「今年こそ英語を仕事に活かしたい!」という人におすすめの3つアクション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい年を迎え、「今年こそ英語を仕事に活かしたい!」という抱負を立てた方も多いのではないでしょうか。

※新年の抱負については、こちらの記事も参考にしてくださいね。

今回は、そんな方におすすめの「3つのアクション」をご紹介します。

1. 情報を得る

ここでいう「情報」とは、英語学習の情報というよりも、今の時代のビジネスの現場で英語を使う人たちが経験している、「実際のところ」です。そこで、僕自身が経験してわかったことを、2つ書かせていただきます。

・今の年齢からでも、留学経験がなくても、できる

「仕事で英語を使う」という経験がない時には、それがとてつもなく難しいことのように感じられるかも知れません。僕もそう思っていましたし、「きっと一生できない」と考えていました。

それなのに36歳という年齢から取り組んで実現できたのは、特別な学習法を使ったからでも、人並外れた努力をしたからでもありません。海外滞在経験や留学経験がなくても、30歳や40歳を過ぎていても、できるようになるんですね。一番の理由になっていると感じるのは、「今からだともう遅いかな…」と思っている年齢の人であれば、その分仕事の経験が豊富にあるということです。

あくまでも仕事のための英語ですから、年齢が上であってもキャリアがあればアドバンテージになり得ます。また、海外経験がなくても、その分日本の企業のいいやり方や、日本のお客さんのことをよく知っていたり、というメリットもありますから、負い目を感じる必要はありません。

・ただし、たくさん勉強(練習)する必要はある

だからといって、仕事で使える英語は、一朝一夕では身につきません。海外で英語を身につけた人は、海外という集中的に英語を学べる環境で、たくさん勉強(練習)したから、できるようになったのだと思います。決して、海外に行っただけでは身につきませんよね。国内でやる場合にも、毎日できる限り多くの時間を英語学習に充てる必要があります。

2. 学習を習慣化する

「たくさん勉強する」というと、大変に感じられる方も多いでしょうし、やる気満々の時だけやって、いまいち気分が乗らない時はやらないのでは、なかなか進まずにそのうちやめてしまうかも知れませんよね。

そこでおすすめなのが、英語学習を習慣にすることです。英語学習を習慣にしやすくするコツを、2つご紹介しますね。

・ハミガキを例に考える

ハミガキが習慣になっている人、多いですよね? 朝起きた時やご飯の後、寝る前などに、「歯を磨くぞ!」と気合いを入れなくても、手が勝手に歯ブラシのところに動いて、カシャカシャとやり始めるのではないでしょうか。

ここで、ポイントが2つあります。まず、ハミガキは、「決まったタイミング(または時刻)に、決まった場所で行う」ということです。

「気が向いた時に、気の向いた場所で磨こう」というよりは、「ご飯を食べた後(または朝の●時)に、洗面所で磨く」など、ほぼ決まっていますよね。

次に、ハミガキはもともと、習慣だからできるようになったのではなくて、行動を続けるうちに習慣になった、ということです。大人の人はもう忘れていると思いますが、赤ちゃんの頃は、ハミガキをギャーギャー泣きながら拒んでいた人が多いはずです。それを、ママやパパが時には力づくで、習慣になるように繰り返し磨いてくれるおかげで、自分でもできるようになっていくんですね。

この2つを、英語学習に応用します。

「決まったタイミング(時刻)に、決まった場所で、英語をする」
「最初はとにかく、気が向いても向かなくても、習慣になるまで必ずやる」

例えば、「朝家を出たらiPhone のイヤホンを耳にセットして、TOEIC のリスニングパートを聴く」「夜寝る前には英語のニュースを音読する」などです。

・すでに習慣化されているものを利用する

今の時点ですでに習慣になっているものに、英語学習をプラスすると、習慣化しやすいです。例えば、「毎日決まった時間に通勤電車に乗る」という習慣に「英単語を覚える」を足す。「暇さえあればスマホをいじる」という習慣に、「言語設定をすべて英語にする」「ホーム画面は英語学習アプリで固める」を足す、などです。

前述の「ハミガキ」という習慣に、「歯を磨いている間は英語のポッドキャストを流す」を足すのもいいですね。

3. 場所を探す

3つめのアクションは、仕事で英語を実際に使わせてもらえる場所を探すことです。せっかく英語を身につけても、待っているだけではなかなかチャンスは訪れませんからね。ある日突然外国人から電話がかかってきて、自分がさりげなく英語で応対してみんなを驚かせ、上司に「君、英語を使うところに異動しなさい!」と言われるなんてことは、そう起こるものではありません。

なので、自分から動くことをおすすめします。自分の会社では英語を使う仕事はないと思っていても、調べてみると実は普段あまり関わりのなかった部署で、海外との取り引きがあった、ということがあるかも知れません。常日頃、上司などにアピールしておくことも忘れずに。

今回の記事は以上です。ご参考にしていただけたら幸いです。

こちらの記事も人気です



レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する