お酒は英語でアルコールでしょという人は必読!実は色々あるお酒にまつわる英語表現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で言うお酒はアルコールを総称してお酒というところがありますね。しかしアルコールをたしなむ人ならきっとビール、ワイン、蒸留酒などもっと詳しく語りたいところではないでしょうか。英語でお酒という場合、とっさに思いつくのはアルコールですが、使うシーンや飲料の種類によって呼び方は様々のようです。今回はお酒にまつわる英語表現を、例文をまじえてご紹介します。

そもそも酒は英語で何という?

お酒とひとくちにいっても種類がたくさんあります。海外では種類によって独特の呼び方があるのでしょうか?お酒を英語で表現する場合の単語や呼び方について見てみましょう。

alcoholはお酒の総称?

「alcohol/アルコール」というとお酒全体を指す名詞ですが、英語では「Alcoholic beverage/アルコールビバレッジ」とすることで初めてアルコール飲料という使い方ができます。アルコール単体ではお酒類全体を含め、消毒用や燃料という科学的原料の意味としても用いられます。レストランやカフェなどでお酒を置いているかどうか確かめる時に言うなら”Do you sell alcohol?”「お酒は扱ってますか?」のような聞き方ができます。

お酒のことをDrinkとも言う?

お酒を総称して英語でアルコールということは前述でお話しましたが、同様に海外では「drink/ドリンク」もよく使います。日本人の感覚ではドリンクは単なる飲み物という概念ですが、いわゆるアルコールが飲みたいという意図でお酒のことをドリンクと表現するのが一般的です。日本でもよく質問する「お酒は飲みますか?」は”Do you drink?”と言えばOK。

liquorはどんなお酒のこと?

お酒を表現する言葉に「liquor/リカー」という単語があります。リカーは特にアルコール度数の高いラム、ウイスキー、ブランデーやコニャックといった蒸留酒を指す言葉で、”spirits”と呼ばれることもあります。皆さんも耳馴染みがあるかもしれませんが、お酒を販売するお店のことは”liquor shop”と言います。

boozeってどんな意味?

お酒という意味でもう一つ「booze/ブーズ」という言葉があります。これはお酒の俗語に当たる単語で、ごく親しい友達同士や仲間内でつかうスラングです。定義としてお酒をたしなむという体ではなく、浴びるほど飲むという場合の表現にふさわしい言葉。会話の中では”Do you have any booze in your fridge?”「なんかアルコール系のもの冷蔵庫にないの?」というような非常にラフな会話に適当な単語と言えるでしょう。

酒にまつわる基本的な英語表現

お酒の種類などによって言い方がありますが、各種のお酒にまつわる言い方を詳しくみていきましょう。

ビールにまつわる英語表現

ビールもアルコールですが、ビールは種類も多くブランドなどにも個性があるため、ドリンクやアルコールという言い方はせず単体でビールと言うのが一般的です。

Do you drink beer?
(ビールは飲むの?)

Why don’t we have some beer?
(ビールでも飲みにいかないか?)

I like draft beer rather than bottled beer.
(私はビンビールよりも生の方が好きだな。)

日本酒にまつわる英語表現

日本酒は「Japanese wine」と訳されたりしますが海外でも「sake」として徐々に市民権を獲得しつつあります。最近では日本食を扱う寿司レストランはもちろんのこと、アジア系とくに韓国レストランなどでよく見かけるようになりました。

Hey, have you ever tried Japanese sake before?
(ねえ、日本のお酒試したことある?)

I know the place that you can buy good Japanese sake.
(いい日本酒を買えるところ知ってるよ。)

Japanese sake is a good souvenir for your family.
(日本酒はご家族にいいお土産ですよ。)

ウイスキーにまつわる表現

アメリカをはじめとして海外ではウイスキーを水割りで飲むという習慣があまりないようです。基本的に注文はストレートもしくはロックが一般的。日本で飲みなれている方法を注文する際は、次のようにウェイターに伝えるとOKです。

・straight up(ストレート)
・on the rocks(オン・ザ・ロック)
・twice up(トワイスアップ)
・whiskey and soda(ハイボール)

水割りの代わりにチェイサーがあると自分の好みに作ることができるので、ウイスキーの注文と合わせて頼んでおきましょう。

I’ll have a double scotch, on the rocks, please. Can you get me a glass of water, too?
(スコッチをダブルで、ロックでお願いします。グラスにお水もくださいますか?)

