英検4級・5級スピーキングテスト導入のもたらすもの【英検リニューアルが日本人の英語学習に与える影響とは#3】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年度第1回実用英語技能検定(以下、英検)より、4級・5級にスピーキングテストが導入されました。今回はこの英検4級・5級スピーキングテストの内容と受験者に与える影響について考えてみました。

4級・5級スピーキングテストの概要

英検では1級から3級までの全ての級において、一次試験合格者に対して二次試験で面接が実施されてきました。4級・5級スピーキングテストがこれらの試験と大きく異なる点は、受験申込者全員に受験機会が与えられることです。つまり、合否の判定は従来通り筆記とリスニングで判定され、一次試験の合否に関係なく受験者全員がスピーキングテストを受験でき、スピーキングテストのみの合否を「4級・5級スピーキングテスト合格or不合格」として判定されるのです。

また、面接官との対面形式ではなく、コンピューター端末を用いた録音形式でのテストとなります。これは受験者に年少者が多いことからも非常に利便性が高いと言えます。

なぜ「スピーキングテスト」が必要なのか?

ほんの数分間の4級・5級スピーキングテストの受験で、受験者の英語力が伸びることはありえないでしょう。しかし、スピーキングテストに向けて勉強する受験者が増加することは間違いありません。ここに大きなポイントがあります。

4級・5級の受験者は英語学習を始めたばかりの小中学生が大半かと思われます。このような層の学習者が、4技能のバランスのとれた英語学習を行うことは極めて大切なことなのです。日本人は「リーディング」「ライティング」「リスニング」「スピーキング」という英語の4技能をバラバラに考える傾向があります。すなわち、「リーディング」のためには「リーディング」の勉強を、「ライティング」の力をつけるには「ライティング」の勉強を・・・と考えます。そうではなくて、これらの4技能は密接に関わりあっており、程度の差こそありますが、一つの技能だけを伸ばす、一つの技能だけ伸びないなどということはありえないのです。つまり、4技能をバランスよく伸ばすことが、英語力向上において最も効率が良いと言えるのです。

4級・5級スピーキングテストのもたらす影響

英語学習において4技能のバランスのとれた学習の必要性は前述した通りです。そして、これら4技能の中で、最もおろそかにされやすいのが「スピーキング」であり、日本の英語教育の歴史においても「スピーキング」力は軽視される傾向がありました。ほんの10年前までは、「スピーキング」力は完全に無視されていたと言っても過言ではないはずです。

今回の4級・5級スピーキングテスト導入は英語学習を始めたばかりの方の勉強法を正しい方向へ導いてくれる効果が見込まれるのです。

具体的には、今までであれば、This is a pen.とノートに書いていいた学習者が、サッカーをしている少年の写真を見ながら、What is he doing?という質問に対して、He is playing soccer!と答える学習に変わっていくのです。そして、大半の学習者はこのような学習の方が「楽しい!」と感じることでしょう。

日本人の「スピーキング」力不足がもたらしているもの

「英語が話せない日本人」というフレーズは日本人が考えている以上に海外の英語圏の人たちにはなじみの深いものです。そして、この「スピーキング」力不足は日本人のどういった点に影響を与えているのでしょうか?

まず、「英語を話せない」ことにより英語圏の人達とコミュニケーションが取れずに、ビジネスレベルにおいては会議などでうまく発言できずに・・・などといった話はよく耳にします。しかし、こういった問題と同じくらい、または、それ以上に深刻な影響を与えているにも関わらず、日本の英語学習者が注目していない問題があります。その問題こそが、先ほどから述べている4技能のバランスの良い英語学習の必要性なのです。つまり、「話せない」ことが「読む」「書く」「聞く」という分野のレベルアップを阻害してしまっているのです。

今回の英検4級・5級「スピーキング」テスト導入が今までの日本人の「間違った英語学習」に一石を投じてくれることを願っています。

school_banner

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する