TOEICのスコアを劇的に変える、リーディング対策で心がけたい3つの習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEICでのリーディング学習のコツがいまいちよくわからない、ある程度のスコアに達することはできたけど、そこからの伸び悩みがある。このようなお悩みを抱えている方も少なくないことでしょう。

今回はお金をかけずに、お手持ちのTOEICリーディング問題集があればすぐに始められるリーディングスコア向上のための3つのテクニックを紹介します

1. 日本語を書き込まない

20160829_toeic_reading_memo
英語の勉強中、わからない単語があればそれを英和辞書で調べ、そのまま調べた結果を日本語で書き込んでいる方は少なくないと思います。しかし試験中に同じことをすることはできませんよね。試験では用紙に書かれている英語をしっかり理解しないといけません。

日本語を書くことを習慣づけることで、日本語を介して英語を読むという癖がついてしまいます。なので、教材を読み返したときも日本語が書かれているままでは、「日本語を通して文章を理解する」という本末転倒な事態に繋がってしまいます。

日本語を書き込まないということは、英単語を英語で理解できるということになります。しかしそれがいきなりできるようになることは難しいかもしれません。今回は徐々に英語で理解できるようになるための2つの方法をご紹介します。

「英語で単語を理解する」ために英英辞書を使う

20160829_toeic_reading_dictionary
英語で単語の意味を理解することにハードルを感じる方もいるかもしれません。しかしやり方さえ考えれば、一気に親しみやすい勉強法になるでしょう。ここでは簡単に理解できるようになるために、まずは優しめの英英辞書を使ってみませんか?

辞書にもそれぞれレベルがあります。英語でそのまま英単語の意味を理解することが難しい方は、簡単な英語が用いられている辞書を使ってみましょう。インターネットにはたくさんの無料で使える辞書があります。無料のリソースを有効活用してみましょう。

最初は優しめの英英辞書を用いて、簡単な意味から理解していく。そして慣れてきたら意味を書き込む量を減らして、文脈から単語の意味を理解できるようになるでしょう。これにより初めて遭遇する問題にも冷静に対処することができるようになるでしょう。

「英語のボキャブラリーを増やす」ために類語辞書を使う

英語でそのまま理解することはまだ難しい…と思う方は、類語辞書を使ってみましょう。自分がわからない単語に対して、似たような意味を持つ単語は他にどのようなものがあるのかを探してみましょう。

例えば、extraという単語の意味がわからないときは、類語辞書で似たような意味を持つ単語や熟語は何なのかを検索してみましょう。そうすると、added, further, additionalといった類語がヒットするでしょう。ヒットした類語の中から、自分が理解しやすい単語を選び、それを書き込みます。類語と同時に反対の意味を持つ単語も調べると、さらにボキャブラリーが増えて多くの英文を理解できるようになります。

2. キーワードとなる単語にはマーカーを引く

20160829_toeic_reading_marking
文章を読んでいると、その文章の大事なフレーズや単語が出てくると思います。このような箇所にはマーカーで目立たせたり、鉛筆でアンダーラインを引くなどしておくといいでしょう。この作業を繰り返すことで、文章を読んだ時に大事なポイントや文章全体の要点が掴みやすくなります。

色分けして使う、マーカーのテクニック

数種類の色を使って、色分けをしながら重要なポイントを整理するのも1つのテクニックです。大事なポイントは文中にたくさん散らばっている可能性もあります。それぞれをわかりやすく把握するのに色分けも効果的であると言えるでしょう。

3. 段落ごとの要約文を書く習慣をつける

20160829_toeic_reading_summary
文章を読んだら、段落ごとにその段落ではどんなことを話していたのか、大事なポイントは何だったのかを一言程度で簡単に要約してみましょう。

要約することのメリット・重要性

文章を要約するということは、そこに書かれていたことをきちんと咀嚼して理解しているということを意味します。逆に、文中で言っていることが理解できていなかったら、いい要約は書くことができないということにもなります。

言い換えれば、要約とは自分がどこまで文章を理解することができたのかを確認するいいチャンスです。もしもうまく要約できないと思うのであれば、また英文に戻ってわかるようになるまで読み返してみることが大事です。

また要約文を作成する上で欠かせないポイントは、必ず自分の言葉に置き換えてみるということです。文章そのままを写し書きにするのは、要約とは言えません。

要約文の作り方

初めて要約文を作るという方は、まずは日本語から始めてみたらいかがでしょうか。そして英語を理解することに慣れてきたら、英語で要約文を書く練習を始めてみるといいと思います。

ここで要約文を書くときにおさえておくといいコツは、5W1Hを常に念頭に置いておくことです。What(何を), Where(どこで), Who(誰が), When(いつ), Why(なぜ), How(どのように)と問いかけてみてください。また要約前のリーディングをするときに、文中にどこがWhatでどこがWhereなのかを書いてみるといいかもしれません。そして要約時にこの情報を整理してみて、自分の言葉に置き換えて要約をしてみてください。

TOEICのリーディング問題は1つの段落がとても長いEmailや手紙などの読解が出されることがあります。こういう問題を練習で解くときは、ふたつに分割した上で要約するのも1つの戦略。そうすることで文章が読みやすくなり、また読解のスピードもあがると思います。長い文のまとまりを、一度に難なく理解できるようになるまでには時間がかかります。分割するなどして前後でどんなことが書かれているのかを理解してみましょう。

まとめ

TOEICの対策といえども、やはり言語は毎日触れていないと忘れてしまいます。毎日少しずつの量でいいので、読む習慣を忘れずに続けていくことがスコアを大きく向上させる上で重要になることでしょう。その毎日の勉強で以上3つのテクニックを繰り返し繰り返しやってみましょう。数日・数週間でも続けてみると、気づかないうちにあなたのリーディングの読解力があがっているかもしれません。

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。