働きながら通訳案内士合格!社会人が効率よくオンライン英会話を活用するポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「働きながら英語の勉強時間を確保するには?」「忙しい中でもモチベーションを保つには?」

英語を勉強するビジネスパーソンなら、一度はこんな悩みを持ったことがあるのではないでしょうか。とはいえ、日々の仕事に追われる中では、ついつい英語学習が後回しになってしまう…という方も多いかもしれません。

こうした悩みを解決するヒントを探るべく、今回は仕事をしながらオンライン英会話を活用し、通訳案内士試験に見事合格された会社員の古倉香織さんに、仕事と英語学習を両立して目標を達成するためのオンライン英会話活用法についてお話を伺ってきました!

英語の面接試験でアウトプットの重要性を実感

Q:どうしてオンライン英会話を始めようと思ったのですか?

通訳案内士の二次試験に2回落ちたことがきっかけです。二次試験は面接で、英会話のスキルをチェックされます。それまでも語学学校に通ったり独学で勉強したりしてきたのですが、試験官からの質問にパっと答えられるようにはなりませんでした。

Q:当時の自分を振り返るとどういったスキルが足りていなかったと感じていますか?

語彙も不足していましたし、何より会話の練習としてのアウトプットが圧倒的に足りていませんでした。グループレッスンの語学学校だと、自分が話す時間は少ないんですよね。アウトプットの量を増やすためにも、3回目の受験に向けてレアジョブ英会話を活用することに決めました。

寝る前の30分で習慣化!会話だけでなくライティングもレアジョブ英会話で

Q:通訳案内士の勉強のために、どのようにレアジョブ英会話を活用されていたんですか?

日中は会社員として働いているので、帰ってきて寝るまでの間に毎日レッスンを受けました。だいたい夜11時半ぐらいからレッスンを受講しています。最初は時間を捻出するのが難しかったのですが、ご飯をサっとすませるなど日常の行動を効率的にして、学習時間を確保しました。

Q:お仕事が終わってから毎日受講されるのって大変だと思いますが、モチベーションはどうやって保ちましたか?

習慣化できるまでは「今日は疲れているからやめようかな」と思った日もありました。それでも私には二次試験合格という大きな目標があったので、レッスンを毎日受講することが習慣になるまでは、頑張りましたね。明確な目標があったので、モチベーションも保てました。ただレッスン自体も楽しいので、それも毎日続けられる理由になったと思います。オンラインなら自分の予定に合わせて時間を調整することもできるし、語学学校とは違ったメリットがあります。今では寝る前にレッスンを受けることが当たり前になりました。逆に英語力が下がるのが嫌で、二次試験合格後もずっと続けられています。

Q:先生とのレッスンで印象に残っていることはありますか?

レッスンの内容が役に立つことはもちろんですが、先生がフィリピンの文化を教えてくれるのも嬉しいです。フィリピン特有の習慣や食べ物など、写真を送って話してくれたりします。外国の文化をリアルに感じることができるのが楽しいですね。

Q:レッスンの内容としては、主にどのようなことをやっていますか?

会話教材の中級から始めて、そのあと上級に取り組みました。レアジョブ英会話を始める際にカウンセリングを受けて、通訳案内士の二次試験突破という目標を達成するための具体的なレッスン方法を教えてもらったことが役立っています。日常会話以外でも、どのようにレアジョブ英会話を活用すれば二次試験対策に有効なのかをカウンセリングで教えてもらえたことが大きかったです。

Q:日常会話以外では、どんなレッスンをしていたのですか?

通訳案内士の二次試験には逐次通訳があるのですが、その対策として通訳案内士の過去問を自分で英訳し、先生にWordファイルを送って添削してもらう形式のレッスンもやりました。それと通訳案内士は文化や歴史に関する英語を覚えなければならないので、テキストも日本の文化に関するものをチョイスしていました。カウンセリングがあったからこそ、オンライン英会話の効果的な活用法を知ることができたと思います。

Q:レッスンの予習復習はやっていましたか?

予習をする時間はとれなかったのですが、復習はしていました。レッスン中に先生がSkypeのチャットでフレーズや単語を送ってくれるので、その履歴を見て復習します。毎回テキストを印刷しているので、そこにメモをしていました。あとは指摘された発音や言い回しなどをノートに記録して自分だけの「弱点ノート」も作っていました。苦手な単語や発音は、試験の1ヶ月前から集中して覚えましたね。

小さな成功体験を積み重ねることが英語学習成功の秘訣

Q:英語を勉強する中で、挫折しそうになったことはありますか?

そうですね、二次試験に2回落ちた時はさすがに落ち込みました。自分が頑張って話していても試験官の顔が曇っていたり、自分としても上手く話せていない実感があったり……。

Q:レアジョブ英会話を始めてからは、英語力がアップしている実感はありましたか?

3回目の二次試験では自分でもスラスラと話せた実感があり、上達を感じました。試験官も笑顔で聞いてくれましたし、何よりレッスンで何回も実戦練習をしていたので、スムーズに英語が出てきました。

Q:これから英語を勉強する人に向けて、英語学習のアドバイスをお願いします。

英語が少しでも通じると、とても嬉しいんですよね。そういう小さな成功体験を積み重ねることで、英語力がどんどん向上していくように思います。さらに少し通じるようになると「もっと伝えたい」という気持ちが芽生え、それがレベルアップするための原動力になっていきます。そのための最初の一歩として、とりあえず外国の人と英語で話してみる。そうすることで「伝わって嬉しい!もっと伝えたい!」という気持ちを持つことができて、モチベーションにつながっていくのだと思います。

まとめ

「試験合格という大きな目標を持つこと」と「英語が伝わるという小さな成功体験を積み重ねること」、古倉さんのお話から見えてきた2つのヒントは、忙しいビジネスパーソンが英語学習で結果を出すために欠かせないことといえるでしょう。

皆さんも古倉さんのように、自分の目標と自分に合った勉強方法をオンライン英会話で実現し、自分らしい夢への一歩を踏み出してくださいね!

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する