まずは英語を「読む」ことから。多読に使えるおすすめ英語コンテンツまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語力を上げるために効果的だと言われている「多読」。英語を話すよりも気軽に、まずは「読む」ことから始めてみませんか?洋書、ニュースサイト、漫画など教材として多読につかえるコンテンツをまとめました。

なぜ多読で英語力が上がる?

そもそもなぜ多読をすると英語力が伸びるのでしょうか?言語習得の理論に基づき、分かりやすく解説します。


【英語脳】を作るには「多読」が一番?英語脳を手に入れるための英語学習法

(編集部)

多読に使えるおすすめ教材 1.洋書

英語を読むのに使えるコンテンツといえば、まず思い浮かぶのが洋書。しかし難しすぎて読み切れず、買ったはいいものの結局挫折してしまった…という方も多いのではないでしょうか。初心者でも無理せず読める、おすすめの洋書をまとめました。



洋書【まずは1日5分から】英語初心者にオススメの洋書5選

(編集部)


電子書籍【スマホで英語】電子書籍で読みたいおすすめ洋書5選

(編集部)

多読に使えるおすすめ教材 2.ニュースサイト

洋書はハードルが高いという方には、英語のニュースを読むのもおすすめです。スマホで気軽に読め、世界で起こったニュースを情報収集できるので一石二鳥ですね!



ニュース【通勤、通学中に】英語の勉強におすすめのニュースサイト4選

(編集部)

多読に使えるおすすめ教材 3.漫画

英語を読むことに抵抗がある方は、まずは漫画から始めてみてもいいでしょう。楽しみながら読むことで、ハードルを下げて慣れていきましょう。



漫画英語を読むのが苦手?それなら漫画から始めるのがおすすめ!

(編集部)


いかがでしたか?自分に合った興味のあるコンテンツを多読することで、無理なく英語力を伸ばしましょう。

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する