英語で茶道体験【英語女子会イベントレポート#3】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月のキックオフからスタートした英語女子会。英語にチャレンジしてみたい、でもひとりでは少し自信がない。それなら女性同士で自由に楽しく英語に触れてみよう!そんなコンセプトのこのプロジェクト。
先日、3回目のイベントを開催しました!

今回はなんと英語で茶道体験!
訪れたのは、都立大学駅ちかくの『目黒とうりあん茶道教室』。舩越宗英さんと奥さまの河田宗愛さんが主宰する茶道教室は、都内とは思えない落ち着いた空間です。
(そして、宗英さんはレアジョブ英会話ユーザー!英語女子会メンバーの大先輩です!)

まずは自己紹介!

講師の宗英さんと宗愛さんに自己紹介をします。
3ヶ月間レッスンを重ねてきたので、もう英語に緊張することもありません。少し前までは基本的なことを伝えるので精一杯だった人も、「最近とっても嬉しいことがありました!」「今日はこんなことを習いたいです!」と、+α自分の考えなどを入れられるように。

この日も「学生時代に茶道をやったことがあるので、今日は英語を使いながら、もっと奥深いところまで学びたいです。」としっかり伝えるメンバーも。使える単語の数が増えて、英語力が少しでもあがると、表現の幅はうんと広がります。それって楽しいですよね!
レアジョブユーザーの宗英さん、宗愛さんもご自身について話してくださいました!

英語で茶道体験!

e0eDSC01622

自己紹介のあとはお作法の基本から。お茶碗、茶せん、釜などの茶道具を実際に用いて、お二人が丁寧に説明をしてくださいます。茶道初体験のメンバーもいるので、みんな真剣。

・お菓子をいただくときは、黒文字という楊枝をつかって、三つに切る。
 (綺麗な立ち振る舞い、無駄のない動きを考えた、ちょうどよい数が三つ~四つとのこと。お菓子を“美しく”いただくことが重要だそう。)
・お茶をいただく前は、隣の人との間にお茶碗を置いて「お先に。」と伝える。
 (同席している方への気配り、心配りを大切に。)
・最後のひとくちは、わざと音をたてる。
(茶室は薄暗いので、茶会を手伝う裏方さんが動きやすいように、状況を知らせるためなのです!足音、ふすまの音を鳴らすことも。)

これらのお作法をしっかりと教わります。初めて知ることも、意外なこともたくさん。

DSC01607

続いて、茶道で使えるフレーズを英語で練習していきます。

“I’m taking Chado lesson. Would you like some matcha?
(今、お茶を習っているの。よかったら一服いかが?)”

と、短くて比較的やさしいものから、

“Take the tea bowl with your right hand, place it on your left palm, turn the tea bowl clockwise twice. Appreciate and please enjoy your tea!
(右手でお茶碗をとって左手のひらにのせて感謝して、お茶碗を時計回りに二回まわして、それからいただいてね。)”

という、長くてなかなか高度なものまで!最初はテキストを見ながら、慣れてくると何も見ずに覚えて、実際の動作をしながらロールプレイング。これがなかなか難しいのです。
気を抜くとフレーズを忘れたり、動作を間違えてしまったりするので、全員とっても真剣。今までの英語女子会イベントでは見たことのないような顔つきになりました(笑)

他にはこんなフレーズも!
*The important thing is to make tea with all your heart. Then it will be delicious.
 (おいしいお茶に必要なのは心のこもった気持ちなのです。)
*Chado is related to various Japanese arts and philosophical principles,
 (茶道は日本のさまざまな芸術や文化と結びついているのです。)

おもてなしの気持ちと感謝の心

eDSC01527

ロールプレイングのあとは、宗英さんと宗愛さんが『お茶の心得』を教えてくださいました。それは、言葉(英語)と同じくらい、おもてなしの気持ちを大切にするということです。

茶道とは、作法とこころが重なってはじめて完成するもの。
「今日は来てくれてありがとう。」「あなたにお茶を振る舞うことが出来て嬉しいです。」そういった感謝の心が先にあって、はじめて本当に美味しいお茶を点てられる。よい気持ちが繋がっていく。そんな、とても素敵なことを話して下さいました。また、日常の中でも、家の掃除をしてほこりを取り除き、汚れをとることで、雑念も取り除けますよと、普段の生活において大切にするとよいことも、丁寧に教えていただきました。

また、宗英さんと宗愛さんはこのような想いで茶道を教えてくださっていました。
それは、海外の方に英語で話すテーマのひとつとして茶道を活用してほしい。英語で茶道ができるようになれば、日本文化の美しさやその魅力を伝えることができる。それがキッカケとなってよいコミュニケーションが生まれたり、海外の文化を教えてもらったりと、できることはどんどん増えていく、というもの。
とっても充実した茶道体験からも、お二人のあたたかい想いが伝わってきました。

感謝の気持ちをお伝えして目黒とうりあん茶道教室をあとにしました。

みんなでランチ

英語で茶道を楽しんだあとは、みんなでランチ!
実は、みんなで集まるイベントは今回でラスト。約3か月、英語にトライしてみての感想、英語女子会でみんなと一緒に頑張ってみてどうだったかなど、美味しいご飯をいただきながら、どんどん話していきました。

~ 約3か月の英語女子会、どうだった? ~

*英語を話すこと、海外の人に会ったり話したりすることに抵抗がなくなった。
*最初のレッスンはガチガチに緊張したけど、リラックスして受けられるようになった。
*あいづちの種類が増えた(Yes. のみから、I see./ That’s great!/ Are you? などなど!)
*語彙力があがって同じ単語ばかり使わなくなった。色々な言い回しが出来るように。
*先生の質問に答えることだけで精一杯だったのが、自分から質問をしたり、会話をふったりできるようになった。

英語女子会に参加してよかったことが、メンバーから次々に出てきました!
いいことばかりじゃなくてもOKですよ~!自分には合わなかったとか、そういうこともあれば話してくださいね!とスタッフさんからの声もありましたが(笑)みんな、英語女子会に参加して楽しみながら英語力をつけられて、大満足な様子。
特に、ヒアリング力はたった3ヶ月でも大きく変わった人が多かったです。ほとんど毎日英語に触れていると、耳も慣れてくるのでしょうね!

仕事から帰宅したあとに、たくさんある家事の合間に、勉強をする前に・・・
忙しい日々の中でレッスンを頑張れたのは、“みんなで”目標をシェアして、レッスンの報告、相談ができたから。メンバー全員、英語力がアップしたのはもちろん、なんだか笑顔が明るくなった気がします。自信がついた証、かな。

英語を使って叶えたい夢や野望、どんどん実現できそうですね。
みんなのこれからがとっても楽しみです・・・☆

■素敵な体験をありがとうございました!

目黒とうりあん茶道教室

▼英語女子会の詳細はこちら▼
英語女子会 Byレアジョブ英会話


ライター/榧野 文香(twitter:@sora_ya8
現在は、インタビューやライフスタイル系コラムを中心に活動中。多様な「生き方」「想い」「価値観」などをメインに綴っている。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。