。

嬉野さんの英語学習教材の一部

ですが、TOEICとは別に、英語と言えば、やはり話せるようになりたいという気持ちがありました。リスニング、文法、語彙、リーディングなどは独学でもできる気がしたんですが、話すことだけは、誰かと実際に会話を交わさないと始まらないと思ったんです。英会話の本は数多くありますが、本を読んで、自分一人でやっても、結局会話には発展しない。だから、「話すという部分では独学では限界がある。生の英語に触れないとできない」と考えたんです

Q:話す力が一番足りないと感じられたのですね?

ええ。話す経験はほぼゼロでしたので。また、リスニングもほとんどしていなかったですね。最近は大学受験でもリスニング問題があるので、対策としてやるんでしょうけど、僕らの時代は英文科であってもリスニングの試験がありませんでした。授業でもほとんどなかったですし。だから、会話に必要なスピーキングとリスニングがごっそり抜け落ちていたんです。

オンライン英会話初体験、初回レッスンはボロボロ

Q:スピーキングとリスニングを鍛えるために英会話レッスンを受けることに?

ええ。最初は、大手の英会話スクールの無料体験レッスンに行きました。レッスンをしてくれたのは日本人の先生で、とても印象はよかったんです。英語の初心者向けに、わからないところは日本語で伝えてくれたので、流れもスムーズでした。提示されたカリキュラムの内容に関しても、6カ月間というようにしっかり組まれていたので、半年でどれほどのレベルアップが見込めるか明確でした。

でも、費用は週1回のレッスンで月1万2〜3千円と、決して安くはなかった。加えてグループレッスンだったので、シャイな自分が発言している姿を想像できませんでした。下手したら、相づちを打つだけで終わってしまうのではないかと……。それにもし、ある程度発言できたとしても、ナマケモノの自分が、週1時間のレッスンのために予習復習をしないのは目に見えている。どれが効果的な方法かはわかりませんでしたが、単純に、「話せるようになるためには、たくさん話すしかない」と思っていました。

そんなときです、オンライン英会話サービスのレアジョブ英会話のことを思い出したのは。ネット、テレビ、新聞の何で見たのかはよく思い出せないんですが、レアジョブ英会話については、英語を勉強し始める2010年より前から知っていました。スカイプを使って外国人の先生から格安で英会話を習うというのは、僕にとっては衝撃的なニュースでしたから。ただ当初は、英語がまったくしゃべれない自分には到底利用できないと思っていました。

でも、今の自分はたくさん話す場が必要だし、そのためには料金が割安なほうがいい。レアジョブ英会話は、この2つの条件を満たしていたので、日本語が通じないのはとても不安でしたが、体験レッスンをとにかくやってみることにしたんです。

Q:初の体験レッスンはどうでしたか?

つなぎすとサロン主催 【夢につなげる! オンライン英会話の学習塾】(2014年4月26日神戸、27日京都)にてデモレッスンを披露する嬉野さん

ボロボロでした(笑)。そもそも、スカイプ自体を使ったこともなかったので、直前で慌てたくないと、2時間前からパソコンの前で待機していました。ヘッドセットも装着して、準備万端の体勢でドキドキしながら開始時間を待っていたんです。異様な空気を察して、妻もそっと部屋から出て一人にしてくれたほどでしたね(笑)。いざ始まってみると、予想以上のダメっぷりでした。極度の緊張で、Hello.とMy name is Katsuya.しか言えず、あとはYes.と相づちを打つだけで終わってしまいました。

しゃべれない自分にレッスン後はかなり落ち込みましたが、先生は終始笑顔で親切だったことに救われましたね。フリーカンバセーションとアーティクル・ディスカッションといったレッスン内容を簡単な言葉で説明してくれたほかに、「1カ月もすれば話せるようになりますから」といった意味の言葉もくれたんです。僕は単純なので「そっか。続ければできるようになるんだ」と思えたし、「こんな親切で良い先生となら、もうちょっとしゃべれるようになりたい」と強く感じました。

体験無料レッスンは2回取れるので、すぐに別の先生でもう一度取りました。その先生もとても丁寧で親切でした。

Q:レアジョブ英会話に入会する決め手は何だったのですか?

大手の英会話スクールに足を運んだときは「教わろう」という気持ちでしたが、レアジョブ英会話のレッスンを体験したときに「この先生としゃべれるようになるためには、自分でたくさん勉強をしなくちゃ」という気になったんです 。リスニング、リーディングといったインプットの勉強を自主的にやった上で、レアジョブ英会話の先生と会話の練習をすれば話せるようになるんじゃないかと。当たり前の話ですが、そう思えたのは大きかった。週1のレッスンに通っても同じことができる人もいるのでしょうが、僕には無理でしたから。

それから、遅い時間にもレッスンを提供しているというシステムが、急な残業もあり得る自分には合っていると思いました。普通の英会話スクールだと一番遅いレッスンの開始時間が夜8時ぐらいですから。さらにレッスン中、「日本語には一切頼れず英語を使ってコミュニケーションを図らざるを得ない。しかも先生とマンツーマン」という環境も、「やるしかない」と、いい意味で自分を追い込んでくれる気がしました。

【後半】の記事はこちら

こちらの記事も人気です



レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する