ウォッカにまつわる英語表現

ウォッカを注文するときは、発音は「ヴァッカ」になります。アメリカではカクテルというよりもショット(おちょこの様な小さいグラス)でストレートに飲むことも多いお酒です。カクテルの名前が分かっていれば基本的に「カクテル名+please」で注文できます。カクテルのミックスをノンアルコールで飲みたい場合は「virgin」を使った言い方ができます。ここではウォッカとの割合をアレンジしたい時に使える○○多め、○○少なめでという言い方やノンアルコールでという英語表現をご紹介します。

Can I have a Bloody Mary with less Tabasco, please?
(ブラッドマリーのタバスコ少な目でお願いできますか?)

Can you give me a Bloody Mary without celery?
(ブラッドマリーのセロリ抜きをお願いできますか?)

I will have a Moscow Mule with lots of ginger ale, please.
(モスコミュールにジンジャエールたっぷり入ったやつを頂きます。)

Bloody Mary, make it a virgin, please.
(ブラッドマリーをノンアルコールにして下さい。)

ラムにまつわる英語表現

ラムベースのカクテルにもたくさんの種類がありますね。涼し気な見た目とミントのさっぱりした香りで有名な「モヒート」や歌の題名にもなった「ラム&コーク」などが代表的です。

前述でもご紹介しましたが、お酒があまり強くない人はノンアルコールカクテルでバーの雰囲気を楽しむのもいいですね。ラムをベースにした一般的なカクテルの言い方をご紹介します。

・Rum and Coke(ラムコーク):ダークラム、コカ・コーラ
・Daiquiri(ダイキリ):ホワイトラム、ライムジュース、シロップ
・Mojito(モヒート):ホワイトラム、ミントの葉、ライムジュース、砂糖、炭酸水
・Piña Colada(ピニャコラーダ):ホワイトラム、パイナップルジュース、ココナッツミルク
・Mai Tai(マイタイ):ホワイトラム、ダークラム、オレンジジュース、パイナップルジュース、オレンジリキュール、レモンジュース

ジンにまつわる英語表現

ジンで最も有名なカクテルと言えばマルティーニではないでしょうか?ジンとドライベルモットのコンビネーションのドライマルティーニは、人気のあるカクテルです。またジントニックもシンプルで男性にも好まれるカクテルとしても有名。ここではカクテルについてくるシトラスやオリーブなどの飾りについて触れてみましょう。

Can I have a Dry Martini withouttheolive?
(ドライマルティーニをオリーブ無しでくれますか?)

Could I have a Dry Martini with lots of olives?
(ドライマルティーニにたくさんオリーブいれてただけます?)

I’d like a Gin and Tonic with a twist of lime.
(ジントニックにライムを添えたものをください。)

焼酎にまつわる英語表現

日本酒は最近海外でも取り扱うところが増え、日本の代表的なアルコールとして浸透してきていますが、焼酎はまだまだ説明が必要かもしれません。海外の人に日本の焼酎を知ってもらうために役だつ英語表現を見てみましょう。

Shochu is made of rice or buckwheat.
(焼酎はお米や麦から作られています。)

Kyushu is a famous district for Shochu.
(九州は焼酎の有名な地域です。)

Shochu is popular distilled liquor and as much popular as Sake in Japan.
(焼酎は酒と同様に日本では有名な蒸留酒です。)

