朝食は英語でモーニング?ブレックファースト?朝食にまつわる英語フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝食は毎朝の楽しみ、あるいはゆっくりとる暇がない人など日本ではいろんな朝食の様子が想像できますが、海外での朝食事情はどうなっているのでしょうか?朝食にまつわる英語表現や海外で流行の朝食なども合わせてご紹介します。

そもそも朝食とは英語で何という?

日本では朝食のことを「モーニング」や「モーニングサービス」ということがあります。基本的に朝食は英語でなんというのでしょうか?本来の意味などについても見てみましょう。

朝食の基本表記はbreakfast(ブレックファースト)

朝食は英語で「breakfast」ブレックファーストです。特にアメリカでは基本的にコーヒー一杯でも朝に口にしたものを「breakfast」と言うようです。ブレックファーストはご覧の通り「break」と「fast」がつながってできている言葉で、表記は間をあけて「break fast」とすると断食を中断という文章になるので間は開けずにつなげて書きます。

モーニングでも通じる?

日本のホテルや喫茶店などで「モーニング」や「モーニングサービスあり」などと書かれ朝食が食べられることを意味しますね。海外では「モーニング」は朝という単語にしかすぎませんし、「モーニングサービス」は教会などの朝の礼拝のことを示します。

「モーニング」「モーニングサービス」は和製英語の朝食を意味する言葉なので、朝食のセットメニュー「モーニングサービス」を意味する表現は、「 breakfast special」となります。

ブレックファーストの語源は?

日本語では朝一番に食べる食事という意味で「朝食」と言われますが、英語のbreakfast自体に「朝食」の意味は本来ないようです。ではどういった語源があるのでしょうか?

breakfastの単語の成り立ちを見ると「break」(壊す、崩す、破る)という単語と「fast」(断食、絶食)という単語がミックスされています。これは1日の中で夕飯を食べてから長い断食期間を破って食べ物を口にするという意味から由来しています。

夕食を夜6時にとったとして、朝食が翌朝の6時と仮定すると12時間の間隔があり、明らかに他の食事より間隔が空いてしまいますね。そこで、長い「断食」を「破る」という表現を朝食という意味として使うようになったようです。

朝食にまつわる基本的な英語表現

朝食の語源などを前述で見てきましたが、ここでは朝食にまつわる具体的な英語表現について触れてみましょう。

朝食を食べる「eat」を使った英語表現

「eat」を使って朝食を食べるという言い方はごく一般的ですので、基本の英語表現を覚えて使ってみましょう。

I ate an egg sandwich for breakfast.
(朝食に卵サンドを食べました。)

I ate yogurt for breakfast this morning.
(今朝、ヨーグルトを朝食に食べました。)

I didn’t eat breakfast this morning.
(今朝は朝食を食べませんでした。)

Eating breakfast is a hassle for me.
(朝食を食べるのは面倒です。)

I ate a big breakfast. I will skip lunch.
(たくさん朝食食べてきたので、ランチは抜きます。)

朝食をとる「have」をつかった英語表現

朝食を食べるという時「have」を使うことで「食事をとる」という丁寧なフレーズになります。また朝食の習慣などを説明するのに便利ですので、例文で実際に感じをつかんでみましょう。

This morning I got up too late to have breakfast.
(今朝寝坊したので朝食をとる時間がありませんでした。)

I had breakfast in pajamas.
(朝食はパジャマのままでとりました。)

We have breakfast at seven.
(うちは7時に朝食をとります。)

You should have breakfast every day.
(あなたは毎日朝食をとるべきですよ。)

What don’t we have breakfast at McDonald’s?
(マクドナルドで朝食とりませんか?)

朝食の種類を知ろう

海外でホテルなどに宿泊すると提供されるのが4つのタイプの朝食。「Continental Breakfast  コンチネンタルブレックファースト」「American Breakfast アメリカンブレックファースト」「English Breakfast イングリッシュブレックファースト」と最近流行の「Breakfast buffet 朝食ブッフェ」です。それぞれの特徴についてみていきましょう。

・Continental Breakfast コンチネンタルブレックファ―スト
ホテルなどで提供される朝食の中でもっとも軽食にあたり、冷たい食材のみの朝ご飯です。一般的に、パンにバターやジャム、チーズ、ハムなどにヨーグルトやフルーツが付いてくる食事。飲み物にはコーヒー、紅茶などの温かいものやジュース、ミルクなども用意されます。調理された温かい食べ物が含まれないタイプの朝食をコンチネンタルブレックファーストと呼んでいます。

・American Breakfastアメリカンブレックファースト
アメリカンブレックファーストはアメリカ人の朝食という意味ではなく、移民によって形成された土地柄からしっかりと朝食を食べて働くためのエネルギーにするという考え方から生まれた食事だそうです。内容は盛りだくさんで、パン、卵料理をはじめ、ベーコン、ソーセージ、ハムなどの肉料理、ハッシュポテト、コーンビーフハッシュやフルーツなどの組み合わせが一般的です。またパンと同様にワッフル、パンケーキ、フレンチトースト、ベーグル、マフィンなどの選択もでき、穀物類をつかったシリアルやオートミールなどバラエティに富んだメニューが特徴です。

