英会話の効果をアップする子供への声かけとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもに英語好きになってもらいたい。多くの親御さんがそう思っているはずです。もちろんネイティブの先生に英語レッスンをお願いすることもいいでしょう。そして、その成果をぐっとあげるためにできることが、親にはあるのです。日々の生活の中のちょっとした関わりで、お子さんの英語に対する気持ちが大きく変わります。自ら英語を学ぼう、という気持ちにさせることができるのです。英語レッスンのサポートとなるように、簡単な英語で声かけをすること。特に英語で子どもを「ほめる」ことで、子供を英語好きにさせることができるのです。

私と共著者の真由子は『子どもを英語でほめて育てよう』(日本実業出版社)という本を出しているのですが、ここで「なぜほめるのがいいのか」ということを少しご紹介しますね。また、子供に英語で声かけを始めるために、ぴったりなフレーズもご紹介していきます。

英語に対する良いイメージをつくる

ほめると子供は自信を持ち、やる気になるものです。何でもかんでもほめる必要はありませんが、子供が努力したことがわかった時には、声をかけてあげましょう。レッスンの後に大好きなママやパパが英語でほめてくれれば、子供の英語やレッスンに対する自信とやる気につながるのです。

英語でほめるようになると、お子さんは英語と自己肯定感を結びつけて考えるようになります。なぜなら、自己肯定感は、ほめられたときに培われるからです。学校で英語を勉強するようになってからも、この「英語が好き・得意」という気持ちが、退屈な単語練習やうんざりするようなスペリングテストをがんばる原動力となります。早い時期に「英語にポジティブな感情を持たせること」。これは、親の英語レベルにかかわらず、できることです。

では、どのように子供に英語で声をかけていけばいいのでしょうか。例えば、子どもがブロックで遊んでいるとします。「初めて高い塔をつくれた」そんな時には、“Wow! You can do that?”(わぁ〜!  自分でできるの?)。学校でつくった工作を持って帰ってきた子には、工作について日本語で感想を述べた後、英語で“Aren’t you proud?”(すごいと思わない?)と付け足します。あなたのそばで、赤ちゃんが立とうとがんばっています。そこで“Almost there!”(あとちょっと!) と声をかけます。これらはいずれも、子供を励ましやる気を出させるフレーズのほんの一例です。

マジックフレーズを使ってみよう

「ほめる」ということにフォーカスすれば、英語を子供とのコミュニケーションに簡単に取り入れることができます。今回は私が娘に頻繁に使っている「マジックフレーズ」を4つご紹介します。この「マジックフレーズ」は、さまざまな場面で使えるとても便利なフレーズです。
 
このようなマジックフレーズはあまりに簡単なので、英語好きな人であれば「こんな簡単で大丈夫?」と、ちょっと不安になるかもしれません。でも、だからこそmagic なのです。初めて子供に英語で話しかける方や、英語は苦手と思っている方には、とても使いやすいはずです。繰り返し使って慣れてくる頃には、お子さんも真似して同じフレーズを言うようになるかもしれません。

You did it. 「やったね」
どんな場面でも使える便利なほめ言葉です。この言葉は、単に結果だけでなく、その間の努力もほめるニュアンスを含んでいます。子供も「また頑張るぞ」という気持ちになることができます。

Good job. 「よくできたね」
子どもへのほめ言葉の王道なので、聞いたことがある方も多いと思います。この場合のjob は「仕事」というより「すべきこと」といった広い意味です。jobを使わずに、ただ Good! と言うだけでもOK。

Nice! 「いいね!」
私自身は、Nice! をとてもよく使います。どこが良かったのかの説明と一緒に使うようにしています。「たくさんの色を使って絵を描けたね。Nice!」のように、日本語の説明と一緒に使ってもいいですね。

You’ve got it. 「当たり」
何かを理解できたときに。例えば、「何色?」と聞いて、子供が正しい色を言えたら “You’ve got it.”と返します。もし、you’veの発音が難しければ、You got it. と言ってもOK。文法的に正しくはありませんが、多くのネイティブママがこう言っています。私もそう言っています。

by カリン・シールズ

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する