お酒に関連した英語表現を知ろう

お酒が会話に登場する場面は日常でもいくつかあります。例えばお酒を浴びるように飲む「大酒飲み」やお酒を飲み過ぎて「二日酔い」など、お酒に絡めた表現を覚えておきたいところですね。ここではお酒に関連した表現や、お酒を飲みに行くときの誘い方表現など便利なフレーズを学んでみましょう。

●酒のみ、大酒のみ、飲んだくれ「a heavy drinker」「a hard drinker」「a drunkard」

He is such a heavy drinker.
(彼はなんて大酒のみなんだろう。)

I didn’t know that she is a drunkard.
(彼女が飲んだくれだって知らなかったわ。)

●酔ってしまった「drunk」

I am drunk.
(わたしは酔ってます。)

I got a drunk. I need to call a cab.
(酔っぱらってしまったから、タクシー呼ばなくっちゃ。)

●二日酔い「a hangover」

I am a hangover today.
(今日は二日酔いです。)

I drank a lot last night, I got a hangover.
(夕べ飲み過ぎて二日酔いになりました。)

●ビールの一気飲み「chug a beer」/一気!一気!「Chug! Chug! 」

Everybody said “Chug! Chug!” to Craig, and he chugs a beer so fast.
(みんながクレッグに一気!一気!ってけしかけて、彼凄い勢いで飲み干したの。)

●お酒でも飲まない?と誘う時の表現

Hey, can we grab some drink?
(ちょっと、お酒でもひっかけていかない?)

Can I buy you a beer?
(ビールおごらせてもらえませんか?)

Would you like something to drink?
(お酒でも一緒にいきませんか?)

海外でお酒を思いっきり楽しむ方法

海外に旅行にでかけたら、ちょっとリラックスしてお酒をたのしみたいですね。ここではお酒を最大にエンジョイするための関連情報についてお伝えしていきます。

お酒と一緒に楽しむおつまみ

海外では食事の時にアルコールも飲みますが、本格的に飲む人はバーをよく利用します。アメリカなどのバーには、おつまみにチキンウィングやスライダーと呼ばれる小さいサンドイッチ風の料理を提供しているところも多く、日本でいうところのおつまみとちょっと雰囲気が違うようです。

バーで手っ取り早くしかもどこでもメニューにあるお手軽なスナックは「French Fries」フライドポテトです。英語で注文する場合は「フレンチフライズ」となります。ほかにもオニオンリングやフライドチーズスティック、ナチョス、なども片手でつまめるフィンガースナックとして人気があります。

海外でお酒を買うならローカルショップがおすすめ

ユースホステルや今はやりのAirbnbのような宿泊施設にはルームサービスなどはきっと付帯されていないので、食事やドリンクも買い出しが必要ですね。そんなときお酒を買うならぜひローカルなリカーショップを探してみましょう。ニューヨークなどの大都市なら大通りに面したところにもリカーショップを見つけることができます。ちなみにこちらはNYにある老舗「St. Marks Wine and Liquor」で、季節限定商品なんかにも出会うことができるのでお土産にもぴったりですね。

世界で今一番流行のカクテルは?

カクテルには季節や地域によって人気のメニューに差があるのが特徴のようです。2018年世界でもっとも有名で人気のあるバー50件から調査したナンバーワンのカクテルをご紹介します。そのカクテルの名は「Old Fashioned」。砂糖キューブ1つ、3つのダッシュのアンゴスチュラビターと少量のソーダ、大きなアイスキューブと2オンスのライ麦リカーで作られています。機会があれば世界で人気ナンバーワンのカクテルを試してみてくださいね。

まとめ

お酒にまつわる英語表現をみてきました。海外では地域にもよりますが、公共の場である公園、駅、道路などでの飲酒は法律に違反する行為ですので気をつけましょう。お店でビールなどを購入しても、部屋や建物の中に入るまで飲むことはできませんので注意が必要です。飲酒は21歳からですので、IDの提示を求められることもあることを覚えておいてくださいね。ご紹介したお酒にまつわる英語フレーズを使ってぜひアルコールをエンジョイしてください!

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。