・English Breakfastイングリッシュブレックファースト
イングリッシュブレックファーストは、アメリカンと類似した英国風の朝食です。主な食材はアメリカン同様にパン、卵料理、ベーコン、ソーセージ、ハムなどですが、ベイクドビーンズ、生もしくはソテートマト、マッシュルーム料理などはイングリッシュブレックファースト独特の食材です。またキッパーと言われる干し魚に目玉焼きをのせた料理にパンという組み合わせも地方では良く見られ、地域性が現れた朝食と言えるでしょう。栄養バランスも考えられた盛りだくさんな内容から、フルブレックファストとも呼ばれています。


・Breakfast buffet 朝食ブッフェ

最近はどこにいってもブッフェ形式の食事が主流になってきました。朝食も例外ではありません。大型ホテルやチェーンなどでは朝食ブッフェも定番で、ゆっくりと好きなものを好きなだけ食べられるため人気があります。朝食ブッフェの卵料理はシェフが目の前で調理してくれるサービスがあり、お好みの具材を選んで調理してもらうオムレツなどは格別なものがありますね。またサラダやフルーツ、デザートなども充実したブッフェもありますので、菜食主義の方にもピッタリと言えるでしょう。

朝食の略の英語表現

朝食を意味する単語は「breakfast」ですが、英語表現で他に朝食を表す表現や単語はあるのでしょうか?ここでは朝食の略語や短縮形などについて触れてみましょう。

・ヨーロッパでよく使われる「brekky」や「brekkie」
「breakfast」がスラングのように表現されたものが「brekky」や「brekkie」です。主にヨーロッパで馴染みのある言葉で、子供に朝ご飯たべた?と聞くときに「brekky」ブレーキ―を使って”What did you have for brekkie?”(朝ごはんは何を食べたの?)と言ったりします。

・オーストラリアでよく使われる「Breaky」
オーストラリアでは単語を短縮形で使用する文化があり、breakfastも「Breaky」(ブレッキー)と簡単化されて用いられるようです。

・朝食を慣用表現する「The first meal of the day」
breakfastという単語を使わずに朝食を表現するなら「The first meal of the day」が適当でしょう。日本語訳は「1日の最初の食事」となり、朝食を意味します。

海外の朝食でよく出てくるメニューと英語表現

アメリカで定番のpankcake パンケーキ

アメリカで朝食といえば、なんといってもパンケーキは定番。日本のホットケーキよりも薄くて重量感がある食感で、ホイップバターとシロップをたっぷりかけるのがアメリカ風。この写真の朝食内容は超スタンダードで、スクランブルエッグ、カリカリのベーコン、朝食用の短いソーセージやソテーポテトはもちろんのこと、レーズンがたっぷり乗ったオートミールは単品だけでも十分満足感があります。

egg benedictエッグベネディクト


エッグベネディクトはニューヨーク発祥の卵料理で、イングリッシュマフィンの上にベーコンやハム、ポーチドエッグがのったオープンサンドイッチの様なスタイルが特徴です。ポーチドエッグの上にかかったソースはオランデーズソースと呼ばれ、ポーチドエッグにまろやかなバターの風味と程よくからむとろみ具合がマフィンとよく合います。マフィンはベーグルやトーストなどにも代用され、アボカドやルッコラなどをあしらったアレンジバージョンもあります。

shirimp&gritsシュリンプ&グリッツ


グリッツとは特にアメリカの南部で朝食に食べられている乾燥コーンで、お粥のように料理したものです。バターやチーズなどをトッピングして食べるのが一般的ですが、有名なのはグリルシュリンプとグレービーソースがたっぷり乗ったバージョン。エビはソテーもしくはフライに調理され、エビのだしがきいたとろとろのグレービーをかけて食べるのが南部風。

Lox and bagelsロックス&ベーグル


ベーグルは日本でも人気がありますね。ロックスとは加工処理された鮭のことでスモークサーモンというと馴染みがあるかもしれません。東海岸やニューヨーク地方で朝食として定番で、最近ではハワイで「Lox of Bagels」というベーグルの専門店がオープンしたりと話題を呼んでいます。クリームチーズと生玉ねぎ、スモークサーモンのコンビネーションが一般的ですが、アボカド、ケイパー、チャイブ、トマト、キュウリなどトッピングとのアレンジも人気です。

breakfast tacosブレックファストタコス


メキシコ料理の代表タコスは、トウモロコシ粉を薄焼きにしたトルティーヤにひき肉、ローストビーフなどの肉料理にチーズ、トマト、レタスなどを挟んで食べます。タコスは朝食としても有名なメニューで、ブレックファストタコスはスクランブルエッグがメイン具材です。好みでトマト、ブラックビーンズ、アボカド、ソーセージ、チーズなどをのせてアレンジを楽しめるのもタコスの魅力です。

