「英語は無理!」と諦める前に・・・。英語学習に挫折しかけている方へのアドバイス。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年度を迎え、2か月が経ちました。4月から心を入れ替え、英語学習をスタートしたものの、思うような成果が出ずに挫折しかけている方もいるかと思います。今回はそのような方にぜひ読んでいただきたいと思います。

ほとんどの人は「結果」を早く期待しすぎ。

私はこれまで、中学生から社会人の方まで20年間ほど英語を教えてきました。すべての年齢層の方に当てはまりますが、英語学習の結果はそれほど早くは出ません。大半の人が結果を早く期待しすぎているのです。具体的な数値で表すことは難しいのですが、私の感覚から判断すると、自分の目指しているレベルには、自分が考えている時間の3倍程度の時間が必要であると思っていいでしょう。

英語学習において「結果」は大切ですが、「結果」が出ないことを悲観しすぎてもいけません。逆に言えば、「結果」が出なくても学習を続けるメンタルが大切だと思います。諦めずに学習を続けていれば必ず「結果」は現れます。

「量」が大切?「質」が大切?

言うまでもなく、「量」も「質」も大切です。しかし、どちらをより重要視すべきかと問われれば、「量」の方が重要だと言えます。私は日常的に本サイトで英語学習法をお伝えしています。つまり、学習の「質」の高め方について説明しています。しかし、英語力を伸ばすためには「質」よりも「量」の方が大切なのです。少し難しい表現になってしまいますが、「量」を増やしていくことによって「質」が高まるのです。つまり、「質」を高めるには、「ある一定の量」が必要になるのです。そして、多くの人はこの「ある一定の量」に達する前に挫折してしまうのです。

特に英語の初級段階(TOEIC500点以下程度)で伸び悩んでいる人は「質」のことは考える必要などないと思います。自分の手元にある教材を一冊やりきってみてください。それだけで初級段階から抜け出せるはずです。

「何を覚えれば・・・」「どこから始めれば・・・」。このようなことばかり(「質」ばかり)考えすぎなのです。「何であっても」「どこからでも」まず始めるべきです。絶対的な「量」を増やせば必ず「質」も上がってきます。

また、最近増えてきているのが「英語学習」のためのhow to本です。書店でも学習者の心をつかむネーミングのものが並んでいます。確かに、英語学習初期段階では必要になることもあるとは思います。しかし、how toに力を入れすぎ、学習そのものがおろそかになっている人も多いのが実情です。how to本には甘いフレーズが多い傾向があることにも注意が必要です。

頑張っている「学習仲間」の存在

英語学習は基本的に一人で行うものですが、互いに刺激し合える「学習仲間」の存在は時に大きな刺激となります。私自身もあらゆる分野の多くの英語学習者の頑張りに励まされてきました。

大切なことは真剣に学習している「学習仲間」を持つことです。仲良し「学習仲間」ではなく、ライバルとしての「学習仲間」です。学習仲間が英語を向上させる姿は「危機感」を与えてくれます。この「危機感」は英語学習へのモチベーションアップになくてはならないものです。伸びない時期に傷の舐め合いだけをする仲良し「学習仲間」は必要ありません。

気分転換に良いのは「タバコ?酒?」

学習中の気分転換としての休憩はプラスの効果もマイナスの効果も与えます。私が考える気分転換の原則は「短時間」と「切り換え」です。つまり短時間で済ませることができ、そのあとの学習への影響がプラスに作用するものです。私自身、タバコは吸いませんが、酒は人並み以上に飲みます。しかし、気分転換の原則に照らせ合わせてみると、タバコはその原則に合致しますが、酒は完全にアウトです。

いろいろな考え方もありますし、人それぞれ状況も違うはずです。どうしても「酒」がやめられない人もいるでしょう。私もその一人かもしれません。私はどうしてもやめられない「酒」をその日の最後に飲む(飲める)ことをモチベーションにして、毎日の英語学習に向かうようにしています。(この考え方はあくまでも参考程度にし、あとはご自分でご判断ください)。

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する