シャドーイングってなに?英語が上達するシャドーイングの勉強方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスニングの勉強法の王道はシャドーイングです。

シャドーイングは、英語を聴きながら、後から続いて読む勉強法です。もともとは通訳の養成のために生まれました。効き目はプロの折り紙付き。ですが、プロ向けだけに負担が大きいところも…。

今回は、挫折しないで続けられるシャドーイング勉強法をご紹介します。

英語の王道の勉強法「シャドーイング」とは?

シャドーイングは、プロも認める英語の勉強法です。英語の音声を耳から聴いて、少し遅れて繰り返します。

鍛えられるのは大きく分けて

・リスニング力
・自然な発音

この2つをもっとも効率よく鍛えられるのがシャドーイングです。

シャドーイングとは、音声に続けて読むこと

シャドーイングでは、英語の音声を聴いて、少し遅れて繰り返します。お手本と全く同じになるようにするのがコツです。

耳から英語を入れ、追いかけるように口から出す。この繰り返しで英語を鍛えます。聴き取れなければそもそも追いかけられませんから、まずはリスニング力が鍛えられます。ですが、シャドーイングの強みはそれだけではないのです。

シャドーイングの強みは、他の勉強法では鍛えにくい「あるもの」を鍛えられることにあります。

シャドーイングは究極の「リピート・アフターミー」

シャドーイングでは、英語らしい自然なイントネーションを学ぶことができます。英語の先生に、「Repeat after me(私に続いて読んで?)」と言われた経験がありませんか? 先生としては、英語らしい発音をしてほしい。でも、それを言葉で伝えるのはむずかしい…。だから「とにかく繰り返して」とお願いしているのですね。

シャドーイングでやっているのは、まさにその「とにかく繰り返して」です。耳から入った音を、自分の口で再現する。その繰り返しが、あなたの英語を英語らしくするのです。単語だけの発音はかんたんに勉強できても、自然なイントネーションはむずかしいもの。シャドーイングはその自然さを身につけてくれるのですね。 

英語のシャドーイング勉強法3ステップ

シャドーイングはプロもやっている勉強法だけに、最初の一歩がむずかしいものです。初心者の方は、ぜひこの3ステップを参考にしてみてください。

1.まずは本を読む

シャドーイングをやるときに、絶対に必要なものがあります。

① 英語の音声(スピーチやニュースなど、整ったものがよいですね)
② 英語の原稿

超上級者でなければ、いきなり英語の音声を聴いてシャドーイングするのはかなり大変です。そもそも聴き取れなかったり、口がついていかなかったりするのは怖いですよね。

まずは原稿を見ながら音読して、内容を覚えるのが鉄則です。動画なら、最後まで字幕付きで観てからシャドーイングに移ります。

・シャドーイングの鉄則1 まずは原稿だけで音読しよう!

2.音声のスピードを落として、本を見ながら続けて発音する

原稿の内容が頭に入ったら、シャドーイングに挑戦します。とはいえ、いきなりのシャドーイングは大変なもの。必ず「再生スピードを変えられるプレイヤー」を使うのがコツです。動画サイトでもYouTubeやTED Talksなど、ほとんどのサイトに「ゆっくり再生」機能があります。ぜひ活用してください。

再生スピードを0.5~0.75倍ほどにして、原稿を見ながらシャドーイングをします。まずは絶対についていけるスピードで読むと「私でもできるんだ!」と安心できます。私も昔は、いきなり元のスピードで読もうとして挫折を繰り返しました…。自信がないうちは、「お手本を見ながら・ゆっくり」で自信をつけましょう。

・シャドーイングの鉄則2 最初は「ゆっくり原稿あり」

3.元のスピードでシャドーイングする

ゆっくり読むのに慣れたら、1.0倍のスピードで読んでみます。シャドーイングのむずかしさは

等倍で原稿なし>ゆっくりで原稿なし>等倍で原稿あり>ゆっくり原稿あり

と移っていきます。少しずつステップを上げていって、「等倍で原稿あり」→「ゆっくりで原稿なし」とレベルアップしていきましょう。

原稿を隠すと、一気にむずかしく、だからこそ効果的になっていきます。まずは短い一文から挑戦しましょう。

・シャドーイングの鉄則3 「等速で原稿なし」まで少しずつレベルアップ

英語のシャドーイングを勉強する際の注意点

シャドーイングはとても効果的ですが、プロ向けの練習法ですから、注意点もあります。挫折しないで続けるために、下の2つにはぜひ気を付けてください。

無理をしてシャドーイングしようとしない

シャドーイングはキツいです! やってみるとわかりますが、脳がカッと熱くなってくるのが感じられるほどの負担がかかります。

慣れないうちは尚更です。全然お手本についていけず、私は何度も自己嫌悪になりました。周りの語学の達人たちも、みんなシャドーイングはキツいと口をそろえます。

まずは「シャドーイングはプロでもキツいんだ」ということをぜひ覚えておいてください。もし最初はうまくいかなくても、あなたのせいではありません。

難しすぎるテキストを使わない

シャドーイングで失敗する典型的な例は、「むずかしすぎる教材を使ってしまう」です。BBCのニュースだったり、自分が興味のない分野のスピーチだったり、ハイレベルな英語を選びがち。

でも、ちょっと考えてみてください。シャドーイング自体が「脳が焼ける」くらい大変なのに、教材までむずかしかったらパンクしてしまいます。もし初心者の方の場合は、「中学生向けの英語教材」から挑戦してみてください。そこから少しずつ、むずかしいものに挑戦していくのが良いでしょう。

まとめ

シャドーイングは他にはない効果のある勉強法です。英語らしいイントネーションで話せるようになるためには、絶対に避けては通れません。

効果がある分、最初はハードルが高いのも事実。でも、そこを超えればあなたの英語は確実に「英語らしく」進化します。

挫折しないシャドーイングで、英語らしい英語を手に入れましょう!

\1レッスン129円~毎日受けられるオンライン英会話/
英会話を話せるようになりたいなら、英語を話す環境を作り出す必要がありますよね。レアジョブの「日常会話コース」では、25分のマンツーマンレッスンが毎日受けられて1回129円~。厳しい審査のもと採用された優秀な講師陣があなたの英会話学習をサポートしていきます。
レアジョブ英会話をチェックする

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。