朝食のシーンで使える英語の例文集

海外でポピュラーな朝食をご紹介しました。ここでは実際の朝食シーンで使える便利な英語の例文をみていきましょう。

朝食で卵料理を注文する英語表現

朝食をオーダーするときに卵料理を注文すると、調理方法を聞かれます。代表的な卵料理にスクランブルエッグ、目玉焼き、ポーチドエッグ、オムレツなどがありますが、ここでは卵料理の注文の流れを学んでみましょう。

Waiter: Are you ready to order?
(ご注文はお決まりですか?)
You: Yes, I am. I will have 2eggs, 3slice of bacon and 3pancakes, please.
(はい、決まっています。卵2個、ベーコン3枚とパンケーキ3枚ください。)
Waiter: How would you like your eggs?
(卵はどんな風になさいますか?)
You: I want them fried.
(目玉焼きにして下さい。)
Waiter: How do you like them?
(焼き加減はどうしますか?)
You: Over hard, please.
(両面しっかりでお願いします。)

※目玉焼きの焼き加減は”Over easy”両面を軽く焼く、”Over medium”両面で中身が半熟、” Sunny side up”片面焼きで中身は半熟、なども覚えておくと好みを詳しく説明できます。

I will have some scrambled eggs.
(スクランブルエッグにします。)

I will get 2 poached eggs.
(ポーチドエッグ2つもらいます。)

I will have some omelet with bacon, tomato, mushroom, and cheese.
(ベーコン、トマト、チーズの入ったオムレツを注文します。)

朝食で飲み物を注文する時の英語表現

朝食の際に飲み物ももちろん注文しますね。コーヒーや紅茶もしくはジュースの注文など飲み物の好みを伝えたい時に役に立つ表現をご紹介します。

I would like to have some coffee with cream and sugar.
(コーヒーにクリームと砂糖も一緒にお願いします。)

Can I have some hot tea with lemon, please?
(あったかいレモンティをお願いします。)

I will have some orange juice.
(オレンジジュースをいただきます。)

Can you bring some water, too?
(お水も一緒にもらえますか?)

Can I have some hot milk with honey?
(はちみつを入れた温かいミルクをもらえますか?)

朝食をルームサービスで注文する英語表現

朝食をホテルなどでとる場合、ルームサービスも非常に便利です。部屋にはルームサービスのメニューがたいてい備え付けられていて、コンチネンタル、アメリカンなどで注文することがほとんどです。部屋で朝食をとるのも旅の醍醐味ですので、注文の際の英語例文を参考にしてみてください。

You: I’d like room service.
(ルームサービスをお願いします。)
Server: yes, mam. What would like to order?
(はい、お客様。何をご注文なさいますか?)
You: I would like to have an American breakfast with coffee and orange juice.
(アメリカンブレックファーストにコーヒーとオレンジジュースをください。)
Server: Would you like your egg?
(卵はどんな風になさいますか?)
You: I will have them sunny side up.
(サニーサイドでお願いします。)
Server: Would you like bacon or sausage?
(ベーコンとソーセージどちらになさいますか?)
You: Bacon, Please.
(ベーコンをお願いします。)
Server: Anything else?
(他になにかご入用ですか?)
You: No, That’s all.
(いいえ、以上です。)

朝食で特別注文をしたい時の英語表現

海外ではセットのメニューでも要望を伝えれば特別に注文を用意してくれることがほとんどです。食材にアレルギーがあったり、好き嫌いがあったりする場合は特別注文でアレンジメニューを注文してみましょう。

I am allergic to onion. Could you cook my omelet without onion, please?
(玉ねぎのアレルギーがあります。私のオムレツは玉ねぎ抜きでお願いできますでしょうか?)

I cannot eat mayonnaise at all. Please bring some ketchup instead.
(マヨネーズが全く食べられません。代わりにケッチャプを持ってきてください。)

Can you add extra cheese to my omelet?
(私のオムレツにチーズを多めに入れてもらえますか?)

日本の朝食を説明したい時使える英語表現

会社や学校など、食事の話題は何気なくかわせる便利な題材です。海外の人と朝食の話になったらこんな風な英語表現も役に立つかもしれません。簡単な英語で表現できる朝食に視点をおいたフレーズを見てみましょう。

A: What do Japanese people eat for breakfast?
(日本の人は朝ご飯に何をたべますか?)
You: We usually eat some natto, miso soup, and rice which is typical Japanese breakfast. Eating toast is also common, too.
(たいてい典型的な日本食の納豆、みそ汁、ご飯を食べます。トーストを食べるのも一般的ですね。)

We usually make Japanese roll omelet for breakfast. 
(私たちはたいてい、日本の卵焼きを朝食に作ります。)

Some people like to eat some sweet bread for breakfast.
(朝食に菓子パンを好んで食べる人もいます。)

まとめ

朝食breakfastについていろいろな英語表現をご覧いただきました。最近では日本でも海外の影響で、朝食にパンケーキやワッフルなどを食べる人も増えているのではないでしょうか。トッピングなどは特に決まっていませんので、注文の際に例えば「 Can you put some whipped cream?/ホイップクリームのせてもらえます?」などとオリジナルアレンジをすることも可能ですよ。ご紹介した英語表現を利用して、朝食の注文や朝食に関する会話などにぜひ役立ててみてくださいね。

こちらの記事も人気です



レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する